たけしの家庭の医学 - 痙縮最新治療手術バクロフェン髄腔内投与療法平孝臣

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 痙縮最新治療手術バクロフェン髄腔内投与療法平孝臣

たけしのみんなの家庭の医学で痙縮最新治療手術、バクロフェン髄腔内投与療法などについて紹介



絶対にやってはいけない!
間違った薬の使い方SP


薬の投与による画期的最新治療がある


今までは治療が難しかった手足のこわばりを治す!


東京新宿
東京女子医科大学病院

脳神経センター
三宅勝彦さん49歳

10年前脳幹出血を起こした
からだの自由がきかなくなった

痙縮:
筋肉が過度に緊張して自分の意思では手足が動かしにくくなる症状

手術前は
足を前に踏み出すことも出来なかった

薬による画期的な治療法を
受けるための手術を選択

歩行器を使って歩けるようになった

バクロフェン髄腔内投与療法
薬を飲むのでもない
注射するのでもない

・東京女子医科大学
脳神経外科教授:平孝臣先生

バクロフェンという薬を口から飲む量の
100分の1くらいの量を
その脊髄のところへ直接送り込むという治療

バクロフェンを入れるポンプを使う

<1人では生活できない51年苦しんだ手足のこわばり>
最新の薬治療で改善!

2012年11月11日

甲斐聖二さん51歳

バクロフェン髄腔内投与療法を5日後に受ける予定

生後6ヶ月で脳性麻痺を発症
車椅子での生活を余儀なくされた

1日16時間ヘルパーさんのサポートを受けている

4年前症状が悪化

手のしびれ
肩のこわばり
排泄もひとりでも出来ない

1年前決定的な症状
左足膝下の異常なこわばりと痛み

錠剤の副作用が

バクロフェン髄腔内投与療法を受けられることになった
11月14日入院

スクリーニング:
バクロフェンの効果の有無を確かめる検査

東京女子医科大学脳神経外科:後藤真一先生

バクロフェン髄腔内投与療法:
腹部と背中両方から行う

カテーテルがポイント
理想的なところへしっかりと固定しなければいけない

手術後

手足の痙縮がかなり緩和された
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 痙縮最新治療手術バクロフェン髄腔内投与療法平孝臣

たけしのみんなの家庭の医学で痙縮最新治療手術、バクロフェン髄腔内投与療法などについて紹介



絶対にやってはいけない!
間違った薬の使い方SP


薬の投与による画期的最新治療がある


今までは治療が難しかった手足のこわばりを治す!


東京新宿
東京女子医科大学病院

脳神経センター
三宅勝彦さん49歳

10年前脳幹出血を起こした
からだの自由がきかなくなった

痙縮:
筋肉が過度に緊張して自分の意思では手足が動かしにくくなる症状

手術前は
足を前に踏み出すことも出来なかった

薬による画期的な治療法を
受けるための手術を選択

歩行器を使って歩けるようになった

バクロフェン髄腔内投与療法
薬を飲むのでもない
注射するのでもない

・東京女子医科大学
脳神経外科教授:平孝臣先生

バクロフェンという薬を口から飲む量の
100分の1くらいの量を
その脊髄のところへ直接送り込むという治療

バクロフェンを入れるポンプを使う

<1人では生活できない51年苦しんだ手足のこわばり>
最新の薬治療で改善!

2012年11月11日

甲斐聖二さん51歳

バクロフェン髄腔内投与療法を5日後に受ける予定

生後6ヶ月で脳性麻痺を発症
車椅子での生活を余儀なくされた

1日16時間ヘルパーさんのサポートを受けている

4年前症状が悪化

手のしびれ
肩のこわばり
排泄もひとりでも出来ない

1年前決定的な症状
左足膝下の異常なこわばりと痛み

錠剤の副作用が

バクロフェン髄腔内投与療法を受けられることになった
11月14日入院

スクリーニング:
バクロフェンの効果の有無を確かめる検査

東京女子医科大学脳神経外科:後藤真一先生

バクロフェン髄腔内投与療法:
腹部と背中両方から行う

カテーテルがポイント
理想的なところへしっかりと固定しなければいけない

手術後

手足の痙縮がかなり緩和された

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。