逆行性超選択放動注科学放射線療法 - 横浜市立大学付属病院光藤健司口腔外科がん治療たけしの家庭の医学セカンドオピニオンSP8

覚え書き
Sponsored Link

逆行性超選択放動注科学放射線療法 - 横浜市立大学付属病院光藤健司口腔外科がん治療たけしの家庭の医学セカンドオピニオンSP8

逆行性超選択動注科学放射線療法という口腔がんの名医、横浜市立大学付属病院光藤健司先生のセカンドオピニオンについてたけしのみんなの家庭の医学で紹介

光藤健司先生の逆行性超選択動注科学放射線療法が紹介されたのは、たけしのみんなの家庭の医学の名医のセカンドオピニオンSP8「最新治療」の中で。

<大谷タケさんの頬粘膜口腔がん

大家族をささえ、いつも元気だった78歳の大谷タケさんでしたが、ある日、頬に湿布を貼っていることを指摘され、病院に行くと頬粘膜がんという診断結果が。

大谷タケさんの症状としてはまず口の中に口内炎ができ、薬を服用したものの治らず赤く頬が腫れていったということです。。

頬粘膜がんとは、口腔がんのひとつだということなのですファーストオピニオンは、すぐにでも顔の半分を切り除かないという顔面切除でした。


<セカンドオピニオンは逆行性超選択動注科学放射線療法>

しかしおばあちゃんは顔が切られるのだったら治らない方がましというようなことを言ったため、口腔がんの名医である光藤健司先生(横浜市立大学付属病院)に見せたところ、逆行性超選択動注科学放射線療法によって顔面の温存が可能という診断が。

治療の期間は少し長く、カテーテル留置術の手術からはじまり、抗がん剤と放射線療法によってひとつき半ほどかかるようです。

<逆行性超選択動注科学放射線療法の条件>

逆行性超選択動注科学放射線療法は誰でも受けられるということではなく、以下のような条件があるそうです。

条件1、がんの転移がないこと
条件2、心肺機能や腎機能、肝機能に異常がないこと
条件3、動脈硬化があったり、糖尿病などに関する治療がないこと
Sponsored Link

逆行性超選択放動注科学放射線療法 - 横浜市立大学付属病院光藤健司口腔外科がん治療たけしの家庭の医学セカンドオピニオンSP8

逆行性超選択動注科学放射線療法という口腔がんの名医、横浜市立大学付属病院光藤健司先生のセカンドオピニオンについてたけしのみんなの家庭の医学で紹介

光藤健司先生の逆行性超選択動注科学放射線療法が紹介されたのは、たけしのみんなの家庭の医学の名医のセカンドオピニオンSP8「最新治療」の中で。

<大谷タケさんの頬粘膜口腔がん

大家族をささえ、いつも元気だった78歳の大谷タケさんでしたが、ある日、頬に湿布を貼っていることを指摘され、病院に行くと頬粘膜がんという診断結果が。

大谷タケさんの症状としてはまず口の中に口内炎ができ、薬を服用したものの治らず赤く頬が腫れていったということです。。

頬粘膜がんとは、口腔がんのひとつだということなのですファーストオピニオンは、すぐにでも顔の半分を切り除かないという顔面切除でした。


<セカンドオピニオンは逆行性超選択動注科学放射線療法>

しかしおばあちゃんは顔が切られるのだったら治らない方がましというようなことを言ったため、口腔がんの名医である光藤健司先生(横浜市立大学付属病院)に見せたところ、逆行性超選択動注科学放射線療法によって顔面の温存が可能という診断が。

治療の期間は少し長く、カテーテル留置術の手術からはじまり、抗がん剤と放射線療法によってひとつき半ほどかかるようです。

<逆行性超選択動注科学放射線療法の条件>

逆行性超選択動注科学放射線療法は誰でも受けられるということではなく、以下のような条件があるそうです。

条件1、がんの転移がないこと
条件2、心肺機能や腎機能、肝機能に異常がないこと
条件3、動脈硬化があったり、糖尿病などに関する治療がないこと

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。