プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で天野篤さん(心臓外科医、天皇陛下執刀医)が登場

心臓外科医
天野篤56歳

手術成功率98%

痛恨の過去
自ら立ち会った心臓手術で最愛の父をなくした

一途一心、明日をつむぐ


<すご腕心臓外科医:手術の鬼、壮絶な日常>


・東京文京区

月曜から土曜まで仕事場に泊まり込む
日曜だけ自宅で

職場に寝泊まりを30年近く続けている
順天堂大学医院

多い日は1日4件の手術

バイパス手術

手術がはじまると
部下達を容赦なくどなる

オフポンプという方法
心臓を動かしながら行うため患者の負担を軽減

心臓の鼓動と自らの呼吸をぴたりと合わせる

・一途に、一心に

バカがつくくらいに実直に

手術後
つかの間の休憩
お昼はバナナと野菜ジュースと缶コーヒー
朝はパン一個食べた

15分後、2件目の手術に

患者のデータをなんども見直す

漏れがあったら負ける
相手よりも自分の方が考えるパターンが少なかったら
負ける
うまくいく必然性を作らなければいけない

Q:憧れている人はいますか?
アントニオ猪木さん

<超高齢オペに挑む>

3月21日

以前はむずかしいと言われていた高齢者手術

88歳の男性

心臓に人工弁をつける手術

リスクは高いがやらなければ命はない

いったん心臓を止める
あることに気づいた
石灰化が思ったよりも進行化
放置すると再手術が必要な可能性
時間は限られているが切開に

・生きる喜びを取り戻す

24分時間のロス

結果的に目標よりも早く手術を終えた

2週間後、男性は退院へ

そのころ天野篤先生は次の手術へ向かっていた

<天皇陛下の執刀医:落ちこぼれからの出発>

かつては病院に就職することもままならない落ちこぼれだった


天野さんのプロフィール

天野篤さんが医師を目指したのは高校生の頃
成績はなかなか伸びなかった
21歳のとき、ようやく大学に合格
就職活動をしたが希望する病院で断られた
頼み込んで拾ってもらった病院で必死に働き始めた

一人前の心臓外科医になりたい理由
父甲子男さん
若い頃から心臓病をわずらっていた

医師になってお父さんの心臓を治してあげる

30代のとき、お父さんの状態が悪化

自分の病院で手術したが亡くなってしまった

原因は付け替えた人工弁にあった

自分を許せなかった

誰よりも手術の場数を踏み、腕を磨き上げていった

それから25年
日本屈指の医師と言われるようになっても
一途に一心にというものは変わらない

父親の形見に人工弁を大事にしまっている

<かつてない難手術に挑む>

高橋尚子さん46歳

音楽の先生

3本の血管すべてが詰まっていた

大動脈も肥大し逆流

バイパス手術に使う9本のうち5本を使ってしまっている

これほどの症状は経験がない

両親とお兄さんが見舞いに
家族は眠れない日々

桁外れの難手術

<難病の女性:緊急のオペ>

5時間で必要な血管5本を取りきった
が、1時間予定よりオーバー

手術開始から9時間
3本のバイパスがつながった

10時間後、高橋尚子さんの心臓に血液を戻す

午前1時
部屋に戻った

すぐにモニターを見守る

画面に釘付けに

急に悪くなった

心臓マッサージ

原因を探る

開始から14時間
再び心臓に血液が流れ始めた

・プロフェッショナルとは

自分の天命
決められたもの
それに対して忠実にやっているだけ
宿命かな


2週間後
高橋尚子さんは歩けるように
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 天野篤心臓外科医天皇陛下執刀医

NHKプロフェッショナル仕事の流儀で天野篤さん(心臓外科医、天皇陛下執刀医)が登場

心臓外科医
天野篤56歳

手術成功率98%

痛恨の過去
自ら立ち会った心臓手術で最愛の父をなくした

一途一心、明日をつむぐ


<すご腕心臓外科医:手術の鬼、壮絶な日常>


・東京文京区

月曜から土曜まで仕事場に泊まり込む
日曜だけ自宅で

職場に寝泊まりを30年近く続けている
順天堂大学医院

多い日は1日4件の手術

バイパス手術

手術がはじまると
部下達を容赦なくどなる

オフポンプという方法
心臓を動かしながら行うため患者の負担を軽減

心臓の鼓動と自らの呼吸をぴたりと合わせる

・一途に、一心に

バカがつくくらいに実直に

手術後
つかの間の休憩
お昼はバナナと野菜ジュースと缶コーヒー
朝はパン一個食べた

15分後、2件目の手術に

患者のデータをなんども見直す

漏れがあったら負ける
相手よりも自分の方が考えるパターンが少なかったら
負ける
うまくいく必然性を作らなければいけない

Q:憧れている人はいますか?
アントニオ猪木さん

<超高齢オペに挑む>

3月21日

以前はむずかしいと言われていた高齢者手術

88歳の男性

心臓に人工弁をつける手術

リスクは高いがやらなければ命はない

いったん心臓を止める
あることに気づいた
石灰化が思ったよりも進行化
放置すると再手術が必要な可能性
時間は限られているが切開に

・生きる喜びを取り戻す

24分時間のロス

結果的に目標よりも早く手術を終えた

2週間後、男性は退院へ

そのころ天野篤先生は次の手術へ向かっていた

<天皇陛下の執刀医:落ちこぼれからの出発>

かつては病院に就職することもままならない落ちこぼれだった


天野さんのプロフィール

天野篤さんが医師を目指したのは高校生の頃
成績はなかなか伸びなかった
21歳のとき、ようやく大学に合格
就職活動をしたが希望する病院で断られた
頼み込んで拾ってもらった病院で必死に働き始めた

一人前の心臓外科医になりたい理由
父甲子男さん
若い頃から心臓病をわずらっていた

医師になってお父さんの心臓を治してあげる

30代のとき、お父さんの状態が悪化

自分の病院で手術したが亡くなってしまった

原因は付け替えた人工弁にあった

自分を許せなかった

誰よりも手術の場数を踏み、腕を磨き上げていった

それから25年
日本屈指の医師と言われるようになっても
一途に一心にというものは変わらない

父親の形見に人工弁を大事にしまっている

<かつてない難手術に挑む>

高橋尚子さん46歳

音楽の先生

3本の血管すべてが詰まっていた

大動脈も肥大し逆流

バイパス手術に使う9本のうち5本を使ってしまっている

これほどの症状は経験がない

両親とお兄さんが見舞いに
家族は眠れない日々

桁外れの難手術

<難病の女性:緊急のオペ>

5時間で必要な血管5本を取りきった
が、1時間予定よりオーバー

手術開始から9時間
3本のバイパスがつながった

10時間後、高橋尚子さんの心臓に血液を戻す

午前1時
部屋に戻った

すぐにモニターを見守る

画面に釘付けに

急に悪くなった

心臓マッサージ

原因を探る

開始から14時間
再び心臓に血液が流れ始めた

・プロフェッショナルとは

自分の天命
決められたもの
それに対して忠実にやっているだけ
宿命かな


2週間後
高橋尚子さんは歩けるように

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。