たけしの家庭の医学 - めまいリハビリ体操やり方耳の刺激体操目の刺激体操足の裏の刺激体操マンテスト小脳新井基洋村主章枝

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - めまいリハビリ体操やり方耳の刺激体操目の刺激体操足の裏の刺激体操マンテスト小脳新井基洋村主章枝

たけしのみんなの家庭の医学でめまいリハビリ体操のやり方(耳の刺激体操、目の刺激体操、足の裏の刺激体操)やマンテスト、小脳などについて新井基洋先生、村主章枝選手を交えて紹介


しつこい身体の不調を改善する
5つの新事実SP

めまい


めまいの新事実:
長引くめまいを改善するヒントが
フィギュアスケート選手にあった

ふとした拍子にふらっとする
特に女性に多い

原因が分からず悩まされる場合も

<フィギュアスケート選手は目が回らない?長引くめまい改善のヒント>

フィギュアスケート選手は
あれだけ回っていもめまいがないのはなぜ?

・神奈川県横浜市立みなと赤十字病院
耳鼻咽喉科部長:新井基洋先生

フィギュアスケートは左回転
左の三半規管だけが刺激
めまいを起こしているのと同じ状態

・神奈川スケートリンク
村主章枝選手


ぐるぐる回ってから走〜る
特別製の回転イスでめまいの状態を人工的に作る
1分間30回転
回転直後に7mの渡り廊下を歩く

村主章枝さんが挑戦
全然大丈夫
クリア

村主章枝選手の回転実験
1分間60回転でもめまいを起こさないのか?
クリア

フィギュアスケートの選手:
練習を重ねて慣れることで
回転でのめまいを抑えている

慣れない右回り

脳の活動量を測定するf-MRIで
村主章枝選手の脳を調べる

小脳はバランスの司令塔

片方の三半規管がこわれると
バランス感覚の差が埋められない

小脳:
バランス感覚を司る中枢器官

<長引くめまいを改善するには小脳を鍛える!その方法とは>

小脳を鍛えて機能をアップ=めまいの症状を改善出来る

小脳を鍛えておけば
軽い三半規管の左右差は補正出来る
めまいの病になっても回復しやすい

<メディカルチェック:平衡感覚をカンタンチェック!マンテスト>

マンテスト:
小脳や三半規管など平衡感覚に関わる部分をチェックする検査

マンテストやり方:
足をたてに並べ
目を閉じて30秒立つ
30秒バランスを保っていられたらクリア

めまいのある人ができなかったら
三半規管の機能に左右差があり
小脳がそれを修正できていない

めまいのない人が出来なかったら
将来的にめまいになる可能性も

<小脳を鍛えてめまいを治す!めまいリハビリ体操>

この体操は
めまいを誘発することがあるので
強いめまいがある場合は
医師との相談のこと

長引くめまいのタイプ:
1、頭を動かしたときにめまいを起こす
耳の刺激体操
目の前に立てた親指を見ながら左右に20回頭を動かす


2、目線を動かした時
目の刺激体操
頭が動かないよう、人差し指であごを押さえる
身体の正面に立てた親指を左右に動かす
目線だけで動きを追う

3、立ったり歩いたりするときに起きるめまい
足の裏の刺激体操
目を開けたまま立つ、座るを交互に5回行う
目を閉じて立つ、座るを交互に5回行う

早い人では2週間程度で効果が
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - めまいリハビリ体操やり方耳の刺激体操目の刺激体操足の裏の刺激体操マンテスト小脳新井基洋村主章枝

たけしのみんなの家庭の医学でめまいリハビリ体操のやり方(耳の刺激体操、目の刺激体操、足の裏の刺激体操)やマンテスト、小脳などについて新井基洋先生、村主章枝選手を交えて紹介


しつこい身体の不調を改善する
5つの新事実SP

めまい


めまいの新事実:
長引くめまいを改善するヒントが
フィギュアスケート選手にあった

ふとした拍子にふらっとする
特に女性に多い

原因が分からず悩まされる場合も

<フィギュアスケート選手は目が回らない?長引くめまい改善のヒント>

フィギュアスケート選手は
あれだけ回っていもめまいがないのはなぜ?

・神奈川県横浜市立みなと赤十字病院
耳鼻咽喉科部長:新井基洋先生

フィギュアスケートは左回転
左の三半規管だけが刺激
めまいを起こしているのと同じ状態

・神奈川スケートリンク
村主章枝選手


ぐるぐる回ってから走〜る
特別製の回転イスでめまいの状態を人工的に作る
1分間30回転
回転直後に7mの渡り廊下を歩く

村主章枝さんが挑戦
全然大丈夫
クリア

村主章枝選手の回転実験
1分間60回転でもめまいを起こさないのか?
クリア

フィギュアスケートの選手:
練習を重ねて慣れることで
回転でのめまいを抑えている

慣れない右回り

脳の活動量を測定するf-MRIで
村主章枝選手の脳を調べる

小脳はバランスの司令塔

片方の三半規管がこわれると
バランス感覚の差が埋められない

小脳:
バランス感覚を司る中枢器官

<長引くめまいを改善するには小脳を鍛える!その方法とは>

小脳を鍛えて機能をアップ=めまいの症状を改善出来る

小脳を鍛えておけば
軽い三半規管の左右差は補正出来る
めまいの病になっても回復しやすい

<メディカルチェック:平衡感覚をカンタンチェック!マンテスト>

マンテスト:
小脳や三半規管など平衡感覚に関わる部分をチェックする検査

マンテストやり方:
足をたてに並べ
目を閉じて30秒立つ
30秒バランスを保っていられたらクリア

めまいのある人ができなかったら
三半規管の機能に左右差があり
小脳がそれを修正できていない

めまいのない人が出来なかったら
将来的にめまいになる可能性も

<小脳を鍛えてめまいを治す!めまいリハビリ体操>

この体操は
めまいを誘発することがあるので
強いめまいがある場合は
医師との相談のこと

長引くめまいのタイプ:
1、頭を動かしたときにめまいを起こす
耳の刺激体操
目の前に立てた親指を見ながら左右に20回頭を動かす


2、目線を動かした時
目の刺激体操
頭が動かないよう、人差し指であごを押さえる
身体の正面に立てた親指を左右に動かす
目線だけで動きを追う

3、立ったり歩いたりするときに起きるめまい
足の裏の刺激体操
目を開けたまま立つ、座るを交互に5回行う
目を閉じて立つ、座るを交互に5回行う

早い人では2週間程度で効果が

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。