たけしの家庭の医学 - 不眠の原因診断チャート慢性硬膜下血腫精神生理不眠内村直尚冠動脈バイパス手術心臓血管外科医天野篤

覚え書き
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 不眠の原因診断チャート慢性硬膜下血腫精神生理不眠内村直尚冠動脈バイパス手術心臓血管外科医天野篤

たけしのみんなの家庭の医学で不眠の原因診断チャートや慢性硬膜下血腫、精神生理不眠について内村直尚先生、心臓血管外科医天野篤さんの冠動脈バイパス手術を紹介


長引く症状が劇的解消!
名医ならこう診断する

長引く治らない症状
本当の原因をもう1度探ります!
名医のセカンドオピニオンSP’

第6弾

不眠

不眠の名医

福岡県久留米大学病院
睡眠専門外来のリーダー
内村直尚先生

不眠症のスペシャリスト

58歳の主婦


症状1
1時間経っても寝付けない

症状2
疲れがとれない

症状3
毎日朝からうたた寝

ファーストオピニオン
加齢による不眠

症状4
朝起きると頭が重い

症状5
1日中ボーッとしている

症状6
数時間前の記憶がない

内村直尚先生に
紹介状を書いてもらった

筆で足を触ったが感じない部分が

名医の視点
1、朝起きたとき
今夜眠れるかどうかを気にしない
2、左足にくらべ右足はほぼ何も感じない

脳のMRI検査

セカンドオピニオン
慢性硬膜下血腫
頭部外傷により出血がおき、脳に血液がたまる病

書道の筆による診察:
脳の異常を調べる
神経内科独特の診察法

テーブルに頭をぶつけていた

・視聴者からのお悩み


58歳の女性

1、8年前からとても寝付きが悪い
2、おなじころ耳鳴りも
耳鼻科では左耳の難聴
3、不眠は原因不明
睡眠薬を処方された
4、以来8年間睡眠薬を服用
薬なしで眠れたのは2日間だけ
5、最近は朝起きると睡眠のことを考えて憂鬱

不眠の原因診断チャート

夜眠れない
不眠のタイプは?
1、寝付きが悪い
2、早朝に目が覚める
3、夜中になんども目覚める

あてはまる症状は?
1、不安や心配事がある
2、昼と夜の生活が逆転
3、睡眠時、脚のムズムズ等違和感
4、朝から睡眠のことを強く意識
5、昼間気分が落ち込む

セカンドオピニオン
精神生理不眠

原因は強いストレス

うつ状態が精神生理不眠を引き起こした原因としては
当時、うつ病の治療をせずに
睡眠薬を飲み続けてしまったことが考えられる

心配事がある場合=ストレス性不眠
昼と夜が逆転=概日リズム睡眠障害
睡眠時、脚のムズムズ等違和感=むずむず脚症候群
昼間気分が落ち込む=うつ病

不眠のタイプで
早朝や夜中に目が覚める場合、
昼間気分が落ち込む=うつ病
落ち込まない=加齢










<天野篤先生:冠動脈バイパス手術>

生死を見分ける手術法

天皇陛下の執刀医
生死を分ける手術法とは

セカンドオピニオンによる手術で
命をつないだ実例

天皇陛下の執刀医
順天堂大学医学部
心臓血管外科医:天野篤先生

東大と順天堂大学
異例のタッグ

心臓外科医の手術件数
通常は1年間平均50件
天野篤先生は400件

手術成功率は98%

全国各地から患者さんが訪れる

2月以降
以前にもまして手術が増えた

そのため
月曜日から金曜日までは泊まることも

4時間かかる手術を4回

休む間もなく次の手術へ

お菓子と缶コーヒーが昼食

10分で休憩

休む間もなく3件目の手術

そして4件目の手術


11時間40分にすべての手術が終わった

当直弁当が唯一の楽しみ

お父さんを心臓の手術で亡くした
自らが立ち会ったが

自分の命とかえても
患者さんの命を救う

倉持さん62歳

地元の病院では手術ができないと断られてしまった

旦那さんに代わり先生に症状を伝える奥さん

冠動脈バイパス手術
心臓を止めずに行うため
身体への負担が少ない

倉持さんの冠動脈は1.2ミリ
血管が細いので縫い合わせるのが困難
通常は1.5ミリ必要

天野篤先生のセカンドオピニオン
不可能と言われたバイパス手術を行う

診察時よりもかなり悪かったことが判明

が、4倍以上の縫合が必要となる方法を選んだ

つま先立ちで手術を行う

4時間後手術終了
Sponsored Link

たけしの家庭の医学 - 不眠の原因診断チャート慢性硬膜下血腫精神生理不眠内村直尚冠動脈バイパス手術心臓血管外科医天野篤

たけしのみんなの家庭の医学で不眠の原因診断チャートや慢性硬膜下血腫、精神生理不眠について内村直尚先生、心臓血管外科医天野篤さんの冠動脈バイパス手術を紹介


長引く症状が劇的解消!
名医ならこう診断する

長引く治らない症状
本当の原因をもう1度探ります!
名医のセカンドオピニオンSP’

第6弾

不眠

不眠の名医

福岡県久留米大学病院
睡眠専門外来のリーダー
内村直尚先生

不眠症のスペシャリスト

58歳の主婦


症状1
1時間経っても寝付けない

症状2
疲れがとれない

症状3
毎日朝からうたた寝

ファーストオピニオン
加齢による不眠

症状4
朝起きると頭が重い

症状5
1日中ボーッとしている

症状6
数時間前の記憶がない

内村直尚先生に
紹介状を書いてもらった

筆で足を触ったが感じない部分が

名医の視点
1、朝起きたとき
今夜眠れるかどうかを気にしない
2、左足にくらべ右足はほぼ何も感じない

脳のMRI検査

セカンドオピニオン
慢性硬膜下血腫
頭部外傷により出血がおき、脳に血液がたまる病

書道の筆による診察:
脳の異常を調べる
神経内科独特の診察法

テーブルに頭をぶつけていた

・視聴者からのお悩み


58歳の女性

1、8年前からとても寝付きが悪い
2、おなじころ耳鳴りも
耳鼻科では左耳の難聴
3、不眠は原因不明
睡眠薬を処方された
4、以来8年間睡眠薬を服用
薬なしで眠れたのは2日間だけ
5、最近は朝起きると睡眠のことを考えて憂鬱

不眠の原因診断チャート

夜眠れない
不眠のタイプは?
1、寝付きが悪い
2、早朝に目が覚める
3、夜中になんども目覚める

あてはまる症状は?
1、不安や心配事がある
2、昼と夜の生活が逆転
3、睡眠時、脚のムズムズ等違和感
4、朝から睡眠のことを強く意識
5、昼間気分が落ち込む

セカンドオピニオン
精神生理不眠

原因は強いストレス

うつ状態が精神生理不眠を引き起こした原因としては
当時、うつ病の治療をせずに
睡眠薬を飲み続けてしまったことが考えられる

心配事がある場合=ストレス性不眠
昼と夜が逆転=概日リズム睡眠障害
睡眠時、脚のムズムズ等違和感=むずむず脚症候群
昼間気分が落ち込む=うつ病

不眠のタイプで
早朝や夜中に目が覚める場合、
昼間気分が落ち込む=うつ病
落ち込まない=加齢










<天野篤先生:冠動脈バイパス手術>

生死を見分ける手術法

天皇陛下の執刀医
生死を分ける手術法とは

セカンドオピニオンによる手術で
命をつないだ実例

天皇陛下の執刀医
順天堂大学医学部
心臓血管外科医:天野篤先生

東大と順天堂大学
異例のタッグ

心臓外科医の手術件数
通常は1年間平均50件
天野篤先生は400件

手術成功率は98%

全国各地から患者さんが訪れる

2月以降
以前にもまして手術が増えた

そのため
月曜日から金曜日までは泊まることも

4時間かかる手術を4回

休む間もなく次の手術へ

お菓子と缶コーヒーが昼食

10分で休憩

休む間もなく3件目の手術

そして4件目の手術


11時間40分にすべての手術が終わった

当直弁当が唯一の楽しみ

お父さんを心臓の手術で亡くした
自らが立ち会ったが

自分の命とかえても
患者さんの命を救う

倉持さん62歳

地元の病院では手術ができないと断られてしまった

旦那さんに代わり先生に症状を伝える奥さん

冠動脈バイパス手術
心臓を止めずに行うため
身体への負担が少ない

倉持さんの冠動脈は1.2ミリ
血管が細いので縫い合わせるのが困難
通常は1.5ミリ必要

天野篤先生のセカンドオピニオン
不可能と言われたバイパス手術を行う

診察時よりもかなり悪かったことが判明

が、4倍以上の縫合が必要となる方法を選んだ

つま先立ちで手術を行う

4時間後手術終了

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。