アロディニア症状原因 - 漢方薬腰痛全身の激痛み水戸協同病院徳田安春たけしの家庭の医学セカンドオピニオン

覚え書き
Sponsored Link

アロディニア症状原因 - 漢方薬腰痛全身の激痛み水戸協同病院徳田安春たけしの家庭の医学セカンドオピニオン

腰痛から全身の痛み
アロディニア症の症状や原因、漢方薬などについて茨城県水戸協同病院の徳田安春先生のセカンドオピニオンをたけしのみんなの家庭の医学で紹介


<セカンドオピニオンSP8:総合診療科>

腰痛だと思っていたものがとんでもない病気に?
総合診療科の名医、徳田安春先生(水戸協同病院)の全身の痛み(原因不明)のセカンドオピニオンが紹介されました。

腰痛から全身の激痛に悩んでいたのは岡山県に住む43歳の女性でした。

<43歳女性の症状>

女性の症状として紹介されたのはまず腰痛でした。
そこで診察してもらったところ、ファーストオピニオンでは腰痛症という原因不明の腰痛とのことでした。

しかし薬を飲んでも治らないどころか腰痛から全身に激しい痛みに変わっていったそうです。

<徳田安春先生のセカンドオピニオンと名医の視点>

徳田安春先生は
名医の視点1、3つのタイプに痛みが変わっていること
名医の視点2、体中に激痛があること
名医の視点3、原因がないままに痛みがでること
などからアロディニア症という異痛症というセカンドオピニオンになりました。

<アロディニア症とアロディニア症の原因>

アロディニア症とは、感覚が異常になってしまうことによって、すこしのことでも激しい痛みとして感じてしまう病気だということですが、アロディニア症の原因としては脳の機能障害が考えられ、ストレスに強くない性格の方に少なくないようです。


<アロディニア症の治療法>

アロディニア症の治療法として徳田安春先生からのアドバイスは、、運動をしたりしてストレスを解消することと、漢方薬を今服用している薬とプラスして飲むことでした。
アロディニア症のような原因が分からない病気などの場合、西洋医学よりも東洋医学の方が効果が期待できる場合があるということです。
Sponsored Link

アロディニア症状原因 - 漢方薬腰痛全身の激痛み水戸協同病院徳田安春たけしの家庭の医学セカンドオピニオン

腰痛から全身の痛み
アロディニア症の症状や原因、漢方薬などについて茨城県水戸協同病院の徳田安春先生のセカンドオピニオンをたけしのみんなの家庭の医学で紹介


<セカンドオピニオンSP8:総合診療科>

腰痛だと思っていたものがとんでもない病気に?
総合診療科の名医、徳田安春先生(水戸協同病院)の全身の痛み(原因不明)のセカンドオピニオンが紹介されました。

腰痛から全身の激痛に悩んでいたのは岡山県に住む43歳の女性でした。

<43歳女性の症状>

女性の症状として紹介されたのはまず腰痛でした。
そこで診察してもらったところ、ファーストオピニオンでは腰痛症という原因不明の腰痛とのことでした。

しかし薬を飲んでも治らないどころか腰痛から全身に激しい痛みに変わっていったそうです。

<徳田安春先生のセカンドオピニオンと名医の視点>

徳田安春先生は
名医の視点1、3つのタイプに痛みが変わっていること
名医の視点2、体中に激痛があること
名医の視点3、原因がないままに痛みがでること
などからアロディニア症という異痛症というセカンドオピニオンになりました。

<アロディニア症とアロディニア症の原因>

アロディニア症とは、感覚が異常になってしまうことによって、すこしのことでも激しい痛みとして感じてしまう病気だということですが、アロディニア症の原因としては脳の機能障害が考えられ、ストレスに強くない性格の方に少なくないようです。


<アロディニア症の治療法>

アロディニア症の治療法として徳田安春先生からのアドバイスは、、運動をしたりしてストレスを解消することと、漢方薬を今服用している薬とプラスして飲むことでした。
アロディニア症のような原因が分からない病気などの場合、西洋医学よりも東洋医学の方が効果が期待できる場合があるということです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。