ミヤネ屋 - 冷え症対策体操末端冷え症山口勝利

覚え書き
Sponsored Link

ミヤネ屋 - 冷え症対策体操末端冷え症山口勝利

ミヤネ屋で冷え症の対策体操などについて山口勝利先生を交えて紹介

冷え症:なりやすいタイプ>


なりやすいタイプの特徴として紹介されたのは
1、筋肉が少ない人
2、脂肪がおおい人
3、ストレスが多い人


<末端冷え症の症状、原因、対処法>

手や足の先などが冷えてしまう冷え症で、血流が悪いため血液が手足の先まで届かないことが原因。
乾燥肌やむくみ、頭痛や肩こりや髪がぱさつく、手足の壊死や切断にもつながる可能性があるということです。
同じ姿勢を長い時間とらないことやふくらはぎをあたたかくすることが対処法としてあげられました。

<内蔵温度低下型冷え症の症状、原因、対処法>

内蔵が冷えてしまうのを押さえようと上半身に血液が集まってしまい、血が下半身に届かないことが原因、免疫力が下がったり、下痢や便秘、基礎代謝が落ちる、不妊症や月経不順の原因にも。
食生活を改めることやおなか付近をあたたかくすることが対処法として紹介されました。

<ストレス型冷え症の症状、原因、対処法>

悪寒のような冷え症で、神経バランスがストレスによってくずれたことによる血行不良が原因、慢性疲労や不眠症、自律神経症やうつ病に発展することも。
過度なダイエットによるストレスを避けることや首元をあたたかくするのが対処法として紹介されました。

<足湯や靴下の間違い>

足湯は出てしばらく経ってから冷えてしまわないように足を水をしぼったタオルで拭きます。
靴下はゆるいのはいいようです。レッグウォーマーはいいようですが、いずれにしてもゆるめのものを。
紅茶の方がコーヒーよりいいようです。

冷え症を改善するお風呂の入り方>

1、2分から3分ほどひざの下をお湯につかります。
2、3分から5分腰からしたをつかります。
3、3分ほど心臓より下をつかります。
4、最後に1分から2分ほど首までつかります。
5、お風呂から上がったら足を冷たいタオルで包みます。

冷え症対策体操>

冷え症対策体操1、考えるひと体操
1、ひじで考えるひとの銅像のようなポーズを取ります。
2、ひじと反対側のひざをつけます。
3、反対側も同様に行います。
4、5〜10回が1セットで1日に2〜3回行います。


冷え症対策体操2、タケコプター
1、タケコプターのように真横に両腕を広げます。
2、そのまま体のひねります。
3、5回を1セットとし、1日に2〜3回行います。
Sponsored Link

ミヤネ屋 - 冷え症対策体操末端冷え症山口勝利

ミヤネ屋で冷え症の対策体操などについて山口勝利先生を交えて紹介

冷え症:なりやすいタイプ>


なりやすいタイプの特徴として紹介されたのは
1、筋肉が少ない人
2、脂肪がおおい人
3、ストレスが多い人


<末端冷え症の症状、原因、対処法>

手や足の先などが冷えてしまう冷え症で、血流が悪いため血液が手足の先まで届かないことが原因。
乾燥肌やむくみ、頭痛や肩こりや髪がぱさつく、手足の壊死や切断にもつながる可能性があるということです。
同じ姿勢を長い時間とらないことやふくらはぎをあたたかくすることが対処法としてあげられました。

<内蔵温度低下型冷え症の症状、原因、対処法>

内蔵が冷えてしまうのを押さえようと上半身に血液が集まってしまい、血が下半身に届かないことが原因、免疫力が下がったり、下痢や便秘、基礎代謝が落ちる、不妊症や月経不順の原因にも。
食生活を改めることやおなか付近をあたたかくすることが対処法として紹介されました。

<ストレス型冷え症の症状、原因、対処法>

悪寒のような冷え症で、神経バランスがストレスによってくずれたことによる血行不良が原因、慢性疲労や不眠症、自律神経症やうつ病に発展することも。
過度なダイエットによるストレスを避けることや首元をあたたかくするのが対処法として紹介されました。

<足湯や靴下の間違い>

足湯は出てしばらく経ってから冷えてしまわないように足を水をしぼったタオルで拭きます。
靴下はゆるいのはいいようです。レッグウォーマーはいいようですが、いずれにしてもゆるめのものを。
紅茶の方がコーヒーよりいいようです。

冷え症を改善するお風呂の入り方>

1、2分から3分ほどひざの下をお湯につかります。
2、3分から5分腰からしたをつかります。
3、3分ほど心臓より下をつかります。
4、最後に1分から2分ほど首までつかります。
5、お風呂から上がったら足を冷たいタオルで包みます。

冷え症対策体操>

冷え症対策体操1、考えるひと体操
1、ひじで考えるひとの銅像のようなポーズを取ります。
2、ひじと反対側のひざをつけます。
3、反対側も同様に行います。
4、5〜10回が1セットで1日に2〜3回行います。


冷え症対策体操2、タケコプター
1、タケコプターのように真横に両腕を広げます。
2、そのまま体のひねります。
3、5回を1セットとし、1日に2〜3回行います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。