不眠症治療薬ロゼレムラメルテオン - NHKゆうどきネットワーク新睡眠薬体内時計廣正修一井上雄一

覚え書き
Sponsored Link

不眠症治療薬ロゼレムラメルテオン - NHKゆうどきネットワーク新睡眠薬体内時計廣正修一井上雄一

不眠症治療薬ロゼレム、ラメルテオンなどについてNHKゆうどきネットワークで廣正修一さんや井上雄一さんを交えて紹介

不眠症をわずらったある男性>

ゆうどきネットワークでは、体の具合が悪くなり、不眠症になってしまった70代の男性が紹介されていました。
男性は不眠症になり、睡眠薬を処方されたものの、しばらくすると今度はさらに不眠症に悩まされることになってしまったといいます。

食事を終えて薬を飲み、最初の1時間程度は眠ることができるようですが、そのあとは耳鳴りなどがしてかなり深刻な状態になることもあったそうです。

<改善させた新睡眠薬>

そこで、夜間に訪れたのが廣正修一先生のもとだったといいます。
廣正修一先生は、今まで飲んでいた薬が悪さをしている可能性があるということで従来のものとは違った薬を処方してくれたと言います。
廣正修一先生に紹介された新睡眠薬はロゼレム(ラメルテオン)というもので、即効性は低いようなのですが6ヶ月後にはかなりよくなり、睡眠薬を服用することもなくなったと言います。

<ラメルテオン>

ラメルテオンという新薬は、強引に眠りに誘うというタイプではなく、まずは体内時計を整えることによって眠りやすくするということのようです。
そのため効き目があらわれるまではしばらくかかるようですが、効くようになってくると目に見えて改善されていくことが多いようです。


不眠症治療薬のメリットとデメリット>

東京医科大学の井上雄一先生が今までの不眠症治療薬と不眠症新薬のメリットとデメリットを紹介してくれました。

今までの不眠症治療薬のメリットはとにかく効き目が早いということ。
ただその分、デメリットとして挙げられたのは依存性や耐性ができやすいということでした。

逆にラメルテオンなどの新薬に関するメリットは従来のものとは逆で依存性や耐性が出来にくいこと。
そしてデメリットは、その分即効性がないということでした。
Sponsored Link

不眠症治療薬ロゼレムラメルテオン - NHKゆうどきネットワーク新睡眠薬体内時計廣正修一井上雄一

不眠症治療薬ロゼレム、ラメルテオンなどについてNHKゆうどきネットワークで廣正修一さんや井上雄一さんを交えて紹介

不眠症をわずらったある男性>

ゆうどきネットワークでは、体の具合が悪くなり、不眠症になってしまった70代の男性が紹介されていました。
男性は不眠症になり、睡眠薬を処方されたものの、しばらくすると今度はさらに不眠症に悩まされることになってしまったといいます。

食事を終えて薬を飲み、最初の1時間程度は眠ることができるようですが、そのあとは耳鳴りなどがしてかなり深刻な状態になることもあったそうです。

<改善させた新睡眠薬>

そこで、夜間に訪れたのが廣正修一先生のもとだったといいます。
廣正修一先生は、今まで飲んでいた薬が悪さをしている可能性があるということで従来のものとは違った薬を処方してくれたと言います。
廣正修一先生に紹介された新睡眠薬はロゼレム(ラメルテオン)というもので、即効性は低いようなのですが6ヶ月後にはかなりよくなり、睡眠薬を服用することもなくなったと言います。

<ラメルテオン>

ラメルテオンという新薬は、強引に眠りに誘うというタイプではなく、まずは体内時計を整えることによって眠りやすくするということのようです。
そのため効き目があらわれるまではしばらくかかるようですが、効くようになってくると目に見えて改善されていくことが多いようです。


不眠症治療薬のメリットとデメリット>

東京医科大学の井上雄一先生が今までの不眠症治療薬と不眠症新薬のメリットとデメリットを紹介してくれました。

今までの不眠症治療薬のメリットはとにかく効き目が早いということ。
ただその分、デメリットとして挙げられたのは依存性や耐性ができやすいということでした。

逆にラメルテオンなどの新薬に関するメリットは従来のものとは逆で依存性や耐性が出来にくいこと。
そしてデメリットは、その分即効性がないということでした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。