ソロモン流 -庭師平岡佳道京都庭常

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 -庭師平岡佳道京都庭常

ソロモン流に庭師の平岡佳道さん(京都庭常)が登場


<平岡佳道さん>

日本屈指のカリスマ庭師と紹介されたのは平岡佳道さん(47歳)。

現在かなり不況だという庭師の業界ですが、京都伏見区にある平岡佳道さんの京都庭常では500件以上のお客さんの庭に携わっているようです。

現在は庭だけではなく、お店の中にある空間を広く見せる術など色々なところに挑戦されているようです。

<京都庭常での育成法>

京都庭常には住み込みで働く若い方が修行されているということなのですが、最低6年間の修行を終えた40人以上の方が日本中で活躍されているそうです。

1日のはじまりはお風呂掃除からスタートし、先輩の服などをたたんだりしたあと、ごはんの準備や配膳なども行い、食事中は正座。
食べるのは先輩が食べてから順番に食べていくそうです。

<高崎の古民家再生住宅>

ソロモン流では、そんな平岡佳道さんの仕事として群馬県の古民家再生住宅の庭を造っていく仕事に密着。
たくさんある石を全部使って欲しいという施主さんのもと、大切な石が割れてしまうなどのトラブルにも見舞われながらも、最終的になんとかして満足の行く結果に持って行く仕事ぶりが紹介されていました。


<平岡佳道さんのプロフィール>

平岡佳道さんは1965年に長男として産まれたそうですが、
長男ということもあり、おじいちゃんからは常に三代目と言われて育って来たそうです。
しかし高校に行きながら修行をはじめた平岡佳道さんも、自分の庭作りができないと戸惑うことがあったようです。
そんな時に恩師の庭を任せられ、自分のスタイルを見つけることが出来たようです。
Sponsored Link

ソロモン流 -庭師平岡佳道京都庭常

ソロモン流に庭師の平岡佳道さん(京都庭常)が登場


<平岡佳道さん>

日本屈指のカリスマ庭師と紹介されたのは平岡佳道さん(47歳)。

現在かなり不況だという庭師の業界ですが、京都伏見区にある平岡佳道さんの京都庭常では500件以上のお客さんの庭に携わっているようです。

現在は庭だけではなく、お店の中にある空間を広く見せる術など色々なところに挑戦されているようです。

<京都庭常での育成法>

京都庭常には住み込みで働く若い方が修行されているということなのですが、最低6年間の修行を終えた40人以上の方が日本中で活躍されているそうです。

1日のはじまりはお風呂掃除からスタートし、先輩の服などをたたんだりしたあと、ごはんの準備や配膳なども行い、食事中は正座。
食べるのは先輩が食べてから順番に食べていくそうです。

<高崎の古民家再生住宅>

ソロモン流では、そんな平岡佳道さんの仕事として群馬県の古民家再生住宅の庭を造っていく仕事に密着。
たくさんある石を全部使って欲しいという施主さんのもと、大切な石が割れてしまうなどのトラブルにも見舞われながらも、最終的になんとかして満足の行く結果に持って行く仕事ぶりが紹介されていました。


<平岡佳道さんのプロフィール>

平岡佳道さんは1965年に長男として産まれたそうですが、
長男ということもあり、おじいちゃんからは常に三代目と言われて育って来たそうです。
しかし高校に行きながら修行をはじめた平岡佳道さんも、自分の庭作りができないと戸惑うことがあったようです。
そんな時に恩師の庭を任せられ、自分のスタイルを見つけることが出来たようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。