たけしの家庭の医学 - 椎間板ヘルニア10秒でできる正しい姿勢の作り方腰痛治療内視鏡手術PEDペド溝口病院出沢明

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 椎間板ヘルニア10秒でできる正しい姿勢の作り方腰痛治療内視鏡手術PEDペド溝口病院出沢明

たけしのみんなの家庭の医学で椎間板ヘルニアの内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術や10秒でできる正しい姿勢の作り方などについて紹介

<出沢明先生>

20年近くも腰痛に悩まされて来た患者さんの腰痛をわずか1時間の椎間板ヘルニア手術でなおすことができると紹介されたのは、出沢明先生(神奈川県川崎市帝京大学医学部付属溝口病院)でした。

そして、その治療を可能にするのがペドと呼ばれる手術法でした。

たけしのみんなの家庭の医学では、20年以上も腰痛に悩まされて来た40代の女性に密着し、内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術について紹介されていました。

<ペド>

ペド=PEDとは内視鏡を使った腰痛の手術(主に椎間板ヘルニア)で正確には経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術という長い名前がついております。

いままでの椎間板ヘルニア手術との違いは、全身麻酔がいらないこと、8ミリ程度の切開によって手術ができること、そして2日ほどの入院ですんでしまうことなどです。


<腰痛原因になる姿勢>

腰痛の原因になっている姿勢1
猫背型

腰痛の原因になっている姿勢2
出っ腹型

腰痛の原因になっている姿勢3
出っ尻型

これらの姿勢は大きめの鏡で見れば分かるそうです。

<10秒でできる正しい姿勢の作り方>

1、背中を壁に向けて壁から半歩前に立ちます。
2、ひざをゆっくりと曲げながら頭、おしり、せなかを壁にぴったりとつけます。
3、おしりやおなかに力を入れたまま壁にそって足を伸ばして立ち上がります。
4、頭、お尻、背中が壁についているかどうか確認します。
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 椎間板ヘルニア10秒でできる正しい姿勢の作り方腰痛治療内視鏡手術PEDペド溝口病院出沢明

たけしのみんなの家庭の医学で椎間板ヘルニアの内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術や10秒でできる正しい姿勢の作り方などについて紹介

<出沢明先生>

20年近くも腰痛に悩まされて来た患者さんの腰痛をわずか1時間の椎間板ヘルニア手術でなおすことができると紹介されたのは、出沢明先生(神奈川県川崎市帝京大学医学部付属溝口病院)でした。

そして、その治療を可能にするのがペドと呼ばれる手術法でした。

たけしのみんなの家庭の医学では、20年以上も腰痛に悩まされて来た40代の女性に密着し、内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術について紹介されていました。

<ペド>

ペド=PEDとは内視鏡を使った腰痛の手術(主に椎間板ヘルニア)で正確には経皮的内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術という長い名前がついております。

いままでの椎間板ヘルニア手術との違いは、全身麻酔がいらないこと、8ミリ程度の切開によって手術ができること、そして2日ほどの入院ですんでしまうことなどです。


<腰痛原因になる姿勢>

腰痛の原因になっている姿勢1
猫背型

腰痛の原因になっている姿勢2
出っ腹型

腰痛の原因になっている姿勢3
出っ尻型

これらの姿勢は大きめの鏡で見れば分かるそうです。

<10秒でできる正しい姿勢の作り方>

1、背中を壁に向けて壁から半歩前に立ちます。
2、ひざをゆっくりと曲げながら頭、おしり、せなかを壁にぴったりとつけます。
3、おしりやおなかに力を入れたまま壁にそって足を伸ばして立ち上がります。
4、頭、お尻、背中が壁についているかどうか確認します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。