ためしてガッテン - 子宮内膜症チェックチョコレートのう胞がん化肺月経痛不妊との関係萩原智子原田省

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - 子宮内膜症チェックチョコレートのう胞がん化肺月経痛不妊との関係萩原智子原田省

NHKためしてガッテンで子宮内膜症チェックやチョコレートのう胞のがん化、不妊との関係について原田省さん、萩原智子さん等が紹介

<悩まされる生理痛の正体は>

数年から数十年もの間、ひどい生理痛に悩まされている方が紹介されましたが、その正体は子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症は、月経痛が次第に悪くなっていき、薬を飲んでもカイロなどであたためても役に立たなくなり卵巣が腫れてチョコレートのう胞が出来てしまうこともあるようです。
生理がある女性の約1割ほどが子宮内膜症ということです。。

<肺にまで子宮内膜症?>

原田省先生(鳥取大学)によると子宮内膜ちゃんが子宮ではない場所で生理とおなじ状態になり、増えたりはがれたりを繰り返すことによってたとえばそれが肺で起こっていたら肺に穴があくということにもつながってくるということです。

子宮内膜症チェック>

1、月経痛が重くなって来た。
2、下腹部の痛みが月経時以外でもある。
3、痛みが性交、排便といったときに発生する。

<不妊との関係>

水泳でシドニー五輪にも出場した萩原智子さんはかなり長い間生理痛がひどく悩まされてきたということですが、医師に言われた「不妊になってしまうかもしれない」という言葉で何もやる気が起こらなくなってしまった時期があったそうです。

萩原智子さんと同じように、ひどい生理痛に困らされていながらも診察を受けるのが恥ずかしかったり、根本的に治すことができずに子宮や卵巣を取るのではないか?薬による副作用がひどいのではないか?と想像してしまい、病院に行かなくなってしまう人が増えているそうです。

不妊との関係ですが子宮内膜症の半分ほどは不妊という調べもあるようですが、治療によって無事妊娠される方も多く現在は腹腔鏡を使用した負担が軽い手術や副作用が少ないピルのような薬もあるということでした。
さらに約1パーセントの卵巣チョコレートのう胞はがん化してしまう可能性もあるようです。
Sponsored Link

ためしてガッテン - 子宮内膜症チェックチョコレートのう胞がん化肺月経痛不妊との関係萩原智子原田省

NHKためしてガッテンで子宮内膜症チェックやチョコレートのう胞のがん化、不妊との関係について原田省さん、萩原智子さん等が紹介

<悩まされる生理痛の正体は>

数年から数十年もの間、ひどい生理痛に悩まされている方が紹介されましたが、その正体は子宮内膜症

子宮内膜症

子宮内膜症は、月経痛が次第に悪くなっていき、薬を飲んでもカイロなどであたためても役に立たなくなり卵巣が腫れてチョコレートのう胞が出来てしまうこともあるようです。
生理がある女性の約1割ほどが子宮内膜症ということです。。

<肺にまで子宮内膜症?>

原田省先生(鳥取大学)によると子宮内膜ちゃんが子宮ではない場所で生理とおなじ状態になり、増えたりはがれたりを繰り返すことによってたとえばそれが肺で起こっていたら肺に穴があくということにもつながってくるということです。

子宮内膜症チェック>

1、月経痛が重くなって来た。
2、下腹部の痛みが月経時以外でもある。
3、痛みが性交、排便といったときに発生する。

<不妊との関係>

水泳でシドニー五輪にも出場した萩原智子さんはかなり長い間生理痛がひどく悩まされてきたということですが、医師に言われた「不妊になってしまうかもしれない」という言葉で何もやる気が起こらなくなってしまった時期があったそうです。

萩原智子さんと同じように、ひどい生理痛に困らされていながらも診察を受けるのが恥ずかしかったり、根本的に治すことができずに子宮や卵巣を取るのではないか?薬による副作用がひどいのではないか?と想像してしまい、病院に行かなくなってしまう人が増えているそうです。

不妊との関係ですが子宮内膜症の半分ほどは不妊という調べもあるようですが、治療によって無事妊娠される方も多く現在は腹腔鏡を使用した負担が軽い手術や副作用が少ないピルのような薬もあるということでした。
さらに約1パーセントの卵巣チョコレートのう胞はがん化してしまう可能性もあるようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。