情熱大陸 - 川島実妻気仙沼市立本吉病院元プロボクサー医師

覚え書き
Sponsored Link

情熱大陸 - 川島実妻気仙沼市立本吉病院元プロボクサー医師

情熱大陸に気仙沼市本吉病院の川島実さん(元プロボクサー医師)が登場

<川島実さん>

川島実さんは38歳の医師。
宮城県は気仙沼市立本吉病院の医師として病院での勤務はもちろん、ここ最近力を入れているのは在宅医療(地域医療)だと言います。

川島実さんはいつも食事をとる行きつけの居酒屋さんでも多くの方から慕われ、感謝されていましたが、元プロボクサーという変わった職歴の持ち主です。
プロボクサー時代からの名残からか毎日8キロもの距離を走るのが習慣になっていると言っていました。


川島実さんは奥さん(2つ下)をはじめ、4人のお子さんなど家族を山形に残し、ふとん以外なにもないような部屋に単身赴任されています。


<川島実さんのプロフィール>

川島実さんが産まれたのは1974年、奈良市が出身だということです。
そして大学は京都大学の医学部へ入ったということでしたが、その頃は本当は医者になりたかったわけではなかったようです。
そういったこともあってか、大学時代にプロボクサーとなり、各チャンピオンへの登竜門でもある西日本新人王などにも輝いたそうです。
しかし、29歳のときに体力の限界を感じてプロボクサーをやめ、ちょうどその頃家族が増えたこともあり、田舎暮らしなどを経て30代になってから医師に専念しはじめたということでした。

在宅医療

川島実さんが力を入れているのが在宅医療
そして最期を迎えるのは冷たい病院で点滴につながれてではなく、おうちでというのが考えのようです。
死ぬことは病気ではないので病院でという考え方を無理にしなくてもいいという考えがあり、家でなくなるというのはおうちで最期まで生きることだという考えがあるようです。
そして最期を迎えるのは冷たい病院で点滴につながれてではなく、おうちでというのが考えのようです。
死ぬことは病気ではないので病院でという考え方を無理にしなくてもいいという考えがあり、家でなくなるというのはおうちで最期まで生きることだという考えがあるようです。
Sponsored Link

情熱大陸 - 川島実妻気仙沼市立本吉病院元プロボクサー医師

情熱大陸に気仙沼市本吉病院の川島実さん(元プロボクサー医師)が登場

<川島実さん>

川島実さんは38歳の医師。
宮城県は気仙沼市立本吉病院の医師として病院での勤務はもちろん、ここ最近力を入れているのは在宅医療(地域医療)だと言います。

川島実さんはいつも食事をとる行きつけの居酒屋さんでも多くの方から慕われ、感謝されていましたが、元プロボクサーという変わった職歴の持ち主です。
プロボクサー時代からの名残からか毎日8キロもの距離を走るのが習慣になっていると言っていました。


川島実さんは奥さん(2つ下)をはじめ、4人のお子さんなど家族を山形に残し、ふとん以外なにもないような部屋に単身赴任されています。


<川島実さんのプロフィール>

川島実さんが産まれたのは1974年、奈良市が出身だということです。
そして大学は京都大学の医学部へ入ったということでしたが、その頃は本当は医者になりたかったわけではなかったようです。
そういったこともあってか、大学時代にプロボクサーとなり、各チャンピオンへの登竜門でもある西日本新人王などにも輝いたそうです。
しかし、29歳のときに体力の限界を感じてプロボクサーをやめ、ちょうどその頃家族が増えたこともあり、田舎暮らしなどを経て30代になってから医師に専念しはじめたということでした。

在宅医療

川島実さんが力を入れているのが在宅医療
そして最期を迎えるのは冷たい病院で点滴につながれてではなく、おうちでというのが考えのようです。
死ぬことは病気ではないので病院でという考え方を無理にしなくてもいいという考えがあり、家でなくなるというのはおうちで最期まで生きることだという考えがあるようです。
そして最期を迎えるのは冷たい病院で点滴につながれてではなく、おうちでというのが考えのようです。
死ぬことは病気ではないので病院でという考え方を無理にしなくてもいいという考えがあり、家でなくなるというのはおうちで最期まで生きることだという考えがあるようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。