アルファギャルセル - クローズアップ現代免疫寛容抑制アレルギーNHK医療革命北海道大学病院順天堂大学奥村康臓器移植治療α-galcer

覚え書き
Sponsored Link

アルファギャルセル - クローズアップ現代免疫寛容抑制アレルギーNHK医療革命北海道大学病院順天堂大学奥村康臓器移植治療α-galcer

アルファギャルセル(α-galcer)、免疫寛容、免疫抑制剤などアレルギーアレルギー治療がNHKクローズアップ現代で医療革命として紹介


<免疫寛容という医療革命>

かつてない医療革命が日本で始まっています。

医療革命のカギとなるのは人の免疫をコントロールする免疫寛容という治療法だそうです。

その先駆けとして臓器移植の現場で世界発の試みが行われたそうです。

・感染症を防ぐ免疫の仕組み
体内にウイルスや細菌といった異物が入ると
司令塔の免疫細胞が異物を攻撃するように指示を出して
退治することで感染症を防ぐ

この免疫が誤作動すると花粉症などのつらいアレルギーになってしまうそうです。

花粉を異物として攻撃してしまう。
逆に免疫の過剰反応を抑えることが出来ればアレルギーを治療することができるということです。

・免疫寛容
免疫をコントロールし攻撃をやめさせることを免疫寛容と呼んで
医療に革命をもたらすと注目されています。

・臓器移植の現場
移植されて来た他人の臓器を異物として攻撃してしまう
これが拒絶反応という現象だそうです。
場合によっては死に至ることもあるそうです。

これを薬を使わずに免疫寛容を使って拒絶反応自体をなくしてしまおうという挑戦が始まっている

<臓器移植の最先端治療>

・北海道大学病院
世界に先駆けて臓器移植で免疫寛容の治療を始めた。

55歳の北川正貴さんは肝臓がんと診断され3年の余命を告げられて
子供から一部肝臓移植を。
北川さんの肝臓はほとんど機能していなかったが子供の健康な肝臓を移植し成功したそうです。

<免疫抑制剤のリスクと免疫寛容>

しかし肝臓移植によって免疫細胞が敵だと判断し、攻撃。
そして拒絶反応を起こしてしまうそうです。
この拒絶反応を防ぐために使われるのが免疫抑制剤という薬ですが
体にとって必要な免疫機能も弱めるのでウイルスや細菌の侵入を防ぐことがむずかしくなってしまうとのこと。

その結果感染症の危険性が上がってしまい、軽い風邪が原因で死に至ることもあるようです。

外出を控えなければいけないうえに
薬の副作用によって新たながんが見つかることもあるそうです。

そして北川さんが免疫抑制剤に代わる新たな治療を決意。
それが免疫寛容だということなのです。

・免疫寛容治療
北川さんの免疫細胞に息子さんの免疫細胞をまぜ
特殊な薬剤と一緒に培養します。
息子さんの免疫が敵ではないと判断したところで
北川さんの体内に戻す。

合併症のリスクは激減するといいます。

そして段々免疫抑制剤を減らしていきます。
1年後に順調にいけば免疫抑制剤が必要なくなる可能性があるといいます。

・福岡
畳店を営む60代の男性も免疫抑制剤を飲まなくなったひとり。

<アルファギャルセルと食物アレルギー

極少量の卵の摂取で異常反応を起こしてしまうお子さんが紹介されました。

こうしたアレルギーの治療にも免疫寛容の治療が効果的であることが分かって来たそうです。

・横浜市理化学研究所
石井保之さんが注目するある物質とはアルファギャルセル(α-galcer)でした。

アルファギャルセルと卵を混ぜ合わせたものを卵アレルギーのマウスに投与したところアレルギーが改善したそうです。

体内で卵を味方だという教育をした結果、卵アレルギーが治るそうです。

アルファギャルセルは混ぜられたものが敵ではなく味方だと教える役割をしているということでした。

炎症を起こした肺もアルファギャルセルを投与14日後には炎症がほとんど消えてアレルギーが治ったということ。


石井保之さんは患者さんの負担がなくアレルギーを根治させる可能性を秘めていると話します。

様々なものを混ぜ合わせることによって卵以外にも応用できると考えられているようです。

<アルファギャルセルが花粉症治療の切り札に?>

アルファギャルセルと花粉を混ぜたものを花粉症アレルギーのマウスに投与すると免疫は花粉を味方だとして攻撃をやめるといいいます。
症状はおよそ4週間で改善したとのことです。
その後で大量に花粉を投与してもアレルギーが現れなくなったそうです。

カリフォルニア大学で骨髄移植を受けた患者の拒絶反応を押さえることに成功したとのこと。
さらに長期的な安全性も確認されているそうです。
今のところとても安全でアルファギャルセルを患者に投与しても問題は起きていないようです。

石井さんは5年後には日本でも治験を開始し、アレルギー患者さんへの治療を開始したいと話しています。
Sponsored Link

アルファギャルセル - クローズアップ現代免疫寛容抑制アレルギーNHK医療革命北海道大学病院順天堂大学奥村康臓器移植治療α-galcer

アルファギャルセル(α-galcer)、免疫寛容、免疫抑制剤などアレルギーアレルギー治療がNHKクローズアップ現代で医療革命として紹介


<免疫寛容という医療革命>

かつてない医療革命が日本で始まっています。

医療革命のカギとなるのは人の免疫をコントロールする免疫寛容という治療法だそうです。

その先駆けとして臓器移植の現場で世界発の試みが行われたそうです。

・感染症を防ぐ免疫の仕組み
体内にウイルスや細菌といった異物が入ると
司令塔の免疫細胞が異物を攻撃するように指示を出して
退治することで感染症を防ぐ

この免疫が誤作動すると花粉症などのつらいアレルギーになってしまうそうです。

花粉を異物として攻撃してしまう。
逆に免疫の過剰反応を抑えることが出来ればアレルギーを治療することができるということです。

・免疫寛容
免疫をコントロールし攻撃をやめさせることを免疫寛容と呼んで
医療に革命をもたらすと注目されています。

・臓器移植の現場
移植されて来た他人の臓器を異物として攻撃してしまう
これが拒絶反応という現象だそうです。
場合によっては死に至ることもあるそうです。

これを薬を使わずに免疫寛容を使って拒絶反応自体をなくしてしまおうという挑戦が始まっている

<臓器移植の最先端治療>

・北海道大学病院
世界に先駆けて臓器移植で免疫寛容の治療を始めた。

55歳の北川正貴さんは肝臓がんと診断され3年の余命を告げられて
子供から一部肝臓移植を。
北川さんの肝臓はほとんど機能していなかったが子供の健康な肝臓を移植し成功したそうです。

<免疫抑制剤のリスクと免疫寛容>

しかし肝臓移植によって免疫細胞が敵だと判断し、攻撃。
そして拒絶反応を起こしてしまうそうです。
この拒絶反応を防ぐために使われるのが免疫抑制剤という薬ですが
体にとって必要な免疫機能も弱めるのでウイルスや細菌の侵入を防ぐことがむずかしくなってしまうとのこと。

その結果感染症の危険性が上がってしまい、軽い風邪が原因で死に至ることもあるようです。

外出を控えなければいけないうえに
薬の副作用によって新たながんが見つかることもあるそうです。

そして北川さんが免疫抑制剤に代わる新たな治療を決意。
それが免疫寛容だということなのです。

・免疫寛容治療
北川さんの免疫細胞に息子さんの免疫細胞をまぜ
特殊な薬剤と一緒に培養します。
息子さんの免疫が敵ではないと判断したところで
北川さんの体内に戻す。

合併症のリスクは激減するといいます。

そして段々免疫抑制剤を減らしていきます。
1年後に順調にいけば免疫抑制剤が必要なくなる可能性があるといいます。

・福岡
畳店を営む60代の男性も免疫抑制剤を飲まなくなったひとり。

<アルファギャルセルと食物アレルギー

極少量の卵の摂取で異常反応を起こしてしまうお子さんが紹介されました。

こうしたアレルギーの治療にも免疫寛容の治療が効果的であることが分かって来たそうです。

・横浜市理化学研究所
石井保之さんが注目するある物質とはアルファギャルセル(α-galcer)でした。

アルファギャルセルと卵を混ぜ合わせたものを卵アレルギーのマウスに投与したところアレルギーが改善したそうです。

体内で卵を味方だという教育をした結果、卵アレルギーが治るそうです。

アルファギャルセルは混ぜられたものが敵ではなく味方だと教える役割をしているということでした。

炎症を起こした肺もアルファギャルセルを投与14日後には炎症がほとんど消えてアレルギーが治ったということ。


石井保之さんは患者さんの負担がなくアレルギーを根治させる可能性を秘めていると話します。

様々なものを混ぜ合わせることによって卵以外にも応用できると考えられているようです。

<アルファギャルセルが花粉症治療の切り札に?>

アルファギャルセルと花粉を混ぜたものを花粉症アレルギーのマウスに投与すると免疫は花粉を味方だとして攻撃をやめるといいいます。
症状はおよそ4週間で改善したとのことです。
その後で大量に花粉を投与してもアレルギーが現れなくなったそうです。

カリフォルニア大学で骨髄移植を受けた患者の拒絶反応を押さえることに成功したとのこと。
さらに長期的な安全性も確認されているそうです。
今のところとても安全でアルファギャルセルを患者に投与しても問題は起きていないようです。

石井さんは5年後には日本でも治験を開始し、アレルギー患者さんへの治療を開始したいと話しています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。