たけしの家庭の医学 - スティーブンスジョンソン症候群薬剤性間質性肺炎アナフィラキシーショック風邪薬副作用相原道子

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - スティーブンスジョンソン症候群薬剤性間質性肺炎アナフィラキシーショック風邪薬副作用相原道子

たけしのみんなの家庭の医学でスティーブンスジョンソン症候群、薬剤性間質性肺炎、アナフィラキシーショック、風邪薬の副作用などについて相原道子先生等が紹介

絶対にやってはいけない!
間違った薬の使い方SP


<絶対にやってはいけない!間違った薬の使い方2>


本当は怖い風邪薬

重大な副作用で死亡も

薬局で購入出来る薬の使用後に24人が死亡
最も多いのが風邪薬

<命に関わる危険性も>
いつも飲んでる風邪薬の意外な副作用の正体

48歳の女性

家計は火の車
3年前からパート

11月下旬
風邪?
のどの痛みなどの症状
熱は37.1

用量を確認し風邪薬を飲んだ
しかし説明書は読まなかった

翌朝
喉の痛みも消えて熱も下がった
風邪薬を飲まなかった

ところが翌朝
だるく熱っぽい
熱は38.2度

症状1:高熱
ふたたびいつもの風邪薬を飲んだ
ベッドで体を休めることに
数時間後

症状2:目の充血

症状3:痛がゆい発疹

また風邪薬を服用

その夜
熱は下がらない

症状4:
発疹がひりひり痛み広がる

症状5:顔中に発疹

症状6:唇がただれる

緊急入院
集中治療室へ

病名:
スティーブンスジョンソン症候群

スティーブンスジョンソン症候群とは
皮膚や粘膜が急速に破壊される病

原因は薬の成分に対するアレルギー反応

市販薬だけでなく処方薬や病院で使われる薬も
発症する危険性はある

飲み慣れた薬でも突然発症

重症化を食い止めるチャンス
1、高熱
2、目の充血
3、発疹

スティーブンスジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)を起こす可能性のある薬の説明書には
服用後の症状によって副作用の可能性があるのでただちに服用を中止し、医師や薬剤師へ

・特に多い薬の副作用
1、風邪の症状と間違えやすい副作用

28歳の男性
背中に悪寒
37.2度
常備していた薬で対処
説明書を読まなかった

症状1:下がらない熱
鼻水やくしゃみは治まっているのに

症状2:倦怠感

症状3:乾いた咳

症状4:息切れ

症状5:呼吸困難

病名:
薬剤性間質性肺炎

薬剤性間質性肺炎:
薬の成分に対するアレルギー反応

・薬剤性間質性肺炎の代表的な症状

1、下がらない熱
2、乾いた咳

1日3回の服用を2日続けても治らない場合
別の病の可能性を疑うことが大事


・特に多い薬の副作用
2、服用後すぐに現れる症状

薬を飲んでから30分で
意外な副作用

27歳の女性
ネイルサロン

片頭痛が

説明書を読まずに薬を飲んだ

また片頭痛
そして用意していた鎮痛剤を飲んだ

30分後

症状1、じんましん

1時間後
じんましんは消えた


症状2、顔面の腫れ

アナフィラキシーショック:
劇症型のアレルギー反応

薬の服用、蜂に刺される、食べ物
様々な原因で発症する

水ぶくれのようなじんましんがアナフィラキシーショックの初期症状だった

・横浜市立大学大学院医学研究科教授
相原道子先生

薬の副作用で発生した入院費等が
条件を満たせば支払われる
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - スティーブンスジョンソン症候群薬剤性間質性肺炎アナフィラキシーショック風邪薬副作用相原道子

たけしのみんなの家庭の医学でスティーブンスジョンソン症候群、薬剤性間質性肺炎、アナフィラキシーショック、風邪薬の副作用などについて相原道子先生等が紹介

絶対にやってはいけない!
間違った薬の使い方SP


<絶対にやってはいけない!間違った薬の使い方2>


本当は怖い風邪薬

重大な副作用で死亡も

薬局で購入出来る薬の使用後に24人が死亡
最も多いのが風邪薬

<命に関わる危険性も>
いつも飲んでる風邪薬の意外な副作用の正体

48歳の女性

家計は火の車
3年前からパート

11月下旬
風邪?
のどの痛みなどの症状
熱は37.1

用量を確認し風邪薬を飲んだ
しかし説明書は読まなかった

翌朝
喉の痛みも消えて熱も下がった
風邪薬を飲まなかった

ところが翌朝
だるく熱っぽい
熱は38.2度

症状1:高熱
ふたたびいつもの風邪薬を飲んだ
ベッドで体を休めることに
数時間後

症状2:目の充血

症状3:痛がゆい発疹

また風邪薬を服用

その夜
熱は下がらない

症状4:
発疹がひりひり痛み広がる

症状5:顔中に発疹

症状6:唇がただれる

緊急入院
集中治療室へ

病名:
スティーブンスジョンソン症候群

スティーブンスジョンソン症候群とは
皮膚や粘膜が急速に破壊される病

原因は薬の成分に対するアレルギー反応

市販薬だけでなく処方薬や病院で使われる薬も
発症する危険性はある

飲み慣れた薬でも突然発症

重症化を食い止めるチャンス
1、高熱
2、目の充血
3、発疹

スティーブンスジョンソン症候群(皮膚粘膜眼症候群)を起こす可能性のある薬の説明書には
服用後の症状によって副作用の可能性があるのでただちに服用を中止し、医師や薬剤師へ

・特に多い薬の副作用
1、風邪の症状と間違えやすい副作用

28歳の男性
背中に悪寒
37.2度
常備していた薬で対処
説明書を読まなかった

症状1:下がらない熱
鼻水やくしゃみは治まっているのに

症状2:倦怠感

症状3:乾いた咳

症状4:息切れ

症状5:呼吸困難

病名:
薬剤性間質性肺炎

薬剤性間質性肺炎:
薬の成分に対するアレルギー反応

・薬剤性間質性肺炎の代表的な症状

1、下がらない熱
2、乾いた咳

1日3回の服用を2日続けても治らない場合
別の病の可能性を疑うことが大事


・特に多い薬の副作用
2、服用後すぐに現れる症状

薬を飲んでから30分で
意外な副作用

27歳の女性
ネイルサロン

片頭痛が

説明書を読まずに薬を飲んだ

また片頭痛
そして用意していた鎮痛剤を飲んだ

30分後

症状1、じんましん

1時間後
じんましんは消えた


症状2、顔面の腫れ

アナフィラキシーショック:
劇症型のアレルギー反応

薬の服用、蜂に刺される、食べ物
様々な原因で発症する

水ぶくれのようなじんましんがアナフィラキシーショックの初期症状だった

・横浜市立大学大学院医学研究科教授
相原道子先生

薬の副作用で発生した入院費等が
条件を満たせば支払われる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。