プロフェッショナル仕事の流儀

覚え書き
Sponsored Link

坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVM

坂井信幸先生(脳神経外科医)がNHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場
コイル治療やAVMなどについて紹介


<コイル治療>

坂井信幸先生が脳動静脈にたいして主に行っている脳外科医としての治療はコイル治療になるようですが、脳動脈瘤の形は千差万別なため、まったく同じことが繰り返すことができず、常に後遺症がおこってしまうかもしれないといったリスクを感じながらも最善の選択として行っているようです。

仕事が終わり、入浴しているときに脳動脈瘤が破裂したという男性はアンコロという動脈に注意しながらの治療を行い、奥さんや娘さんが見守る中、無事手術が成功。
ここで見られる笑顔がたまらないと坂井信幸先生は言います。

<坂井信幸先生のプロフィール>

坂井信幸先生のお父さんは今でも現役の開業医ということで、京都でお医者さんを続けられているそうです。
ただ、小さい頃は朝から晩まで働くお父さんに遊んでもらいたかったのにそれが出来なかったという思い出もあるようです。

実は坂井信幸先生は高校の頃は違う分野での進路を考えていたということですが、3回京都大学の試験に落ちたことをきっかけに留学し、医師へと進路を変えたそうです。
そこで見たのが脳動脈瘤のコイル治療だったということです。

35歳のときに、お父さんにもまだ言ってないという事件がおこります。
脳動脈瘤患者さんの手術は成功したようなのですが、しびれが残ってしまい、それが仕事に響いてしまうことを懸念した患者さんは自分から命を絶ってしまったということです。
しかし辞表を持っていった坂井信幸先生に対し上司に言われたのは「これでやめれんようになったな」の一言だけだったといいます。

プロフェッショナル仕事の流儀ではAVMというかなりめずらしい病状の患者さんの治療にあたる姿も紹介されていました。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

宮崎辰ジョエルロブション - プロフェッショナル仕事の流儀メートルドテル三ツ星フレンチレストランサービスマンプロポーズ

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で宮崎辰さんのジョエルロブション(三ツ星フレンチレストラン)やサービスマン(メートルドテル)としての働きを紹介

<宮崎辰さん>

宮崎辰さんは年齢は36歳ながら日本人で初となるクープジョルジュバディストサービス世界コンクールで優勝する三ツ星フレンチレストランのサービスマンとして活躍されている方です。

<ジョエルロブション>

宮崎辰さんが働いているフレンチレストランはジョエルロブションという東京は恵比寿にあるお店。

<サービスマンとしての仕事:メートルドテル>

宮崎辰さんのサービスマン(メートルドテル)としての仕事は、靴磨きからはじまると言います。
そして、いったん仕事につくと、レストラン全体を見渡し、お客さんに手をあげさせる前に自分が気付き、伺いをたてます。
予約で一杯のジョエルロブションですが、その予約してくれた方の少ない情報をたよりにメニューやサービスなども考えていくそうです。

<宮崎辰さんのプロフィール>

宮崎辰さんが産まれたのは東京の郊外。
お父さんはサラリーマンだったそうです。
子供のときから料理などを作ったりしていたということでサービスマンとしての芽が出ていたのでしょうね。

学校を卒業しサービスマンになったという宮崎辰さんでしたが、メートルドテルになったのは30歳を過ぎてから。

<全力で支えるプロポーズ>

番組ではプロポーズの場所にジョエルロブションを使いたいという29歳の男性が紹介されました。

限られた時間や情報の中、料理メニューや指輪を渡すタイミングなどを考え見事成功。

現在は奥さんの真由美さんと二人暮らしの宮崎辰さんですが、ご自身のプロポーズなどについても紹介がありました。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 遊川和彦脚本家家政婦のミタ純と愛夏菜

プロフェッショナル仕事の流儀に遊川和彦さん(家政婦のミタ、純と愛脚本家)が登場


<家政婦のミタ、朝ドラ脚本家、大ヒットを生む舞台裏>


家政婦のミタを生んだ男

連続テレビ小説:純と愛

口を開けば毒舌ばかり

家政婦のミタ
女王の教室

手がけた脚本は40本以上

遊川和彦さん56

曲げられない女


オヤジい


家族を残し蒸発した父

ぶつかりあって、愛が生まれる

<家政婦のミタの脚本家、心揺さぶるヒットの秘密>

7月大阪

結果ですべては勝負

25年のキャリアで数々のヒット作を生み出して来た

心の内をえぐる

NHK大阪放送局

10月スタート
連続テレビ小説純と愛

演技をずっと見て
おもむろに台本を書き直す

拠り所とする流儀
物語は自分の中にある

自らの過去

遊川和彦さんが子どものころ(12歳)稼業が倒産
父は蒸発
貧しさ、心の痛み

Question
創作の原動力は何ですか?

プロポーズを3回断られている
愛への飢餓がすごい
自分から好きになって付き合った記憶ってのはほとんどない
たいていふられる
自分の中のコンプレックスとか飢餓を
悔しいから書いているもの
体裁よくエンターテイメントにするだけで
本当は
人生や女に対するうらみとか
自分の不条理感とかそういうものがある

<朝ドラに挑む:ヒットを生み出す闘いの現場>

最後の1秒までもがく

純と愛チーフ演出
梛川善郎さん

・女優が語る脚本家遊川和彦さん

菅野美穂さん
幸福の王子、恋がしたい恋がしたい恋がしたい、曲げられない女

純粋過ぎて変わってる
妥協しないしあきらめない

天海祐希さん
女王の教室、演歌の女王

演じる方も試される

<遊川和彦さんのプロフィール>

オレは孤独だ

昭和30年4人兄弟の次男として生まれた
工場を経営していたが小学生のときに事業に失敗
別の女性と蒸発
母は寝る間もなく働く
母に対する飢餓
自分だけを愛しているという瞬間が欲しかった
高校3年の文化祭
演劇で脚本を担当
笑いのうずが巻き起こった
生涯の仕事にしたいと思い
ADに
独学で勉強
チャンスが回って来たのは31歳「家庭の問題」
降板した代わりの脚本家

その後
連続ドラマの脚本家として知られるように

オヨビでない奴!

デビュー5年
順調だった視聴率が落ち始めた

書けなくなった

失意の中である仕事を引き受けた

GTO

主人公を心底好きになるそんな経験ははじめてだった

ドラマは大ヒット

本当に面白いことは
人間の内側にある

<家政婦のミタ誕生秘話>

家政婦のミタ
遊川和彦さん自身の家族と重なり合う

<朝ドラ:新たなヒロインを生み出す闘い>

沖縄
宮古島6月16日

主役の夏菜さんに厳しい言葉を


7月6日
大阪

夏菜さんを追い込み続ける

そこには信念が
もがけ、苦しめ

プレッシャーは並大抵ではない
酒もたばこもやらず
執筆は14時間

そんな日々を25年続けて来た

やってみな
技術ないんだから
何回でもやってみりゃいいんだ


何回でもやりゃいいんだ
出てくんだから
人間無限の可能性あるんだから

やんないでなんかグダグダ
わかんないとか言ってても

・プロフェッショナルとは

思いがなくなったらやめるだけ
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で天野篤さん(心臓外科医、天皇陛下執刀医)が登場

心臓外科医
天野篤56歳

手術成功率98%

痛恨の過去
自ら立ち会った心臓手術で最愛の父をなくした

一途一心、明日をつむぐ


<すご腕心臓外科医:手術の鬼、壮絶な日常>


・東京文京区

月曜から土曜まで仕事場に泊まり込む
日曜だけ自宅で

職場に寝泊まりを30年近く続けている
順天堂大学医院

多い日は1日4件の手術

バイパス手術

手術がはじまると
部下達を容赦なくどなる

オフポンプという方法
心臓を動かしながら行うため患者の負担を軽減

心臓の鼓動と自らの呼吸をぴたりと合わせる

・一途に、一心に

バカがつくくらいに実直に

手術後
つかの間の休憩
お昼はバナナと野菜ジュースと缶コーヒー
朝はパン一個食べた

15分後、2件目の手術に

患者のデータをなんども見直す

漏れがあったら負ける
相手よりも自分の方が考えるパターンが少なかったら
負ける
うまくいく必然性を作らなければいけない

Q:憧れている人はいますか?
アントニオ猪木さん

<超高齢オペに挑む>

3月21日

以前はむずかしいと言われていた高齢者手術

88歳の男性

心臓に人工弁をつける手術

リスクは高いがやらなければ命はない

いったん心臓を止める
あることに気づいた
石灰化が思ったよりも進行化
放置すると再手術が必要な可能性
時間は限られているが切開に

・生きる喜びを取り戻す

24分時間のロス

結果的に目標よりも早く手術を終えた

2週間後、男性は退院へ

そのころ天野篤先生は次の手術へ向かっていた

<天皇陛下の執刀医:落ちこぼれからの出発>

かつては病院に就職することもままならない落ちこぼれだった


天野さんのプロフィール

天野篤さんが医師を目指したのは高校生の頃
成績はなかなか伸びなかった
21歳のとき、ようやく大学に合格
就職活動をしたが希望する病院で断られた
頼み込んで拾ってもらった病院で必死に働き始めた

一人前の心臓外科医になりたい理由
父甲子男さん
若い頃から心臓病をわずらっていた

医師になってお父さんの心臓を治してあげる

30代のとき、お父さんの状態が悪化

自分の病院で手術したが亡くなってしまった

原因は付け替えた人工弁にあった

自分を許せなかった

誰よりも手術の場数を踏み、腕を磨き上げていった

それから25年
日本屈指の医師と言われるようになっても
一途に一心にというものは変わらない

父親の形見に人工弁を大事にしまっている

<かつてない難手術に挑む>

高橋尚子さん46歳

音楽の先生

3本の血管すべてが詰まっていた

大動脈も肥大し逆流

バイパス手術に使う9本のうち5本を使ってしまっている

これほどの症状は経験がない

両親とお兄さんが見舞いに
家族は眠れない日々

桁外れの難手術

<難病の女性:緊急のオペ>

5時間で必要な血管5本を取りきった
が、1時間予定よりオーバー

手術開始から9時間
3本のバイパスがつながった

10時間後、高橋尚子さんの心臓に血液を戻す

午前1時
部屋に戻った

すぐにモニターを見守る

画面に釘付けに

急に悪くなった

心臓マッサージ

原因を探る

開始から14時間
再び心臓に血液が流れ始めた

・プロフェッショナルとは

自分の天命
決められたもの
それに対して忠実にやっているだけ
宿命かな


2週間後
高橋尚子さんは歩けるように
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に浅利妙峰さん(糀屋女将)が登場

食卓を変えたおばちゃん

塩こうじ

大ブーム塩麹を世に出した肝っ玉女将

こうじに塩と水を加えただけのシンプルな調味料

この調味料を世に出したのは
ひとりの女将

しかしほんの数年前まで店は潰れる寸前だった

浅利妙峰さん60歳
糀屋女将

一歩を踏み出せば世界は変わる

塩こうじを世に出した女将:320年の伝統を受け継ぐ>

大分佐伯市

浅利妙峰さんのテンションはいつも高め

僧侶でもある
家を出る前に自宅前で手を合わせるのが日課

江戸時代から320年以上続く老舗

大切にしていること
「日本の味を守る」

こうじの歴史は1000年を超える

浅利妙峰さんの父
幸一さん
次男の
良得さん
等と作業

糀室で菌を発酵させる

湿度90%の環境
体力も使う

「伝統で攻める」

かつおのたたき風料理

卵焼きも大きく変わる

塩こうじおいしさの秘密>

レシピはゆうに1000以上

<各地を回る秘めた理由>

経営が苦しくなったところへ

「一人勝ちに未来はない」

<ニューヨークへ>

料理の講習会

ニューヨークの有名シェフにもアプローチ

<320年の伝統を受け継ぐ>

小さい頃はこうじには興味がなかった

今はありがとうと言われている気がしたと涙も

・逆転の人生

長女として産まれた

麹屋を継がなければいけない
期待に沿うように歩いていかなければいけなかった

こうじでは経営が成り立たない

なぜこうじがここまで自分を苦しめるのか?

54歳のとき転機が訪れる

父幸一さんが入院

製品開発支援に応募

・製品開発支援担当:坂本晃さん

浅利さんにじいちゃんの代で店を畳もうか?
と言われた

坂本晃さんは
自分たちが当たり前だと思っているところに
宝が眠っているのかもしれませんよ
と言ってくれた

仕事のかたわら専門書を読む毎日

ひとつの専門書
本朝食鑑
江戸時代の書物

運命の言葉を発見
塩こうじ

色々な料理に使えるかもしれない

調味料として塩こうじを売り出すことに

大手デパートで実演販売し
口コミで広がった

テレビに出ると一気に広まった

苦しんでいる方がいれば
必ず苦しんだあとにはすばらしい花が咲くというか
そういうことを伝えてあげたい

<新たなる挑戦に密着:老舗の家族一歩を踏み出せるか>

法野智さん54歳
100年以上の歴史を持つ老舗の麹屋


二人の息子にあとを継がせるかどうか迷っていた

「一歩踏み出せば世界は変わる」

現状分析で今の問題を見つけ出す

勝負の七夕祭り

塩こうじで作った
ハーブ入りソーセージ

浅利さんのアドバイス通り看板を見やすいように貼り替えた


・プロフェッショナルとは?

足元で自分が出来ることを一生けんめいやり
命をかけるようになりたいと思い続けること
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長

プロフェッショナル仕事の流儀で駅弁販売カリスマ大宮営業所所長の三浦由紀江さんを紹介

44歳まで専業主婦
いま注目の駅弁販売のカリスマ

家に帰れば孫のいるおばあちゃん

駅弁販売営業所長
三浦由紀江さん58歳

就任1年目で黒字に転換

パートからの大抜擢
しかし、誰もついてこない

気がかりな部下

楽しむ心が道を拓く

<主婦からの華麗なる転身:年商10億円駅弁販売カリスマ営業所長>

・日本レストランエンタープライズ
大宮営業所所長:三浦由紀江さん58

長年主婦としてものを買う立場にあった三浦由紀江さん

「私だったらこうして欲しい」

発注の方法を変えた

パート販売員の声に誰よりも耳を傾ける

80種類もの弁当の発注を売り場のパートに任せる

「現場が一番分かっている」

<プロフェッショナルのこだわり>

弁当に書いてある
私の好きな
いやんばい(方言)
で、お客さんとの会話のきっかけに

<駅弁販売のカリスマ営業所長部下の心に寄り添う>

出勤した日は
すべての店に顔を出す

気になっているパート販売員
11年目のベテラン柴田さん51歳

最近少し元気がない

「現場だから話せることがある」

トラブルを起こしたことを噂されてへこんでいた


<Question>

三浦由紀江さんにとって働くことは?

楽しい

<異色の経歴で注目を集める駅弁販売カリスマ営業所長>

平日は仕事に集中するため、次女由美さんの元から通っている
国際結婚でちょうど部屋があいていた
お孫さんを連れて久しぶりに帰って来た

<知られざる闘いの道のり>

三浦由紀江さんが結婚したのは
まだ学生だった21歳のとき

子育てに追われる日々

お母さん毎日ぶらぶらしてないで外で働いてみたら?
と子供に言われた

はじめて7万円というお金をいただいた

次々とアイデアが浮かんで来た

すると売上が上がった

赤字続きの大宮営業所の所長として現場を改革してくれないか?

周りからパート上がりに何が出来ると思われている気がした
やる気のない部下を怒った
ひとり追いつめられた

そんなある日
パート時代の上司菊池武さんが声をかけてくれた

得意なことからはじめてみたら?

苦手なことは手伝ってくれと言えるように
そして怒ることをやめた

自分の子供と思えば何も難しくない

<部下を見守る信念の日々>

熊谷さん(支配人)

「自信の芽を出す」

鉄道博物館
勝負の駅弁
部下の苦闘を見守る

おしょうしな
すべて売り切った

<プロフェッショナルとは>

自分の仕事を楽しむこと
楽しんでいる人には誰にもかなわない
小さなことでも自分らしく続けること
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェント

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に森本千賀子さん(転職エージェント)が登場



会社も人ももっと輝ける
転職エージェント:森本千賀子さん42歳

<日本のビジネス界を支えるワーキングマザーの現場>


朝5時
子供が起きる前に重要なメールを打つ

起きたのは4時くらい
風邪を引いていたので起きるのはつらかった
でもいつも気合いで治す

朝7時
2人の子供が起きて来た
ごはんを食べさせるのも大仕事

育児は仕事前のウォーミングアップ

ここから全力疾走の一日が始まる

9:30
新橋の職場に到着

森本千賀子さんには依頼がひっきりなし

ソフトバンク
20年前から関わって来た

キーになるところで登場してくれる

売上が4倍になったというところも

企業参謀的な立ち位置

<凄腕転職エージェント:人を見抜く眼力の秘密>

あるベンチャー企業の副社長から転職の相談を受けた

「なにができるかより、本当にやりかたいことはなにか」

一番それが潜在能力が出てくる

<今注目:転職エージェント:豊富な人脈の秘密>

人と人を結びつけるプロ

豊富な人脈

保険などのセールス(営業電話)が来ても基本的には断らない
そこでどういう出会いがあるか分からないので

とにかく笑顔
机に置いた小さな鏡で怖い顔になっていないかチェック
におい付きの名詞
使えるものはなんでも使う

1日100通
心のこもったメールを書く

早朝メール:
半分はプライベートだから
自然体で送ることができる

<水面下のミッション:すご腕転職エージェントに密着>

ウェブ制作などで急成長の会社

社長:柳澤大輔さん

会社が探しているのは経営幹部
ただし、普通の人材は欲しくない

島津清彦さん:
独立しているので柳澤大輔さんの会社に入るのはむずかしいが
それでも島津清彦さんを選んだ

「大切にしているものが同じとき、人と人は化学反応を起こす」

そして2人の面談が行われた

二人の会話が盛り上がりはじめた

いい出会いになりそう

<仕事も家事も100%やる働く母親と秘められた過去>

大半は7時で仕事を切り上げ
息子さんを迎えにいったあと
食事は午後8時近く

・森本千賀子さんのプロフィール

滋賀高島で生まれた

弟さんは腎臓に重い病があり両親は看護に追われていた

就職し入社式
営業成績で一番を目指します
と宣言

見事成績トップを勝ち抜き
2年目3年目もトップを独走

11年目転機が

子供が生まれ、ゼロ歳のときから保育園に入れて
睡眠時間を削りながらも仕事にのめりこんだ

3歳の誕生日
プレゼントなにが欲しい?
と聞いたら
「弟が欲しい」

迷った末、二人目の子供を産む決意
不妊治療後、身ごもったが流産を繰り返した

仕事をしていた自分を責めてしまった

<50代、再起はかる女性:試される転職エージェントの腕>


4月
1人の50代の女性小川さんからの相談

IT関係の重役
30年近く勤めていた会社をやめ
気持ちを整理し、再就職したいと言って来た

介護ビジネス
介護老人ホームの責任者としての仕事
小川さんの手腕を活かせると思った

1時間半におよぶ面接
小川さんは前の仕事の実績を十分にアピールできたという

しかしある懸念を感じていた

分からない不安
自分に本当にできるのか不安に思って来たという

一次面接は合格
最終面接を前に一通のメールを小川さんに書いた

「お気持ちとして腹くくりをいただきたい」

最終面接の前
腹をくくって面接を受けたいと小川さんから

結果は見事内定

小川さんをランチに誘った
覚悟を決めてくれという言葉をかけてくれたのが本当にうれしかった

<プロフェッショナルとは>

無限の可能性を信じて進化し続けること
チャレンジし続けること
それが出来ること

揺るぎない信念を持って
志を形に変えていくことができる人
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタン

プロフェッショナル仕事の流儀に栗原はるみさんが登場
料理家としてのレシピ作りやタルトタタン完成までの苦労などを紹介

料理家:栗原はるみ

料理本発行数2200万部

日本人初の世界料理本大賞

4000種類の極上レシピ

栗原はるみの現場に密着>

毎朝起きるのは5:30
すぐに仕事場に向かう

16歳の猫サダちゃんのもとに向かう

窓ふきを始める

夫と二人暮らし
子供は外へ

結婚38年目
仲のいい夫婦

やがてアシスタントが続々とやってくる

なすのドライカレー
サバそぼろ
家庭でできる料理が多い

料理を本格的に学んだことはなく
頼りになるのは主婦としての経験

<365日闘う、主婦のために>

20分で出来てしまうグラタン

30分以内で作れ、奇をてらわない料理レシピ

レシピを練り上げていく

<100人が作ったら100人がおいしくなるレシピ>

レシピ作りは何回も何回も

中華鍋を持たない人もいるのでフライパンにこだわる

フリップという技術を使わないですむ方法はないか

チャーハンはパラパラ感が命

<毎日の家事を楽しむ工夫>

洗濯機のタイマー
すすぎのタイマーを15分に合わせ
全速力でじゃがいもをむき、レンジへ
タイマーが終わる前に戻ってこられれば栗原はるみさんの勝ち

この闘いを1日3回繰り返し
書類の整理までをしてしまう

瓶に好きなシールを貼って仕分ける
そして、ちょっとしたメッセージを添えてみる

<ふつうの暮らしこそ幸せ>

ふつうの暮らしという言葉の意味を震災で痛感した


楽しいことなんてそんなないから
こそ、
小さいことを幸せに思わないと

普通に食事が出来て
家族が仲がいい
ということが大事

食事中はワイン(?)を飲んでいる

Q:いつもスッピンですね

<波乱万丈、迷いの先に>

昭和22年静岡県に生まれた

素直な子だった

母から料理のいろはを学んだ

テレビの人気キャスターの玲児さんと恋に落ちた
猛反対の中、結婚
親の言いつけにそむいたのは初めてだった

半年後、選挙に落選
収入が途絶えた

結婚から2年で体重が10数キロ落ちた

家族の料理に力を入れた

それが家族に笑顔を生んだ

ある日テレビ関係者が栗原はるみさんの料理に目を付け
仕事をするように

「暮らしのレシピ」

昼も夜も旅行先でもレシピを考え続けた

50代後半で覚悟を決めた

<自分の進む道は自分で決める>

人気雑誌の仕事を打ち切りたいと切り出した


<リンゴの絶品デザートに挑む>

タルトタタン

リンゴと闘う夏

紅玉という酸味が強いリンゴをチョイス

・タルトタタンレシピ
リンゴをバターと砂糖で煮る
この上にパイシートを乗せるのが作り方の特徴
このまま焼き上げ、ひっくり返すと
パイの上にリンゴが乗って完成

何度も失敗しながらチャレンジ

ようやくイメージ通りのタルトタタンが出来た

<レシピを信じてくれる誰かの幸せのために>

笑顔で49回目の試作

読者が甘いリンゴを使ったときのためにレモン汁で酸味を調整

原稿の締め切りは今夜

さらに原稿を練り直す
紅玉が一番おいしいということをきちっと伝える

曖昧なことはやめよう

<プロフェッショナルとは>

決してプロフェッショナルとは思ってないが
自分が出来ることを楽しみながら一生懸命やり続けたい
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医

プロフェッショナル仕事の流儀に谷口修一さんが登場


白血病と闘う医師
密着いのちの現場


白血病との果てしなき闘い

血液内科医:谷口修一


港区虎ノ門
地下鉄を降りてくる

余命数ヶ月と言われている患者も少なくない

・なんとかして助ける

夏目雅子さん
本田美奈子さん
数多くの方を蝕んできた血液のガン

あらゆる方法で谷口修一さんは立ち向かう

抗がん剤治療
どのタイミングでどれくらい

造血幹細胞移植

臍帯血ミニ移植

歌舞伎俳優
市川團十郎さんの移植にも成功

虎の門病院

一人の男性が谷口修一さんのもとを訪ねてきた

長谷川満吉さん64歳
60歳以上では移植はむずかしくなる

最大の敵は感染症

・どこまでも\読み抜く根性

治すというストーリーを考えるのが医者の仕事

退院を間近に控えた男性
ふたたび働ける喜びをかみしめていた

医者は患者さんから元気をもらう

・ここに立ち続ける覚悟

患者さんの死と向き合い
それでも病棟に戻っていく

・幻聴から逃げた日々

谷口修一さんは35年九州鹿児島に生まれた

九州大学医学部に進学


恩師:原田実根さん
日本初の骨髄移植成功に携わった血液内科のパイオニア

助かる可能性がなくても
そんなことは関係ない助けろ
と檄を飛ばす原田さんに憧れた

苦しみ抜いた若き日々

急変を知らせるポケットベルは何度も鳴る

精神的に疲れてきた
逃げたい

病院をやめる決断

アメリカの大学で研究を進める

留学して3年目の夏
浜の町病院から現場に戻ってこいという電話

思わず答えた
「かえります」

助けられるかどうかは関係ない

助ける、それだけを考える


37歳でふたたび現場へ戻った

吉川さん50歳
余命数ヶ月と診断され
谷口修一さんに望みをかけて来た

夫と中学生になる子供がいる
母の闘い

移植から13日目38度の熱

肺炎を起こし、恐れていた感染症が

マルトフィリアなどが候補に

血液中のたんぱく質が減ってきている

命に関わる判断も
なにが最善なのか?

腸球菌

・命を引き受ける覚悟

薬の一部をかえる決意

息を引き取ったが
最後まで希望を持って闘えたことを感謝していた

・プロフェッショナルとは
患者さんのニーズに応えられる人

まだ道は遠い
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 水戸岡鋭治親子シート787系特急つばめASOBOY

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に水戸岡鋭治さんが登場

親子シート、787系特急つばめ、ASOBOYなど
斬新なデザインに秘められた水戸岡鋭治さんの思いについて紹介



鉄道の凄腕デザイナー


笑顔が生まれる列車

茂木健一郎さんと住吉美紀さんが
久し振りに登場

鉄道デザインに革命

水戸岡鋭治さん

職業:デザイナー

ブルネル賞4回受賞

子供列車
子供専用特急

水戸岡鋭治さんの事務所は
みな、真面目

自宅からは歩いて30秒

角砂糖入りのエスプレッソが朝食代わり

常識破りの列車

<あったらいいなを形にする>

おもちゃ電車

SL人吉

たま電車

特急ソニック

COMMUTER TRAIN817
本革シートと大きな窓を実現

列車のデザインは制約との戦い

・指宿の玉手箱

窓の方を向いたシート

ステンドグラスを使いたかったが
耐久性に問題が

<手間を惜しまない愚直なこころ>

何度も何度も作り
何度も何度も修正する

竜宮城の玉手箱をモチーフにした列車

・九州新幹線新800系

つばめ:九州新幹線のひとつ
床につばめのデザインが散りばめられている

縄のれん

日本の伝統を最先端の列車に

本革張りのシート
普通車でも

金箔

積層合板のテーブルには
鉛筆がフィットする場所も

デザイナーは公僕である

和歌山貴志駅

たま駅長

かつては赤字だった

いちご電車を水戸岡鋭治さんが考案してから
息を吹き返した


<不遇の時代>

岡山生まれ

実家は工場

小さい頃から人前で話すのが苦手

僕がいてもいなくても同じだ

工業高校に進み、デザインを勉強

25歳で独立

しかし思うような仕事が来ない

それでも全力を注いだ

知人の家の設計
喫茶店の内装

なんでもやる日々が14年

39歳のある日
列車をリニューアルする仕事

「アクアエクスプレス」
斬新だと評判に

2年後
新しい仕事が舞い込んで来た

高級ホテルのような豪華な列車
リッラクス出来る度の空間
を水戸岡鋭治さんは提案

しかし、異論が続出

でも、水戸岡鋭治さんは、あきらめず
制約をひとつひとつつぶして行った

787系特急つばめが完成

となりの会話
「美しいね」
「豪華だね」

水戸岡鋭治さん45歳だった
自分の生きる道をついに見つけた

一生懸命なにかを続けていれば
なにかが報われると
子供の頃から教えられて来た

徹夜は当たり前の仕事

ぎりぎりで誰もやらない仕事が回ってくるから
今日もらって、明日の朝までに
というのばかり

<夢の子供特急>

あらたなプロジェクト

ASO BOY
熊本 阿蘇

乗客を呼び込みたい

子供を主人公にした専用車両

親子シート
親と並んで風景を楽しめるように

電車とは、旅とは、こんなに楽しいものだ
というのを味わってもらいたい

親子シートで、子供が満足出来るイスを産み出すことに
妥協しない

連日の徹夜作業

<いつかはきっといいものを>

こういう気持ちでひとつの仕事に向き合って来た

何度も何度も検討しながら

イスを作るときも
電車を作るときも
人生だって

いつかはきっとという気持ち

そんなに簡単にあきらめるわけにはいかない

<プロフェッショナルとは>

つねにフェアプレーを行う人

自分の好みを超えて

正しく美しく
Sponsored Link
|
Sponsored Link

古田等 - プロフェッショナル仕事の流儀

古田等さんがプロフェッショナル仕事の流儀に登場

岐阜の中華料理人

以前プロフェッショナル仕事の流儀に登場した京都の料理人、徳岡さんにも評価が高い

ほとんどの料理に使われるのが
上湯(シャンタン)

・手間は足し算
味は引き算


岐阜県のお水

だしを取る食材にも徹底的にこだわる

一般的な上湯は
色々な食材を使うが
古田等さんは2つの食材しか使わない

蒸し器で6時間かけてエキスを抽出

上質な上湯が完成する

イノシシ

味噌焼き
シカのロース

子供の頃から親しんで来た味
それが古田等さんの原点

・味は細部に宿る

ランチタイムの後
必ず自宅に戻り
愛犬トリュフと一緒に昼寝をし
夕方からの仕事に備える

31年岐阜県に生まれる
3人兄弟の末っ子

小学校の時にはすでに料理人になることを決めていた
きっかけはお母さんの手料理

お母さんが、がんでなくなる
お父さんはふさぎこんでしまう

岐阜の中華料理店に就職

陳建民さんがイベントでやってきた
ある光景が目に
自分と同じくらいの年齢の人達が働いていた

22歳で小さなお店を開く
定食を作り続けた

ある雑誌
競うように色々な料理を掲載されていた

31歳
意を決し
オリジナル料理をするお店を開く

エスカルゴブルギニオン
全然駄目だったが
なくなったお母さんの料理が頭に浮かぶ

もっと身近な食材から考えよう

ホタテとウニの揚げ餃子が完成した

・立ち止まるな、ただ掘り続けろ

こんな扉があるのか?
創造をはるかに超える料理に
色々な料理関係者の方々が驚き

・僕は僕でいいんだ

新たな定番への挑戦

未来の定番になるような料理を作りたい

郡上みそ

雑誌を見ていて思わぬヒントを得ることも

・まだ出来る、まだ先はある

プロフェッショナルとは、
楽しみながら夢を実現して行くこと
Sponsored Link
|
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 伊藤美恵ファッション広報PR

プロフェッショナル仕事の流儀に伊藤美恵さん(ファッション広報PR)が登場。

話題の影にこの人あり。と言われている伊藤美恵さんですが、伊藤美恵さんはファッション業界の広報、PRのエキスパートだということです。

これだけ、長引いている不景気ですから、必要最低限の物以外には目を向けなくなっている人達が多い中、

ファッションという誤解を恐れずに言えば、お金に余裕がない方々にとって素通りされても仕方がないような分野で勝負されているということになると思います。

消費者心理や購買心理を駆使することでお客様の目を向けなければいけない、こういったビジネスこそ、まさに「このひと」にしか出来ないビジネスになってくるのだと思います。

代えがないと言ったらいいのでしょうか。会議ではきびきびとした受け答え、そして長い髪に細身のスタイル。

いつもこういった世界で活躍されている方の年齢を聞いて驚くことが多いのですが、伊藤美恵さんの年齢を聞いた時には、ちょっとありえないとしか思えませんでした。

だって、伊藤美恵さん、戦時中の生まれなんです。

1944年生まれですからもうすぐ67歳(?)になるようです。

わたしの近くにまったく伊藤美恵さんと同じ年齢の方が何人かいますが、伊藤美恵さんと並んだら下手したらその方々の子供に見えてしまうかも。

それくらい若い。

そしてもうひとつビックリしたことに伊藤美恵さんの弟さんは、あのYMOで有名な高橋幸宏さんということで、芸術の面での才能に秀でた家系なんでしょうね。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療


伊達洋至先生がプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されました。

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病の治療のエキスパートとして世界中にその名を知られている名医だということですが、

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病などの治療技術だけに長けているのではなく、多忙な中、ご自分の時間を犠牲にしてまで、患者さんの元を訪れ、

気さくに話しかけ、笑顔で会話し、患者さんの気持ちを落ち着かせてくれるなど、患者さんのメンタルケアにも人一倍気を使われている外科医のひとりです。

名医の技量を計るために必要なこととして、どのくらい手術に携わっているか、もっと言ってしまえば、どれだけの量の執刀経験があるかということが問われますが、

伊達洋至先生は肺がんや肺移植手術などの手術を約3000回も経験し、世界的にもずば抜けた成績を持っているということです。

しかし、やはり伊達洋至先生も人間ですから手術に対して何も感じずにはいられないようで、

手術が恐いからこそ、手術への恐れに対して向き合い、手術前(毎日?)には手術が成功出来るよう、お寺への参拝を欠かさないようです。

肺動脈の手術を普通の半分の時間で行うことが出来たり、縫合の針も他の医師が使うものより細い針を使うなど、技術や手術に対するこだわりもさることながら、

患者さんに対しては、医師と患者の関係ではなく、人間と人間の関係を築き上げているところが、まさにプロフェッショナルの仕事なのではないかと思います。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀

岡野光夫先生の細胞シートでの再生医療をプロフェッショナル仕事の流儀で紹介

細胞シートと言えば、細胞で臓器を作ってしまうことが可能だったり、角膜疾患患者の治療に役立たせ、視力回復までさせてしまう、さらに、従来の治療と比べてリスクが少なく、治療(手術)の時間が短くて済むことから多くの関係者に期待されている医療技術のひとつでもあるようです。

岡野光夫先生も、臓器や体の組織が病気やトラブルによってつかえない状態になっても、細胞シートなどによって再生出来る「再生医療」という画期的、革命的な現場で活躍される先生。

岡野光夫先生の仕事の流儀は、

・新しい成果は新しい人から生まれる
・リーダーは最前線に立つ
・道に迷ったら、足下を見つめ直せ
・苦しい道こそ未来への道

となっているように、遠くから、高い位置から成り行きを見守っている長ではなく、自らが先立って再生医療という現場の最前線に立って活躍され、苦しくてもその苦しい道こそが未来への道であると信じている数少ない先生のひとりのようです。

細胞シートを利用した再生医療は、発明、発見したというだけではまだまだで、患者の方に安心して利用されるようになってこその医療技術。

昨日では不可能だった手術法、治療法が明日可能になる。
去年では助からなかった体が来年なら助かる可能性が出てくる。

高い位置を目指し、そこへ登り詰めるだけでなく、それを「つかえるもの」として、わたしたちの不安を安心に変えてくれる。

岡野光夫先生のような方がいるからこそのことですね。
Sponsored Link
|

坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVM

坂井信幸先生(脳神経外科医)がNHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場
コイル治療やAVMなどにつ..
>>坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVMの全文を読む

宮崎辰ジョエルロブション - プロフェッショナル仕事の流儀メートルドテル三ツ星フレンチレストランサービスマンプロポーズ

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で宮崎辰さんのジョエルロブション(三ツ星フレンチレストラン)やサー..
>>宮崎辰ジョエルロブション - プロフェッショナル仕事の流儀メートルドテル三ツ星フレンチレストランサービスマンプロポーズの全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 遊川和彦脚本家家政婦のミタ純と愛夏菜

プロフェッショナル仕事の流儀に遊川和彦さん(家政婦のミタ、純と愛脚本家)が登場


<家政婦の..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 遊川和彦脚本家家政婦のミタ純と愛夏菜の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で天野篤さん(心臓外科医、天皇陛下執刀医)が登場

心臓外科医..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に浅利妙峰さん(糀屋女将)が登場

食卓を変えたおばちゃん
..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長

プロフェッショナル仕事の流儀で駅弁販売カリスマ大宮営業所所長の三浦由紀江さんを紹介

44歳まで..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェント

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に森本千賀子さん(転職エージェント)が登場



会社も人..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェントの全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタン

プロフェッショナル仕事の流儀に栗原はるみさんが登場
料理家としてのレシピ作りやタルトタタン完成まで..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタンの全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医

プロフェッショナル仕事の流儀に谷口修一さんが登場


白血病と闘う医師
密着いのちの現場
..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 水戸岡鋭治親子シート787系特急つばめASOBOY

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に水戸岡鋭治さんが登場

親子シート、787系特急つばめ、AS..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 水戸岡鋭治親子シート787系特急つばめASOBOYの全文を読む

古田等 - プロフェッショナル仕事の流儀

古田等さんがプロフェッショナル仕事の流儀に登場

岐阜の中華料理人

以前プロフェッショナル..
>>古田等 - プロフェッショナル仕事の流儀の全文を読む

プロフェッショナル仕事の流儀 - 伊藤美恵ファッション広報PR

プロフェッショナル仕事の流儀に伊藤美恵さん(ファッション広報PR)が登場。

話題の影にこの人あ..
>>プロフェッショナル仕事の流儀 - 伊藤美恵ファッション広報PRの全文を読む

伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療


伊達洋至先生がプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されました。

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸..
>>伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療の全文を読む

岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀

岡野光夫先生の細胞シートでの再生医療をプロフェッショナル仕事の流儀で紹介

細胞シートと言えば、..
>>岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀の全文を読む

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。