はなまるマーケット - 猫背解消ストレッチキャットレッチ碓田拓磨脳梗塞佐々木康一 平泉裕

覚え書き
Sponsored Link

はなまるマーケット - 猫背解消ストレッチキャットレッチ碓田拓磨脳梗塞佐々木康一 平泉裕

はなまるマーケットで猫背解消ストレッチ(キャットレッチ)を碓田拓磨先生が紹介

ホントは怖い!
万病のもと「猫背」のカンタン解消法

猫背で脳梗塞?命を守る解消法>

東京都新宿区
早稲田大学

体のまるまりを埋め合わせるためにキャットレッチがある

キャットレッチ=猫背解消ストレッチ

日本全国から講演依頼が
猫背本は次々と発売

猫背で命の危険
ある日突然、脳梗塞になる可能性も

こういち整形外科脳神経内科院長
佐々木康一先生

猫背がもたらす症状
頭痛、くびのこり、胃のもたれ
手足のしびれ、脳梗塞、くも膜下出血
肩こり、腰痛、便秘

頭の重さはボーリングの球とおなじくらい

<放っておくと命の危険:体のゆがみ猫背

背中猫背
猫背
猫背
など色々なタイプがある

背骨のスペシャリスト
昭和大学病院整形外科:平泉裕先生

猫背は楽な姿勢という人がいるが

猫背の原因
スマートフォンを長時間使用

猫背カンタン対処法>

たすきがけ:
肩甲骨が広がり、正しい姿勢に

重いものはなるべくもたない

<まさか猫背で!脳梗塞の危険>

椎骨動脈

悪い姿勢で血管が慢性的に圧迫され
強い衝撃により血管がさける可能性が

猫背度チェック:
よく足をくむ
よく腕をくむ
いすに座ると背もたれによりかかる
ソファに座ることが多い
スマートフォンを長時間使う
寝ながらテレビを見る
よこ座り(お姉さん座り)をよくする
いつも同じ腕でバッグを持つ
高さ15センチ以上のある枕で寝ている
最近運動をしていない

多ければ多いほど危険

<目指せ姿勢美人!カンタン猫背解消法>

早稲田大学保健体育講師
碓田拓磨先生

猫背チェック
上体反らし

普段の猫背はしかたない
埋め合わせが大事

<わずか10秒!猫背解消ストレッチ>

前に丸まっている肩を引く
下を向いた首を後ろにそらす
この動作を埋め合わせ

1、イスに座り、背筋を伸ばす
2、手のひらが上、体の後ろで指を組む
3、肩甲骨をよせて息を吸う
4、息を吐きながら頭を倒す

・良い姿勢を保つためのストレッチ

イスの高さは膝下
座る位置はなるべく前

1、背中を伸ばし、浅めに座る
2、ひじを伸ばしながら肩幅に枕を持つ
3、お腹をへこませたまま枕を持ち上げる
4、枕をゆっくりとおろす
1回5回〜10回
朝晩行う
Sponsored Link

はなまるマーケット - 猫背解消ストレッチキャットレッチ碓田拓磨脳梗塞佐々木康一 平泉裕

はなまるマーケットで猫背解消ストレッチ(キャットレッチ)を碓田拓磨先生が紹介

ホントは怖い!
万病のもと「猫背」のカンタン解消法

猫背で脳梗塞?命を守る解消法>

東京都新宿区
早稲田大学

体のまるまりを埋め合わせるためにキャットレッチがある

キャットレッチ=猫背解消ストレッチ

日本全国から講演依頼が
猫背本は次々と発売

猫背で命の危険
ある日突然、脳梗塞になる可能性も

こういち整形外科脳神経内科院長
佐々木康一先生

猫背がもたらす症状
頭痛、くびのこり、胃のもたれ
手足のしびれ、脳梗塞、くも膜下出血
肩こり、腰痛、便秘

頭の重さはボーリングの球とおなじくらい

<放っておくと命の危険:体のゆがみ猫背

背中猫背
猫背
猫背
など色々なタイプがある

背骨のスペシャリスト
昭和大学病院整形外科:平泉裕先生

猫背は楽な姿勢という人がいるが

猫背の原因
スマートフォンを長時間使用

猫背カンタン対処法>

たすきがけ:
肩甲骨が広がり、正しい姿勢に

重いものはなるべくもたない

<まさか猫背で!脳梗塞の危険>

椎骨動脈

悪い姿勢で血管が慢性的に圧迫され
強い衝撃により血管がさける可能性が

猫背度チェック:
よく足をくむ
よく腕をくむ
いすに座ると背もたれによりかかる
ソファに座ることが多い
スマートフォンを長時間使う
寝ながらテレビを見る
よこ座り(お姉さん座り)をよくする
いつも同じ腕でバッグを持つ
高さ15センチ以上のある枕で寝ている
最近運動をしていない

多ければ多いほど危険

<目指せ姿勢美人!カンタン猫背解消法>

早稲田大学保健体育講師
碓田拓磨先生

猫背チェック
上体反らし

普段の猫背はしかたない
埋め合わせが大事

<わずか10秒!猫背解消ストレッチ>

前に丸まっている肩を引く
下を向いた首を後ろにそらす
この動作を埋め合わせ

1、イスに座り、背筋を伸ばす
2、手のひらが上、体の後ろで指を組む
3、肩甲骨をよせて息を吸う
4、息を吐きながら頭を倒す

・良い姿勢を保つためのストレッチ

イスの高さは膝下
座る位置はなるべく前

1、背中を伸ばし、浅めに座る
2、ひじを伸ばしながら肩幅に枕を持つ
3、お腹をへこませたまま枕を持ち上げる
4、枕をゆっくりとおろす
1回5回〜10回
朝晩行う

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。