ためしてガッテン - 関節リウマチ治療らくらくストレッチやり方生物学的製剤抗リウマチ薬サイトカイン骨破壊山中寿

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - 関節リウマチ治療らくらくストレッチやり方生物学的製剤抗リウマチ薬サイトカイン骨破壊山中寿

NHKためしてガッテンで関節リウマチ治療やらくらくストレッチのやり方、生物学的製剤、抗リウマチ薬、サイトカインや骨破壊などについて山中寿さん等が紹介

関節リウマチ治療が大進化

30代から要注意
関節の痛み→骨破壊

47歳の女性
病気のため指が大きく曲がってしまった
腕を伸ばすなどのたびにひどく痛む

関節リウマチ

30代、40代でもかかる

早期発見が多い

医療が大進化
関節がこわれるまえに関節リウマチを抑えてしまう

関節リウマチ
全身に激痛
骨まで破壊
止められない

寛解:
症状がおさまり、ほぼ普通に日常生活をおくれる状態

5年前紹介された患者さん
料理も普通にはできない

・47歳の女性
15年前に関節リウマチを発症
床に落ちたものを拾うのもきつい

31歳のとき
肩の痛みを感じた
しかし、関節リウマチではないと言われた
そして何件か回って
早期の関節リウマチ

発症:肩31歳のとき、関節の炎症(滑膜炎)
1998年1月
診断:早期関節リウマチ
投薬:抗リウマチ薬、消炎剤、鎮痛剤など

・31歳の女性
寝たきりの状態

薬を服用し1年後
包丁も自由自在
お米もとげるように
走れるようにもなった

発症:手の指30歳のとき、関節の炎症(滑膜炎)
2011年10月
診断:早期関節リウマチ
投薬:抗リウマチ薬など

3、40代の女性の発症率が高い

<どうやって気付く?早期発見の落とし穴>

1、変形性関節症
2、骨折
3、関節リウマチ

5人中1人しかあたらない

かなりの経験が必要?

運命を分ける瞬間
免疫細胞
サイトカインの嵐が起きる前に治療を始められるかどうか

超早期発見が大事

2011年8月に発症してから2ヶ月
1996年の3月に発症してから1年10ヶ月
サイトカインの嵐は発症から6ヶ月と言われている

・東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター所長
山中寿さん

<これが新常識!超早期診断とは>

小松さん
超音波による画像診断

早期関節リウマチ
発症から2年まで
だったが2008年から6ヶ月までと変わった

生物学的製剤
伝令役であるサイトカインを黙らせる

サイトカインは病気が進むと量、種類が急増
その前に投薬をはじめることが大切

投薬は続ける場合が多い
症状がよくなれば休止することも

副作用:
ウイルスや細菌への免疫機能が低下することがある

関節リウマチのサイン:
関節の腫れ
触るとブヨブヨ
朝の痛み、違和感

見分けるポイント:
手指の第二、第三関節、手首が痛む、腫れる
横からさわるとゴムのようにやわらかい
朝起きたときに痛い、動かしにくい(こわばる)

症状が気になったらリウマチ科へ
整形外科や内科でも受診可能

<関節が動く!痛みがとれる!らくらくストレッチ>

67歳の女性
15年前に関節リウマチを発症

しかし、絵を描けるようになった

悪循環:
痛いから動かさない
血流が悪くなる
筋肉がかたくなる
関節がうごかなくなる

関節が動かないからといって
必ずしも骨破壊が起きているわけはない

・リハビリテーション中伊豆温泉病院作業療法士:林正春さん
静岡県

肩の高さまで両手をあげて
ゆっくりにぎって、開く
痛くならないように手のひらを最大限に開いたら10秒キープ
ゆっくりグーにする(親指は外側に出す)
10秒キープ
1セット3回から5回を毎日続ける

握力が戻ってくる

炎症、骨破壊、痛みがある場合は
専門家の指示に従う
Sponsored Link

ためしてガッテン - 関節リウマチ治療らくらくストレッチやり方生物学的製剤抗リウマチ薬サイトカイン骨破壊山中寿

NHKためしてガッテンで関節リウマチ治療やらくらくストレッチのやり方、生物学的製剤、抗リウマチ薬、サイトカインや骨破壊などについて山中寿さん等が紹介

関節リウマチ治療が大進化

30代から要注意
関節の痛み→骨破壊

47歳の女性
病気のため指が大きく曲がってしまった
腕を伸ばすなどのたびにひどく痛む

関節リウマチ

30代、40代でもかかる

早期発見が多い

医療が大進化
関節がこわれるまえに関節リウマチを抑えてしまう

関節リウマチ
全身に激痛
骨まで破壊
止められない

寛解:
症状がおさまり、ほぼ普通に日常生活をおくれる状態

5年前紹介された患者さん
料理も普通にはできない

・47歳の女性
15年前に関節リウマチを発症
床に落ちたものを拾うのもきつい

31歳のとき
肩の痛みを感じた
しかし、関節リウマチではないと言われた
そして何件か回って
早期の関節リウマチ

発症:肩31歳のとき、関節の炎症(滑膜炎)
1998年1月
診断:早期関節リウマチ
投薬:抗リウマチ薬、消炎剤、鎮痛剤など

・31歳の女性
寝たきりの状態

薬を服用し1年後
包丁も自由自在
お米もとげるように
走れるようにもなった

発症:手の指30歳のとき、関節の炎症(滑膜炎)
2011年10月
診断:早期関節リウマチ
投薬:抗リウマチ薬など

3、40代の女性の発症率が高い

<どうやって気付く?早期発見の落とし穴>

1、変形性関節症
2、骨折
3、関節リウマチ

5人中1人しかあたらない

かなりの経験が必要?

運命を分ける瞬間
免疫細胞
サイトカインの嵐が起きる前に治療を始められるかどうか

超早期発見が大事

2011年8月に発症してから2ヶ月
1996年の3月に発症してから1年10ヶ月
サイトカインの嵐は発症から6ヶ月と言われている

・東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター所長
山中寿さん

<これが新常識!超早期診断とは>

小松さん
超音波による画像診断

早期関節リウマチ
発症から2年まで
だったが2008年から6ヶ月までと変わった

生物学的製剤
伝令役であるサイトカインを黙らせる

サイトカインは病気が進むと量、種類が急増
その前に投薬をはじめることが大切

投薬は続ける場合が多い
症状がよくなれば休止することも

副作用:
ウイルスや細菌への免疫機能が低下することがある

関節リウマチのサイン:
関節の腫れ
触るとブヨブヨ
朝の痛み、違和感

見分けるポイント:
手指の第二、第三関節、手首が痛む、腫れる
横からさわるとゴムのようにやわらかい
朝起きたときに痛い、動かしにくい(こわばる)

症状が気になったらリウマチ科へ
整形外科や内科でも受診可能

<関節が動く!痛みがとれる!らくらくストレッチ>

67歳の女性
15年前に関節リウマチを発症

しかし、絵を描けるようになった

悪循環:
痛いから動かさない
血流が悪くなる
筋肉がかたくなる
関節がうごかなくなる

関節が動かないからといって
必ずしも骨破壊が起きているわけはない

・リハビリテーション中伊豆温泉病院作業療法士:林正春さん
静岡県

肩の高さまで両手をあげて
ゆっくりにぎって、開く
痛くならないように手のひらを最大限に開いたら10秒キープ
ゆっくりグーにする(親指は外側に出す)
10秒キープ
1セット3回から5回を毎日続ける

握力が戻ってくる

炎症、骨破壊、痛みがある場合は
専門家の指示に従う

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。