ソロモン流 - 石川さゆり歌芝居津軽海峡冬景色天城越え荒木飛呂彦

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 石川さゆり歌芝居津軽海峡冬景色天城越え荒木飛呂彦

ソロモン流に石川さゆりさんが登場


歌手石川さゆりさん

本屋に行くとあっという間にものすごい時間が経ってしまう

音楽へのこだわり

デビュー40周年

芝居にも取り組んでいる
一人四役
過酷な稽古

母親として

<歌手人生40周年:石川さゆりさんに完全密着>

神奈川県相模原市
相模大野グリーンホール

チケットは完売
しかし石川さゆりさんが渋滞で来られない?

まっすぐステージへ
リハーサルをしに
もうお客さんが入ってくる時間

スタッフの絆がピンチを乗り越える秘訣

休憩どころか食事もとらずにステージへ

津軽海峡冬景色

お土産をいただきながらも
冗談を

夫婦愛
激しい恋

今までコンサートを一万回

清潔感がある色気
彼女がいるから今年もがんばれる
とファン

<ジャンルを超えた活躍>

六本木ヒルズ

荒木飛呂彦さん
原画展ジョジョ展

石川さゆりさんの絵も

くるりの岸田繁さんにも曲提供してもらった
山査子

小田和正さん主宰の野外コンサートにも参加

テイチク

40周年記念
石川さゆり音楽会:感じるままに
一人四役の歌芝居

作詞作曲
山崎ハコさん

若草恵さん

G2さん
おくりびとなどでも話題の演出家

歌芝居:一葉の恋
樋口一葉

スケジュール調整

<音楽への飽くなき追求>


大田区東糀谷
羽田スタジオ

音楽会リハーサル

歌が聞こえない
これじゃ歌えない

こんなもんでで始めてしまうとみんなゆるくなる

ラテンナンバーに

港区麻布十番
つづきスタジオ

歌芝居の稽古

娘さんからの電話
ごはんはどうするの?って言ってくれる

文京区本郷

金魚屋さんを
長女、佐保里さん28歳と訪ねた

金魚坂
創業350年
樋口一葉さんも通った場所

石川さゆりさん
ねこふんじゃった
JFNネット14局で放送中

<うれしいときも悲しいときも>

1958年熊本県熊本市生まれ

小学生の時お母さんと島倉千代子さんのコンサートへ
中学生で歌のレッスン
レッスン代は牛乳配達で稼いだ
14歳でこども歌謡選手権で優勝
ドラマ光る海に出演
主役の妹役
15歳でかくれんぼでデビュー

4年近く経ってもヒットが出ない
しかしたまたま365日恋もようというアルバムの一曲が話題に
それが津軽海峡冬景色

19歳で日本歌謡大賞放送音楽

1981年
23歳で結婚、26歳で出産

あまり幸せすぎる歌手はどうかと思うな
幸せ感をこわしたいとして吉岡治さんが書いたのが
1986年天城越えだった

誰かに盗られるくらいないなら
あなたを殺していいですか
最初に歌詞をいただいたときは
どうしたものかな
と思った

31歳で離婚

<民謡の存続をかけて>

宮城県
被災地を訪れた

浜唄
が出来た
船は出て行く
朝日が昇る
かもめ飛び立つ

<石川さゆりさんおすすめ!代官山の絶品イタリア料理>

リストランテASO

ながらが嫌い

パートナーはいない
予定はない
が、お待ちしております

津軽海峡冬景色は35年前の歌だが
飽きたことは無い

歌と自分の距離感はいつも安定しないでいたい

青山劇場で初日

ガンバリますということは嫌い
我を張らずにみんなを楽しませるようにがんばる
Sponsored Link

ソロモン流 - 石川さゆり歌芝居津軽海峡冬景色天城越え荒木飛呂彦

ソロモン流に石川さゆりさんが登場


歌手石川さゆりさん

本屋に行くとあっという間にものすごい時間が経ってしまう

音楽へのこだわり

デビュー40周年

芝居にも取り組んでいる
一人四役
過酷な稽古

母親として

<歌手人生40周年:石川さゆりさんに完全密着>

神奈川県相模原市
相模大野グリーンホール

チケットは完売
しかし石川さゆりさんが渋滞で来られない?

まっすぐステージへ
リハーサルをしに
もうお客さんが入ってくる時間

スタッフの絆がピンチを乗り越える秘訣

休憩どころか食事もとらずにステージへ

津軽海峡冬景色

お土産をいただきながらも
冗談を

夫婦愛
激しい恋

今までコンサートを一万回

清潔感がある色気
彼女がいるから今年もがんばれる
とファン

<ジャンルを超えた活躍>

六本木ヒルズ

荒木飛呂彦さん
原画展ジョジョ展

石川さゆりさんの絵も

くるりの岸田繁さんにも曲提供してもらった
山査子

小田和正さん主宰の野外コンサートにも参加

テイチク

40周年記念
石川さゆり音楽会:感じるままに
一人四役の歌芝居

作詞作曲
山崎ハコさん

若草恵さん

G2さん
おくりびとなどでも話題の演出家

歌芝居:一葉の恋
樋口一葉

スケジュール調整

<音楽への飽くなき追求>


大田区東糀谷
羽田スタジオ

音楽会リハーサル

歌が聞こえない
これじゃ歌えない

こんなもんでで始めてしまうとみんなゆるくなる

ラテンナンバーに

港区麻布十番
つづきスタジオ

歌芝居の稽古

娘さんからの電話
ごはんはどうするの?って言ってくれる

文京区本郷

金魚屋さんを
長女、佐保里さん28歳と訪ねた

金魚坂
創業350年
樋口一葉さんも通った場所

石川さゆりさん
ねこふんじゃった
JFNネット14局で放送中

<うれしいときも悲しいときも>

1958年熊本県熊本市生まれ

小学生の時お母さんと島倉千代子さんのコンサートへ
中学生で歌のレッスン
レッスン代は牛乳配達で稼いだ
14歳でこども歌謡選手権で優勝
ドラマ光る海に出演
主役の妹役
15歳でかくれんぼでデビュー

4年近く経ってもヒットが出ない
しかしたまたま365日恋もようというアルバムの一曲が話題に
それが津軽海峡冬景色

19歳で日本歌謡大賞放送音楽

1981年
23歳で結婚、26歳で出産

あまり幸せすぎる歌手はどうかと思うな
幸せ感をこわしたいとして吉岡治さんが書いたのが
1986年天城越えだった

誰かに盗られるくらいないなら
あなたを殺していいですか
最初に歌詞をいただいたときは
どうしたものかな
と思った

31歳で離婚

<民謡の存続をかけて>

宮城県
被災地を訪れた

浜唄
が出来た
船は出て行く
朝日が昇る
かもめ飛び立つ

<石川さゆりさんおすすめ!代官山の絶品イタリア料理>

リストランテASO

ながらが嫌い

パートナーはいない
予定はない
が、お待ちしております

津軽海峡冬景色は35年前の歌だが
飽きたことは無い

歌と自分の距離感はいつも安定しないでいたい

青山劇場で初日

ガンバリますということは嫌い
我を張らずにみんなを楽しませるようにがんばる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。