たけしのみんなの家庭の医学 - 腰痛名医石橋英明伊奈病院西村和彦 ヘルニア脳下垂体腫瘍脊柱管狭窄症セカンドオピニオンSP8

覚え書き
Sponsored Link

たけしのみんなの家庭の医学 - 腰痛名医石橋英明伊奈病院西村和彦 ヘルニア脳下垂体腫瘍脊柱管狭窄症セカンドオピニオンSP8

たけしのみんなの家庭の医学で高齢者運動器疾患研究所の名医、伊奈病院の石橋英明先生によるセカンドオピニオンについて紹介

西村和彦さんの腰痛や脳下垂体腫瘍、脊柱管狭窄症などが名医のセカンドオピニオンSP8で紹介されました。


<ファーストオピニオンは変形性腰椎症>

腰痛に悩む60歳の女性が紹介されていましたが、症状としては腰からお尻にかけての腰痛がぶり返して来たりし、次第にかなりの頻度で痛むようになったということで病院に行ったところ、変形性腰椎症というファーストオピニオンが告げられました。

<石橋英明先生のセカンドオピニオン>

注射を打ったりしてはいたものの、良くならず顔つきまで変わって来たということで石橋英明先生(埼玉県北足立郡伊奈病院)のもとへ伺ったところ年齢にしては高すぎる骨密度と足のむくみ、そして顔つきなどの変化から腰痛ではなく脳下垂体腫瘍というセカンドオピニオンに。

そのほかテレビを見ている方からの相談としてファーストオピニオンが圧迫骨折とされた方のセカンドオピニオン(圧迫骨折と心不全)などについても腰が反ってしまうタイプや背中が丸くなってしまうタイプ、そして前かがみのタイプといった3つの腰痛患者に観られる姿勢などを交えて紹介されていました。
前かがみのタイプは、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを疑われることもあるそうです。

<西村和彦さんの腰痛について>

前かがみに座っていることを石橋英明先生に指摘された西村和彦さんでしたが、まさに今腰痛の状態でコルセットを巻いているということです。
アドバイスとしてはMRI検査をしてヘルニアについて調べてみた方がいいとのことでした。
Sponsored Link

たけしのみんなの家庭の医学 - 腰痛名医石橋英明伊奈病院西村和彦 ヘルニア脳下垂体腫瘍脊柱管狭窄症セカンドオピニオンSP8

たけしのみんなの家庭の医学で高齢者運動器疾患研究所の名医、伊奈病院の石橋英明先生によるセカンドオピニオンについて紹介

西村和彦さんの腰痛や脳下垂体腫瘍、脊柱管狭窄症などが名医のセカンドオピニオンSP8で紹介されました。


<ファーストオピニオンは変形性腰椎症>

腰痛に悩む60歳の女性が紹介されていましたが、症状としては腰からお尻にかけての腰痛がぶり返して来たりし、次第にかなりの頻度で痛むようになったということで病院に行ったところ、変形性腰椎症というファーストオピニオンが告げられました。

<石橋英明先生のセカンドオピニオン>

注射を打ったりしてはいたものの、良くならず顔つきまで変わって来たということで石橋英明先生(埼玉県北足立郡伊奈病院)のもとへ伺ったところ年齢にしては高すぎる骨密度と足のむくみ、そして顔つきなどの変化から腰痛ではなく脳下垂体腫瘍というセカンドオピニオンに。

そのほかテレビを見ている方からの相談としてファーストオピニオンが圧迫骨折とされた方のセカンドオピニオン(圧迫骨折と心不全)などについても腰が反ってしまうタイプや背中が丸くなってしまうタイプ、そして前かがみのタイプといった3つの腰痛患者に観られる姿勢などを交えて紹介されていました。
前かがみのタイプは、腰部脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアを疑われることもあるそうです。

<西村和彦さんの腰痛について>

前かがみに座っていることを石橋英明先生に指摘された西村和彦さんでしたが、まさに今腰痛の状態でコルセットを巻いているということです。
アドバイスとしてはMRI検査をしてヘルニアについて調べてみた方がいいとのことでした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。