ためしてガッテン - お酒で食道がん414倍ヨウ素液検査アルコール遺伝子検査顔色アセトアルデヒド国立がん研究センター

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - お酒で食道がん414倍ヨウ素液検査アルコール遺伝子検査顔色アセトアルデヒド国立がん研究センター

NHKためしてガッテンでお酒による食道がんリスクが414倍にもなってしまうタイプやヨウ素液検査、アルコールとアセトアルデヒドの遺伝子検査、顔色が赤くなる、ならないによる食道がんへの影響などについて紹介



<アセトアルデヒド>

アセトアルデヒドとは、お酒に悪酔いしてしまう原因にもなってしまう物質で発がん性物質になってしまうこともあるようです。
このアセトアルデヒドを分解するのが遅いか早いかによっても健康に対する害や食道がんに対する影響は変わってくるようです。


<アルコール遺伝子検査>

武庫川女子大学のゲノム診断センターでは、唾液を調べることで自分がアルコールに対して、アセトアルデヒドに対しての遺伝子検査が出来るということでした。
この遺伝子検査の実用化はまだされていないということで今後の実用化が期待されます。

<ヨウ素液検査>

国立がん研究センターでは70代の男性のヨウ素液検査を使った治療などについて紹介されていました。

ヨウ素液検査とは、自分が今後食道がんになる可能性があるかどうかというのを検査できるもので、苦しむ前に発見できるということです。(保険が適用されます)

食道がんが414倍になってしまうタイプとは>

食道がんになってしまう可能性が414倍にもなってしまう可能性があるタイプとは、はじめの頃はお酒を飲むと顔が赤くなっていたが、最近は赤くならなくなってきたというタイプのようで、ビールを1杯だけでも顔が赤くなってしまうという方も注意が必要なようです(77倍)。

さらに中年以上の方でアルコールや喫煙量が多い人は特に注意が必要だということでした。
Sponsored Link

ためしてガッテン - お酒で食道がん414倍ヨウ素液検査アルコール遺伝子検査顔色アセトアルデヒド国立がん研究センター

NHKためしてガッテンでお酒による食道がんリスクが414倍にもなってしまうタイプやヨウ素液検査、アルコールとアセトアルデヒドの遺伝子検査、顔色が赤くなる、ならないによる食道がんへの影響などについて紹介



<アセトアルデヒド>

アセトアルデヒドとは、お酒に悪酔いしてしまう原因にもなってしまう物質で発がん性物質になってしまうこともあるようです。
このアセトアルデヒドを分解するのが遅いか早いかによっても健康に対する害や食道がんに対する影響は変わってくるようです。


<アルコール遺伝子検査>

武庫川女子大学のゲノム診断センターでは、唾液を調べることで自分がアルコールに対して、アセトアルデヒドに対しての遺伝子検査が出来るということでした。
この遺伝子検査の実用化はまだされていないということで今後の実用化が期待されます。

<ヨウ素液検査>

国立がん研究センターでは70代の男性のヨウ素液検査を使った治療などについて紹介されていました。

ヨウ素液検査とは、自分が今後食道がんになる可能性があるかどうかというのを検査できるもので、苦しむ前に発見できるということです。(保険が適用されます)

食道がんが414倍になってしまうタイプとは>

食道がんになってしまう可能性が414倍にもなってしまう可能性があるタイプとは、はじめの頃はお酒を飲むと顔が赤くなっていたが、最近は赤くならなくなってきたというタイプのようで、ビールを1杯だけでも顔が赤くなってしまうという方も注意が必要なようです(77倍)。

さらに中年以上の方でアルコールや喫煙量が多い人は特に注意が必要だということでした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。