ソロモン流 - 沖野敦郎義肢装具士ヘルスエンジェルスロンドンパラリンピック

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 沖野敦郎義肢装具士ヘルスエンジェルスロンドンパラリンピック

ソロモン流に沖野敦郎さん(義肢装具士)が登場

義肢装具士:沖野敦郎さん

ロンドンオリンピック
オスカーピストリウス選手(南アフリカ)が大きな話題に



はじめはすごく落ち込んだが
一度しかない人生
楽しく過ごすのが一番だなと思っている
山本篤さん

<義足のアスリートを陰で支える義肢装具士

使いこなしている現場にこないと分からないことがある

・東京荒川区南千住

財団法人鉄道弘済会:義肢装具サポートセンター

大腿義足
膝継手
マイコン制御の高性能なものなど数多くの種類がある

ソケット
オーダーメイドの必要がある
カラフルな方が気持ちが明るくなる

料金は車ぐらいすると言われるが
人間の足は車より使う

製作期間はかたどりからおよそ3日

歩いて体に合わなければ作り直さなければならない

その人のためだけに作るので
その人がだめと言ったらダメという世界


<走ることで笑顔を取り戻す:義足のスポーツクラブ>

東京都北区十条台
東京都障害者総合スポーツセンター

ヘルスエンジェルス:
下肢切断者を中心とした陸上チーム

ヘルスエンジェルス代表:
義肢装具士:臼井二美男さん


一歩でも走れると色々なスポーツが出来る

走ることに特化した義足も
陸上競技用の義足

・江東区:夢の島競技場

競技場では熱血指導

<義足アスリートの日常:陸上に出会い救われた心>

大西瞳さん
T42クラス100m 18.02秒(日本記録)
F42クラス走り幅跳び 3.11m(日本記録)

普段着で歩いていると義足だと分からない

でもバスで座れないことも

左アクセルの車

目黒区役所に勤務

風邪の菌が心臓に入り
心筋炎になった
右足が壊死していた

しかしヘルスエンジェルスに行き
また走れるかもしれない

<ロンドンオリンピックを目指して陸上日本代表の挑戦>

沖野敦郎さんは練習に同行

ロンドンパラリンピック
日本代表リレーメンバー

鈴木徹選手(32)
4大会連続パラリンピック出場

山本篤選手
北京パラリンピック銀メダリスト

多川知希選手
2大会連続パラリンピック出場

佐藤圭太選手
パラリンピック初出場

春田純選手
パラリンピック初出場

<ともに成長した友人:陸上にかける情熱>

独身の沖野敦郎さんは選手を泊めることも
おなじ年の春田選手が宿泊

沖野敦郎さんがいなかったら陸上に熱中することもなかった

<沖野敦郎さんのプロフィール>

1978年愛知県豊橋市生まれ
中学生で陸上競技をはじめる
中学の頃の池野先生に「人生マラソン、我慢すること」
ということを学んだ

辛いときこそ我慢して頑張って耐える

北須磨高校、山梨大学とずっと続けた陸上競技

シドニーパラリンピックのTV中継を見た
人生の道が一気に見えて来た

2002年国立障害者リハビリテーションセンター学院に入学

2005年義肢装具サポートセンターに就職

今はまだ0.1人前
一人前だと思うと成長しない

義肢装具士としての使命>

リハビリ室
ずっと朝から晩までリハビリを行う

スポーツをしていると無意識に笑顔になる
だから
一緒に走ったりとんだり投げたりしている

現状維持は衰退以外の何者でもない


リレーは
45.78秒
日本新記録

パラリンピックでは4位だったが
45.36秒と
日本新記録を更新

ギターを弾くピックをつけられる義手
ギター演奏用の義手(試作品)

次回につなげるため100%満足しない
Sponsored Link

ソロモン流 - 沖野敦郎義肢装具士ヘルスエンジェルスロンドンパラリンピック

ソロモン流に沖野敦郎さん(義肢装具士)が登場

義肢装具士:沖野敦郎さん

ロンドンオリンピック
オスカーピストリウス選手(南アフリカ)が大きな話題に



はじめはすごく落ち込んだが
一度しかない人生
楽しく過ごすのが一番だなと思っている
山本篤さん

<義足のアスリートを陰で支える義肢装具士

使いこなしている現場にこないと分からないことがある

・東京荒川区南千住

財団法人鉄道弘済会:義肢装具サポートセンター

大腿義足
膝継手
マイコン制御の高性能なものなど数多くの種類がある

ソケット
オーダーメイドの必要がある
カラフルな方が気持ちが明るくなる

料金は車ぐらいすると言われるが
人間の足は車より使う

製作期間はかたどりからおよそ3日

歩いて体に合わなければ作り直さなければならない

その人のためだけに作るので
その人がだめと言ったらダメという世界


<走ることで笑顔を取り戻す:義足のスポーツクラブ>

東京都北区十条台
東京都障害者総合スポーツセンター

ヘルスエンジェルス:
下肢切断者を中心とした陸上チーム

ヘルスエンジェルス代表:
義肢装具士:臼井二美男さん


一歩でも走れると色々なスポーツが出来る

走ることに特化した義足も
陸上競技用の義足

・江東区:夢の島競技場

競技場では熱血指導

<義足アスリートの日常:陸上に出会い救われた心>

大西瞳さん
T42クラス100m 18.02秒(日本記録)
F42クラス走り幅跳び 3.11m(日本記録)

普段着で歩いていると義足だと分からない

でもバスで座れないことも

左アクセルの車

目黒区役所に勤務

風邪の菌が心臓に入り
心筋炎になった
右足が壊死していた

しかしヘルスエンジェルスに行き
また走れるかもしれない

<ロンドンオリンピックを目指して陸上日本代表の挑戦>

沖野敦郎さんは練習に同行

ロンドンパラリンピック
日本代表リレーメンバー

鈴木徹選手(32)
4大会連続パラリンピック出場

山本篤選手
北京パラリンピック銀メダリスト

多川知希選手
2大会連続パラリンピック出場

佐藤圭太選手
パラリンピック初出場

春田純選手
パラリンピック初出場

<ともに成長した友人:陸上にかける情熱>

独身の沖野敦郎さんは選手を泊めることも
おなじ年の春田選手が宿泊

沖野敦郎さんがいなかったら陸上に熱中することもなかった

<沖野敦郎さんのプロフィール>

1978年愛知県豊橋市生まれ
中学生で陸上競技をはじめる
中学の頃の池野先生に「人生マラソン、我慢すること」
ということを学んだ

辛いときこそ我慢して頑張って耐える

北須磨高校、山梨大学とずっと続けた陸上競技

シドニーパラリンピックのTV中継を見た
人生の道が一気に見えて来た

2002年国立障害者リハビリテーションセンター学院に入学

2005年義肢装具サポートセンターに就職

今はまだ0.1人前
一人前だと思うと成長しない

義肢装具士としての使命>

リハビリ室
ずっと朝から晩までリハビリを行う

スポーツをしていると無意識に笑顔になる
だから
一緒に走ったりとんだり投げたりしている

現状維持は衰退以外の何者でもない


リレーは
45.78秒
日本新記録

パラリンピックでは4位だったが
45.36秒と
日本新記録を更新

ギターを弾くピックをつけられる義手
ギター演奏用の義手(試作品)

次回につなげるため100%満足しない

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。