たけしの家庭の医学 - 麻木久仁子非浸潤性乳がん脳梗塞国立がん研究センター木下貴之平松秀子

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 麻木久仁子非浸潤性乳がん脳梗塞国立がん研究センター木下貴之平松秀子

たけしのみんなの家庭の医学で麻木久仁子さんの病、非浸潤性乳がん、脳梗塞などについて国立がん研究センター木下貴之先生、平松秀子先生等が紹介

本当は怖い身近な症状
芸能人が自ら警告!SP

頭痛=〇〇病
腹痛=〇〇病
リバウンド=?

どんな危険な病に至るのか?

3日後にある手術を控えた芸能人

麻木久仁子さん50歳

1、乳がん
右の乳房に陰が
3年前の検査では異変がなかったが
乳がんの手術を控えていた

2、脳梗塞


2つの病との闘い

2010年

症状1
右手と右足がしびれて動かない
30秒ほど経つとおさまってしまった

東京女子医科大学病院を予約して検査

症状2
右手と右足がふたたび麻痺

また30秒ほど経つとしびれがおさまった

症状3
右手が再び麻痺
クイズ番組中
答えは分かっているのに手が動かない
ギリギリで乗り切ったが

中脳のあたりに小さな脳梗塞が見つかった

このときまだ40代だったのになぜ?

これといって異常はなかった

ストレスの可能性が

ストレス=自律神経のバランス、ホルモンの影響
=血管収縮、血圧上昇=脳梗塞

2012年8月
乳がん

東京女子医科大学病院で人間ドック

東京広尾
平松レディースクリニックで乳がん検査
院長:乳腺の専門医:平松秀子先生

3年前は異常が見つからなかった

2012年8月7日
マンモグラフィーとエコー検査を受ける

左右の乳房に黒い薄い陰が

東京築地
国立がん研究センター中央病院
木下貴之先生

8月24日
精密検査
MRIなど

・非浸潤性乳がん
がんの組織が小葉や乳管にたまっているがん
転移を起こすリスクは低く
完全切除すればほぼ再発しない

一人娘に乳がんを伝えた

11月14日
手術開始

乳首にがんの侵入はなし

12月4日
検査結果

すべて摘出成功

一ヶ月半
ほぼ毎日放射線治療を受ける
治療はこれで終了
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 麻木久仁子非浸潤性乳がん脳梗塞国立がん研究センター木下貴之平松秀子

たけしのみんなの家庭の医学で麻木久仁子さんの病、非浸潤性乳がん、脳梗塞などについて国立がん研究センター木下貴之先生、平松秀子先生等が紹介

本当は怖い身近な症状
芸能人が自ら警告!SP

頭痛=〇〇病
腹痛=〇〇病
リバウンド=?

どんな危険な病に至るのか?

3日後にある手術を控えた芸能人

麻木久仁子さん50歳

1、乳がん
右の乳房に陰が
3年前の検査では異変がなかったが
乳がんの手術を控えていた

2、脳梗塞


2つの病との闘い

2010年

症状1
右手と右足がしびれて動かない
30秒ほど経つとおさまってしまった

東京女子医科大学病院を予約して検査

症状2
右手と右足がふたたび麻痺

また30秒ほど経つとしびれがおさまった

症状3
右手が再び麻痺
クイズ番組中
答えは分かっているのに手が動かない
ギリギリで乗り切ったが

中脳のあたりに小さな脳梗塞が見つかった

このときまだ40代だったのになぜ?

これといって異常はなかった

ストレスの可能性が

ストレス=自律神経のバランス、ホルモンの影響
=血管収縮、血圧上昇=脳梗塞

2012年8月
乳がん

東京女子医科大学病院で人間ドック

東京広尾
平松レディースクリニックで乳がん検査
院長:乳腺の専門医:平松秀子先生

3年前は異常が見つからなかった

2012年8月7日
マンモグラフィーとエコー検査を受ける

左右の乳房に黒い薄い陰が

東京築地
国立がん研究センター中央病院
木下貴之先生

8月24日
精密検査
MRIなど

・非浸潤性乳がん
がんの組織が小葉や乳管にたまっているがん
転移を起こすリスクは低く
完全切除すればほぼ再発しない

一人娘に乳がんを伝えた

11月14日
手術開始

乳首にがんの侵入はなし

12月4日
検査結果

すべて摘出成功

一ヶ月半
ほぼ毎日放射線治療を受ける
治療はこれで終了

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。