ためしてガッテン

覚え書き
Sponsored Link

インクレチン関連薬 - ためしてガッテン

インクレチン関連薬ってご存知ですか?

インクレチン関連薬は1日1、2回でいい?低血糖になり過ぎてしまう危険もインクレチン関連薬にはないの?

インクレチン関連薬は、糖尿病治療、血糖値を下げる治療薬として画期的な新薬ということですが、どういったところがインクレチン関連薬の画期的なところなのでしょうか?

インクレチン関連薬について、ためしてガッテンで興味深い放送がありました。

インクレチン関連薬とは、糖尿病の新薬でアリゾナ州アメリカドクトカゲが、一度にたくさんのものを食べるのに血糖値が上がらないことから、

その機能を人間に応用して新薬としてインクレチン関連薬が作られたということです。

インクレチン関連薬のメリットは、従来の糖尿病治療薬や血糖値を下げるお薬などと比べると画期的、革命的で、

今までは食前食後、お休み前と何回も飲んだり打ったりしなければいけなかった糖尿病、血糖値治療薬が1日たった1、2回で済むようになるということです。

たけし軍団のグレート義太夫さんが糖尿病治療体験談でお話ししてくれたように、

今までの糖尿病治療薬、血糖値を下げるお薬は、何回も飲む割には効果が出てるのか出てないのか分からなく、途中でやめてしまう人が多いと言います。

そして途中でやめてしまうことが思わぬ併発病につながってしまうことも少なくないと言います。

逆に食事の後に飲まなければならなかった糖尿病のお薬を食前に飲んでしまい低血糖値になり過ぎて危険な状態になるということも少なくないということでした。

インクレチン関連薬はこういった、高血糖の状態が短くなり、低血糖値などの副作用がなくなるということで回数は少なく、

さらに安全な新薬、それが「インクレチン関連薬」だと言うことができそうです。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

カラダのキモチ - パーキンソン病本態性振戦とふるえの関係

カラダのキモチで本態性振戦(ほんたいせいしんせん)とパーキンソン病を、病が潜むふるえの真実として紹介。

病的なふるえの2大巨頭とはパーキンソン病と本態性振戦。

パーキンソン病とは?
本態性振戦とは?

ふるえとパーキンソン病、そしてふるえと本態性振戦の関係は?
そしてパーキンソン病と本態性振戦の違いは?

パーキンソン病と本態性振戦の治療法というのはあるのでしょうか?


病気が潜んでいるふるえの二大巨頭とは、パーキンソン病と本態性振戦。


「本態性振戦」

本態性振戦は、ふるえ(振戦)だけが日常的に起こるもので
カラダ(脳?)になんらかの異常が出来て起こる。

本態性振戦の症状として、字が書けない、服が着られない、人前で声が異常にふるえる、といった特徴があるようです。

全国で30万人も本態性振戦について悩んでる方がいるようです。



パーキンソン病

パーキンソン病の特徴は
リラックスしている時にふるえる。

指摘されるまで気付かない。といったことがあげられ、
パーキンソン病が進行すると足を動かしにくくなり、動作が緩慢になってしまい、寝たきりになることもあるということです。

パーキンソン病とは、ふるえの他に筋肉が固くなる。
からだが動かしにくいなどの特徴がある。
パーキンソン病は、脳の黒質に異常が起こることで発症し、初期症状でふるえることが多い。

「ふるえの見分け方」

そのふるえがパーキンソン病のものなのか、本態性振戦によるものなのか、という見分け方ですが、

動作中にふるえているのならば本態性振戦、
静かな時にふるえているのなら、パーキンソン病
という見分け方が出来るようです。

それでは、ふるえの治療法、パーキンソン病や本態性振戦の治療法というのはあるのでしょうか?

薬物療法でふるえの症状をよくするという治療法があるようです。
それでもよくならない場合は、脳の深部を刺激する治療法も。

パーキンソン病は、症状をよくする治療法はあるが、完璧に治すものというのは、水澤先生によると、まだ開発されていないとのことでした。


ご自分でパーキンソン病や本態性振戦を疑われたなら、すぐに、神経内科を受診することを水澤先生は薦めると言っていました。

「教えて!ドクター」
Q:ひざ、かかとがかさつく、治す方法は?
A:入浴時せっけんの泡でなでるように洗うこと。
10分以内にクリームを塗ること。
ひどい状態なら、かかとケアはクリーム+ラップ+靴下で寝る。


三宅裕司 根本アナウンサー
パックンマックン
ゲスト:床嶋佳子
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ためしてガッテン酒かす - コレステロール低下にレジスタントプロテイン酒かすレシピ

ためしてガッテンでは酒かすに含まれるレジスタントプロテインの効果を紹介。酒かすのレジスタントプロテイン効果で保水量が増えた?酒かすで体重が1キロ減った?動脈硬化の原因になるLDLコレステロールが、酒かすによって12人中11人が下がった?

コレステロールを下げ、便秘の改善にも効果がある酒かすですが、酒かすに含まれるレジスタントプロテインという成分が体にいい働きをするということです。

コレステロール低下や便秘改善などに効果的な酒かすの超簡単な摂取方法は、酒かすを水で溶き、甘酒風にするだけ。

この酒かす甘酒を一本三週間のみ続けただけで
便秘の改善やLDLコレステロールの低下し、
体重は1キロ減り、
肌の保水量は増加し、
動脈硬化の原因になるLDLコレステロールが、
酒かすによって12人中11人が下がったということです。

酒かすはコレステロールだけではなく、便秘の改善にも効果があり、2、3日に一回だけだったお通じが、酒かすを取るようになっただけで毎日出るようになったという結果が出ました。

酒かすが、便秘改善やコレステロール低下にとどまらず、
ここまで体にいい訳は
酒かすに含まれるレジスタントプロテインにあるということですが、酒かすには米の4倍レジスタントプロテインがあり、

酒かす1グラムに対して
酵母は億単位
ビタミンB2は米の26倍
ビタミンB6は47倍
アミノ酸は、なんと583倍!
必須アミノ酸を全種類含んでいるのが酒かすだということです。

ためしてガッテンでは
酒かすレシピとして

・酒かす+小麦粉(?)+豆乳で和風ホワイトソース

・酒かす+油+塩でチーズクラッカー(ビスケット?)

・酒かす+豆乳+くだもの=ヨーグルトドリンク

などが紹介されていました。

でも、酒かすのレジスタントプロテイン効果を
より手軽に確かめたいなら
やっぱり、甘酒風にするのがおすすめだと思います。

ためしてガッテン酒かす - コレステロール低下にレジスタントプロテイン酒かすレシピ
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ためしてガッテン -テストステロンとLOH症候群男性ホルモン補充療法

ためしてガッテンで紹介。テストステロンとLOH症候群。男性ホルモン低下におけるテストステロンの関係。

LOH症候群と男性ホルモン補充療法について。今回のためしてガッテンでは男性ホルモン低下が引き起こすさまざまな症状について、

そしてテストステロンやLOH症候群について詳しく紹介がありました。

うつや筋肉の衰弱などに悩まされる男性、とても深刻な症状だったようですが、この男性たちの症状の原因が男性ホルモンの低下だということが判明。

そして男性ホルモンの低下によって男性ホルモンの代表である「テストステロン」が減少し、そのことがLOH症候群につながっていくということで、

これらのLOH症候群の方々はLOH症候群の治療法である、ホルモン補充療法を受けたところ、じきに症状が改善されて行ったということです。

テストステロンが減少してしまうことによって、うつやメタボの原因になり、結果として性機能の低下や筋肉の力が衰えて行くということにもつながっていくということです。

LOH症候群の最新治療として、今注目を浴びているのが男性ホルモン補充療法で、この男性ホルモン補充療法は、泌尿器科や男性更年期外来で受けることができるようです。

LOH症候群かどうかを調べるのによく使われると言うハイネマンのLOH症候群チェックシートでLOH症候群かどうかをチェックしてみて下さい。

合計点数が50点以上の場合は、泌尿器科などに行って相談された方がいいようです。

【LOH症候群チェックシート】

それぞれ、
なし1
軽い2
中等度3
重い4
非常に重い5
と点数をつけてチェックして行って下さい。

・総合的に調子が思わしくない
・関節や筋肉の痛み
・ひどい発汗
・睡眠の悩み
・よく眠くなる、しばしば疲れを感じる
・いらいらする
・神経質になった
・不安感
・からだの疲労や行動力の減退
・筋力の低下
・憂うつな気分
・「絶頂期は過ぎた」と感じる
・力尽きた、どん底にいると感じる
・ひげの伸びが遅くなった
・性的能力の衰え
・早朝ぼっきの回数の減少
・性欲の低下

ためしてガッテン -テストステロンとLOH症候群男性ホルモン補充療法
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ためしてガッテン【コンニャクダイエット。グルコマンナンは便秘にも】

ためしてガッテンで、コンニャクダイエットについて興味深い放送がありましたね。

コンニャクコンニャクダイエットとしての効果は当然あるようですが、ある裏技を使うことで、

コンニャクダイエットだけではなく、コンニャクはコレステロールや血糖値、そして便秘にも効くということでした。

コンニャクダイエットや便秘をはじめ、コレステロールや糖質の抑制、そして血糖値を下げる効果があることの理由のひとつに「グルコマンナン」というコンニャクの原料があげられるようです。

このグルコマンナンは溶けると粘性があるようですが、グルコマンナンが水溶性なのに対して、コンニャクは不溶性であり、相反するような性質になってしまっているのが不思議でした。

コンニャクコンニャクダイエットだけではなく、コレステロールや血糖値、便秘などにも二十丸な効果を引き出す方法として紹介されていたコンニャクの裏技が、

なんと、コンニャクをたたくということでした。

コンニャクをたたいたり、フォークで穴をあけたりすることで、味がしみこみやすくなるということです。

コンニャクダイエットだけではなく、様々なよい効果を体にもたらしてくれるのは分かっていても、飽きてしまうということが多かったのですが、

このコンニャクの裏技によって解決されそうですね。
Sponsored Link
|
Sponsored Link

ためしてガッテン【セラミド】シミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギ

ためしてガッテン【セラミドシミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギ

ためしてガッテンでは「セラミド」がシミ対策になること、そして洗顔のやり方としてセラミドを失わず、保湿をキープしてプルプル肌になるという方法が紹介されてました。

セラミド」がプルプル素肌をキープするための重要なポイントになるようですが、結局は人間の体から作られる保湿成分が大切になり、

それが「セラミド」を失わせないための条件になってくるようです。

よかれと思って付けている化粧水ですが、あまり付け過ぎてしまうと逆にわたしたちの体からは、たくさんの水分がなくなってしまい、

プルプル素肌をキープするために必要な「セラミド」が減って行って、カサカサ肌の原因になってしまい、それが結果としてシミ、シワ、くすみといったアンチエイジングとしては最悪の状態を招いてしまうことになるようです。

某番組でも先日やっていましたが、クレンジングクリームの付け過ぎや洗顔フォームで何度もこすってしまう、ということも同じように「セラミド」を減らす原因になるということです。

ですから、プルプル肌をキープする洗顔法、特にメイク落としなどでカサカサ肌を作らないシミ対策としては、

泡のみでメイクを落とすことが出来るようにたっぷりの泡で肌に洗顔の手が触れないような形で、上下にポンピングしていく。

これだけで簡単なメイクは落とすことができますし、カサカサ肌の原因「セラミド」を減らさずに住むと言うことです。

ためしてガッテン【セラミド】シミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギ
Sponsored Link
|

インクレチン関連薬 - ためしてガッテン

インクレチン関連薬ってご存知ですか?

インクレチン関連薬は1日1、2回でいい?低血糖になり過ぎ..
>>インクレチン関連薬 - ためしてガッテンの全文を読む

カラダのキモチ - パーキンソン病本態性振戦とふるえの関係

カラダのキモチで本態性振戦(ほんたいせいしんせん)とパーキンソン病を、病が潜むふるえの真実として紹介..
>>カラダのキモチ - パーキンソン病本態性振戦とふるえの関係の全文を読む

ためしてガッテン酒かす - コレステロール低下にレジスタントプロテイン酒かすレシピ

ためしてガッテンでは酒かすに含まれるレジスタントプロテインの効果を紹介。酒かすのレジスタントプロテイ..
>>ためしてガッテン酒かす - コレステロール低下にレジスタントプロテイン酒かすレシピの全文を読む

ためしてガッテン -テストステロンとLOH症候群男性ホルモン補充療法

ためしてガッテンで紹介。テストステロンとLOH症候群。男性ホルモン低下におけるテストステロンの関係。..
>>ためしてガッテン -テストステロンとLOH症候群男性ホルモン補充療法の全文を読む

ためしてガッテン【コンニャクダイエット。グルコマンナンは便秘にも】

ためしてガッテンで、コンニャクダイエットについて興味深い放送がありましたね。

コンニャクはコン..
>>ためしてガッテン【コンニャクダイエット。グルコマンナンは便秘にも】の全文を読む

ためしてガッテン【セラミド】シミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギ

ためしてガッテン【セラミド】シミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギ

ためしてガッテンでは「セ..
>>ためしてガッテン【セラミド】シミ対策洗顔法カサカサプルプル保湿がカギの全文を読む

<< 1  2  3>>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。