たけしの家庭の医学 - 耳鳴り対策自治医科大学西野宏准教授鼻水鼻炎花粉症上顎洞がんセカンドオピニオンSP8

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 耳鳴り対策自治医科大学西野宏准教授鼻水鼻炎花粉症上顎洞がんセカンドオピニオンSP8

たけしのみんなの家庭の医学で耳鳴り対策や鼻水やアレルギー性鼻炎と間違えやすい上顎洞がんなどについて西野宏先生(自治医科大学付属病院)がセカンドオピニオンSP8で紹介


<ファーストオピニオンはアレルギー性鼻炎>

鼻水やくしゃみに悩んでいる60代の男性が紹介されていましたが、花粉症の季節ということもあってそれほど気にしていなかったようです。

いつもの薬で治らなかったため病院に行ったところ、ファーストオピニオンはアレルギー性鼻炎という診断でした。

しかし、黄色く濃い色の鼻水が出るようになったことと、この鼻水がイヤなニオイを放つようになったこと、さらには上の歯が一部うずくことなどから栃木県下野市にある耳鼻咽喉科の西野宏先生(自治医科大学付属病院)のもとへ。

<セカンドオピニオンは上顎洞がん>

名医の視点として紹介されていたのは、鼻水に悪臭がすること、歯がうずいているのに虫歯ではないこと、そして物がダブって見えることなのです。

これらのことをふまえて西野宏先生がセカンドオピニオンとしてあげたのは上顎洞がんでした。

<3つの耳鳴りのタイプ>

耳鳴りタイプ1、キーンという耳鳴り
加齢が原因の可能性。
耳鳴りタイプ2、セミが泣いているような耳鳴り
突発性難聴の可能性。
耳鳴りタイプ3、ぼ〜っという低い音の耳鳴り
メニエール病などの可能性。

耳鳴り対策法対処法>

西野宏先生が3通りの耳鳴り対策を教えてくれました。

耳鳴り改善法1、
睡眠時間が足りなかったり肩こりなどによって耳鳴りが生じてしまうことがあるようなので、ストレスをためないような体づくりが大事だということです。

耳鳴り改善法2、
お風呂に入ったり適度に運動をすることによって耳鳴りが改善できることもあるようです。

耳鳴り改善法3、
夜寝る時に気にならないように音楽などをかけることも有効だそうです。
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 耳鳴り対策自治医科大学西野宏准教授鼻水鼻炎花粉症上顎洞がんセカンドオピニオンSP8

たけしのみんなの家庭の医学で耳鳴り対策や鼻水やアレルギー性鼻炎と間違えやすい上顎洞がんなどについて西野宏先生(自治医科大学付属病院)がセカンドオピニオンSP8で紹介


<ファーストオピニオンはアレルギー性鼻炎>

鼻水やくしゃみに悩んでいる60代の男性が紹介されていましたが、花粉症の季節ということもあってそれほど気にしていなかったようです。

いつもの薬で治らなかったため病院に行ったところ、ファーストオピニオンはアレルギー性鼻炎という診断でした。

しかし、黄色く濃い色の鼻水が出るようになったことと、この鼻水がイヤなニオイを放つようになったこと、さらには上の歯が一部うずくことなどから栃木県下野市にある耳鼻咽喉科の西野宏先生(自治医科大学付属病院)のもとへ。

<セカンドオピニオンは上顎洞がん>

名医の視点として紹介されていたのは、鼻水に悪臭がすること、歯がうずいているのに虫歯ではないこと、そして物がダブって見えることなのです。

これらのことをふまえて西野宏先生がセカンドオピニオンとしてあげたのは上顎洞がんでした。

<3つの耳鳴りのタイプ>

耳鳴りタイプ1、キーンという耳鳴り
加齢が原因の可能性。
耳鳴りタイプ2、セミが泣いているような耳鳴り
突発性難聴の可能性。
耳鳴りタイプ3、ぼ〜っという低い音の耳鳴り
メニエール病などの可能性。

耳鳴り対策法対処法>

西野宏先生が3通りの耳鳴り対策を教えてくれました。

耳鳴り改善法1、
睡眠時間が足りなかったり肩こりなどによって耳鳴りが生じてしまうことがあるようなので、ストレスをためないような体づくりが大事だということです。

耳鳴り改善法2、
お風呂に入ったり適度に運動をすることによって耳鳴りが改善できることもあるようです。

耳鳴り改善法3、
夜寝る時に気にならないように音楽などをかけることも有効だそうです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。