坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVM

覚え書き
Sponsored Link

坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVM

坂井信幸先生(脳神経外科医)がNHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場
コイル治療やAVMなどについて紹介


<コイル治療>

坂井信幸先生が脳動静脈にたいして主に行っている脳外科医としての治療はコイル治療になるようですが、脳動脈瘤の形は千差万別なため、まったく同じことが繰り返すことができず、常に後遺症がおこってしまうかもしれないといったリスクを感じながらも最善の選択として行っているようです。

仕事が終わり、入浴しているときに脳動脈瘤が破裂したという男性はアンコロという動脈に注意しながらの治療を行い、奥さんや娘さんが見守る中、無事手術が成功。
ここで見られる笑顔がたまらないと坂井信幸先生は言います。

<坂井信幸先生のプロフィール>

坂井信幸先生のお父さんは今でも現役の開業医ということで、京都でお医者さんを続けられているそうです。
ただ、小さい頃は朝から晩まで働くお父さんに遊んでもらいたかったのにそれが出来なかったという思い出もあるようです。

実は坂井信幸先生は高校の頃は違う分野での進路を考えていたということですが、3回京都大学の試験に落ちたことをきっかけに留学し、医師へと進路を変えたそうです。
そこで見たのが脳動脈瘤のコイル治療だったということです。

35歳のときに、お父さんにもまだ言ってないという事件がおこります。
脳動脈瘤患者さんの手術は成功したようなのですが、しびれが残ってしまい、それが仕事に響いてしまうことを懸念した患者さんは自分から命を絶ってしまったということです。
しかし辞表を持っていった坂井信幸先生に対し上司に言われたのは「これでやめれんようになったな」の一言だけだったといいます。

プロフェッショナル仕事の流儀ではAVMというかなりめずらしい病状の患者さんの治療にあたる姿も紹介されていました。
Sponsored Link

坂井信幸 - プロフェッショナル仕事の流儀脳神経外科医コイル治療AVM

坂井信幸先生(脳神経外科医)がNHKプロフェッショナル仕事の流儀に登場
コイル治療やAVMなどについて紹介


<コイル治療>

坂井信幸先生が脳動静脈にたいして主に行っている脳外科医としての治療はコイル治療になるようですが、脳動脈瘤の形は千差万別なため、まったく同じことが繰り返すことができず、常に後遺症がおこってしまうかもしれないといったリスクを感じながらも最善の選択として行っているようです。

仕事が終わり、入浴しているときに脳動脈瘤が破裂したという男性はアンコロという動脈に注意しながらの治療を行い、奥さんや娘さんが見守る中、無事手術が成功。
ここで見られる笑顔がたまらないと坂井信幸先生は言います。

<坂井信幸先生のプロフィール>

坂井信幸先生のお父さんは今でも現役の開業医ということで、京都でお医者さんを続けられているそうです。
ただ、小さい頃は朝から晩まで働くお父さんに遊んでもらいたかったのにそれが出来なかったという思い出もあるようです。

実は坂井信幸先生は高校の頃は違う分野での進路を考えていたということですが、3回京都大学の試験に落ちたことをきっかけに留学し、医師へと進路を変えたそうです。
そこで見たのが脳動脈瘤のコイル治療だったということです。

35歳のときに、お父さんにもまだ言ってないという事件がおこります。
脳動脈瘤患者さんの手術は成功したようなのですが、しびれが残ってしまい、それが仕事に響いてしまうことを懸念した患者さんは自分から命を絶ってしまったということです。
しかし辞表を持っていった坂井信幸先生に対し上司に言われたのは「これでやめれんようになったな」の一言だけだったといいます。

プロフェッショナル仕事の流儀ではAVMというかなりめずらしい病状の患者さんの治療にあたる姿も紹介されていました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。