ソロモン流 - 日高屋神田正チゲ味噌ラーメン

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 日高屋神田正チゲ味噌ラーメン

ソロモン流に日高屋の神田正さんが登場


熱烈中華食堂日高屋

300店舗を超えるチェーン店

ラーメン390円

転職を30回繰り返した


日高屋会長:神田正さん

<大衆中華で年商270億円:日高屋人気の理由>

安くて早くておいしい

女性客も多い
ひとりでも入れるし清潔

中華そば390円が人気
餃子6個200円
野菜たっぷりタンメン490円
一日に必要な野菜が摂取出来る

生ビールは300円
おつまみも豊富

お酒7杯
つまみ4皿で1人870円

新宿
駅前の一等地のみに店舗

<ハンバーガーと牛丼に追いつけ:日高屋驚きの戦略>

駅前で聞き込みをしまくる

日高屋CM
ハンバーガー、牛丼、明日は日高屋

<日高屋を一代で築いた男:56年越しのリベンジ>

・東武東上線上板橋駅

電車で登場
駅から2分に店舗

上板橋には特別な思い入れ
中卒ではじめて就職したのが上板橋
2週間で寂しくて泣きながら家に帰った

テーブル番号の位置を注意

<社員をやる気にさせる日高屋流経営術>

大宮駅

駅周辺に14店舗

店長会議が行われている

終了と同時に立ち飲み会
悩みや本音をぶつけあう

<どこで食べても同じ味:大衆中華日高屋の工夫>

初日の売上
目指せ50万円

安いしおいしいし
すごくうれしい
とお客さん

自動餃子焼き器

自動ゆで麺機

大宮本社
パソコン画面で店舗の状態をリアルタイムで受信

売上は35万円
神田正さんがぴったりと当てた

<転職30回から年商270億円へ:波乱万丈のラーメン人生>

1941年埼玉県日高市生まれ

村一番の貧乏

梅干しひとつしか入ってない弁当を新聞紙でかくして食べていた

中学卒業後町工場に就職

以来、なにをやっても長続きせず
転職30回

22歳のとき
友人のすすめでラーメン店に就職
ラーメンとのはじめての出会い

現金商売の魅力にはまった
お金を握るのがうれしい

自分の店を持ちたい

32歳で大宮駅に来来軒を創業

深夜営業を始める

駅前で深夜営業はあたる
2人の弟を呼び寄せ展開

53歳
新宿駅前にラーメン館を出店
ご当地ラーメンをひとつの店で食べられる

しかし、人気はすぐに下火に

決断1
徹底的にコストを見直し、ラーメンを値下げ

決断2
女性客が入りやすいようにショーウィンドウを設置

決断3
つまみメニューを増やし、ラーメン居酒屋に

決断4
初心に戻るため、店名を日高屋に変更

東証一部上場

人生を振り返ると人間の能力というのは大差ない
(本当に没頭してやったら)
やるかやらないかで人生決まる
本当にやると結構いいところ行っちゃうみんな

<オイシイは6割で良い:戦略>

今でも日に一度食べる

10人中6、7人おいしいでOK

<日高屋を生んだふるさと:人生を支え続けた言葉>

笠幡
埼玉県日高市

生まれ故郷の実家
一番下の妹さんが迎えてくれた
お母さんに会いに来た

こんなに苦労した人見たことない
今お店があるのはお母さんのおかげ

女手ひとつで家族のために働き続けた母

自分の好きなことやるのが一番いい
と言われたことが原動力に

<巨大工場に潜入>

埼玉県行田市
ハイデイ日高工場

製麺機
全長25m

業者から購入するよりコストダウン

・日高屋研修室テストキッチン

高橋均社長

新商品
チゲ味噌ラーメン
11月下旬発売予定

・立ち飲み日高:大宮すずらん通店

焼き鳥が主力メニュー

つまみは100円代

人間っていうのは若いときにね
4、5年は神が乗り移ったくらい
全身全霊で仕事に没頭する時期がある
それを経験した人が60歳過ぎで成功をつかむ
Sponsored Link

ソロモン流 - 日高屋神田正チゲ味噌ラーメン

ソロモン流に日高屋の神田正さんが登場


熱烈中華食堂日高屋

300店舗を超えるチェーン店

ラーメン390円

転職を30回繰り返した


日高屋会長:神田正さん

<大衆中華で年商270億円:日高屋人気の理由>

安くて早くておいしい

女性客も多い
ひとりでも入れるし清潔

中華そば390円が人気
餃子6個200円
野菜たっぷりタンメン490円
一日に必要な野菜が摂取出来る

生ビールは300円
おつまみも豊富

お酒7杯
つまみ4皿で1人870円

新宿
駅前の一等地のみに店舗

<ハンバーガーと牛丼に追いつけ:日高屋驚きの戦略>

駅前で聞き込みをしまくる

日高屋CM
ハンバーガー、牛丼、明日は日高屋

<日高屋を一代で築いた男:56年越しのリベンジ>

・東武東上線上板橋駅

電車で登場
駅から2分に店舗

上板橋には特別な思い入れ
中卒ではじめて就職したのが上板橋
2週間で寂しくて泣きながら家に帰った

テーブル番号の位置を注意

<社員をやる気にさせる日高屋流経営術>

大宮駅

駅周辺に14店舗

店長会議が行われている

終了と同時に立ち飲み会
悩みや本音をぶつけあう

<どこで食べても同じ味:大衆中華日高屋の工夫>

初日の売上
目指せ50万円

安いしおいしいし
すごくうれしい
とお客さん

自動餃子焼き器

自動ゆで麺機

大宮本社
パソコン画面で店舗の状態をリアルタイムで受信

売上は35万円
神田正さんがぴったりと当てた

<転職30回から年商270億円へ:波乱万丈のラーメン人生>

1941年埼玉県日高市生まれ

村一番の貧乏

梅干しひとつしか入ってない弁当を新聞紙でかくして食べていた

中学卒業後町工場に就職

以来、なにをやっても長続きせず
転職30回

22歳のとき
友人のすすめでラーメン店に就職
ラーメンとのはじめての出会い

現金商売の魅力にはまった
お金を握るのがうれしい

自分の店を持ちたい

32歳で大宮駅に来来軒を創業

深夜営業を始める

駅前で深夜営業はあたる
2人の弟を呼び寄せ展開

53歳
新宿駅前にラーメン館を出店
ご当地ラーメンをひとつの店で食べられる

しかし、人気はすぐに下火に

決断1
徹底的にコストを見直し、ラーメンを値下げ

決断2
女性客が入りやすいようにショーウィンドウを設置

決断3
つまみメニューを増やし、ラーメン居酒屋に

決断4
初心に戻るため、店名を日高屋に変更

東証一部上場

人生を振り返ると人間の能力というのは大差ない
(本当に没頭してやったら)
やるかやらないかで人生決まる
本当にやると結構いいところ行っちゃうみんな

<オイシイは6割で良い:戦略>

今でも日に一度食べる

10人中6、7人おいしいでOK

<日高屋を生んだふるさと:人生を支え続けた言葉>

笠幡
埼玉県日高市

生まれ故郷の実家
一番下の妹さんが迎えてくれた
お母さんに会いに来た

こんなに苦労した人見たことない
今お店があるのはお母さんのおかげ

女手ひとつで家族のために働き続けた母

自分の好きなことやるのが一番いい
と言われたことが原動力に

<巨大工場に潜入>

埼玉県行田市
ハイデイ日高工場

製麺機
全長25m

業者から購入するよりコストダウン

・日高屋研修室テストキッチン

高橋均社長

新商品
チゲ味噌ラーメン
11月下旬発売予定

・立ち飲み日高:大宮すずらん通店

焼き鳥が主力メニュー

つまみは100円代

人間っていうのは若いときにね
4、5年は神が乗り移ったくらい
全身全霊で仕事に没頭する時期がある
それを経験した人が60歳過ぎで成功をつかむ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。