プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に浅利妙峰さん(糀屋女将)が登場

食卓を変えたおばちゃん

塩こうじ

大ブーム塩麹を世に出した肝っ玉女将

こうじに塩と水を加えただけのシンプルな調味料

この調味料を世に出したのは
ひとりの女将

しかしほんの数年前まで店は潰れる寸前だった

浅利妙峰さん60歳
糀屋女将

一歩を踏み出せば世界は変わる

塩こうじを世に出した女将:320年の伝統を受け継ぐ>

大分佐伯市

浅利妙峰さんのテンションはいつも高め

僧侶でもある
家を出る前に自宅前で手を合わせるのが日課

江戸時代から320年以上続く老舗

大切にしていること
「日本の味を守る」

こうじの歴史は1000年を超える

浅利妙峰さんの父
幸一さん
次男の
良得さん
等と作業

糀室で菌を発酵させる

湿度90%の環境
体力も使う

「伝統で攻める」

かつおのたたき風料理

卵焼きも大きく変わる

塩こうじおいしさの秘密>

レシピはゆうに1000以上

<各地を回る秘めた理由>

経営が苦しくなったところへ

「一人勝ちに未来はない」

<ニューヨークへ>

料理の講習会

ニューヨークの有名シェフにもアプローチ

<320年の伝統を受け継ぐ>

小さい頃はこうじには興味がなかった

今はありがとうと言われている気がしたと涙も

・逆転の人生

長女として産まれた

麹屋を継がなければいけない
期待に沿うように歩いていかなければいけなかった

こうじでは経営が成り立たない

なぜこうじがここまで自分を苦しめるのか?

54歳のとき転機が訪れる

父幸一さんが入院

製品開発支援に応募

・製品開発支援担当:坂本晃さん

浅利さんにじいちゃんの代で店を畳もうか?
と言われた

坂本晃さんは
自分たちが当たり前だと思っているところに
宝が眠っているのかもしれませんよ
と言ってくれた

仕事のかたわら専門書を読む毎日

ひとつの専門書
本朝食鑑
江戸時代の書物

運命の言葉を発見
塩こうじ

色々な料理に使えるかもしれない

調味料として塩こうじを売り出すことに

大手デパートで実演販売し
口コミで広がった

テレビに出ると一気に広まった

苦しんでいる方がいれば
必ず苦しんだあとにはすばらしい花が咲くというか
そういうことを伝えてあげたい

<新たなる挑戦に密着:老舗の家族一歩を踏み出せるか>

法野智さん54歳
100年以上の歴史を持つ老舗の麹屋


二人の息子にあとを継がせるかどうか迷っていた

「一歩踏み出せば世界は変わる」

現状分析で今の問題を見つけ出す

勝負の七夕祭り

塩こうじで作った
ハーブ入りソーセージ

浅利さんのアドバイス通り看板を見やすいように貼り替えた


・プロフェッショナルとは?

足元で自分が出来ることを一生けんめいやり
命をかけるようになりたいと思い続けること
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 浅利妙峰塩こうじ糀屋女将本朝食鑑

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に浅利妙峰さん(糀屋女将)が登場

食卓を変えたおばちゃん

塩こうじ

大ブーム塩麹を世に出した肝っ玉女将

こうじに塩と水を加えただけのシンプルな調味料

この調味料を世に出したのは
ひとりの女将

しかしほんの数年前まで店は潰れる寸前だった

浅利妙峰さん60歳
糀屋女将

一歩を踏み出せば世界は変わる

塩こうじを世に出した女将:320年の伝統を受け継ぐ>

大分佐伯市

浅利妙峰さんのテンションはいつも高め

僧侶でもある
家を出る前に自宅前で手を合わせるのが日課

江戸時代から320年以上続く老舗

大切にしていること
「日本の味を守る」

こうじの歴史は1000年を超える

浅利妙峰さんの父
幸一さん
次男の
良得さん
等と作業

糀室で菌を発酵させる

湿度90%の環境
体力も使う

「伝統で攻める」

かつおのたたき風料理

卵焼きも大きく変わる

塩こうじおいしさの秘密>

レシピはゆうに1000以上

<各地を回る秘めた理由>

経営が苦しくなったところへ

「一人勝ちに未来はない」

<ニューヨークへ>

料理の講習会

ニューヨークの有名シェフにもアプローチ

<320年の伝統を受け継ぐ>

小さい頃はこうじには興味がなかった

今はありがとうと言われている気がしたと涙も

・逆転の人生

長女として産まれた

麹屋を継がなければいけない
期待に沿うように歩いていかなければいけなかった

こうじでは経営が成り立たない

なぜこうじがここまで自分を苦しめるのか?

54歳のとき転機が訪れる

父幸一さんが入院

製品開発支援に応募

・製品開発支援担当:坂本晃さん

浅利さんにじいちゃんの代で店を畳もうか?
と言われた

坂本晃さんは
自分たちが当たり前だと思っているところに
宝が眠っているのかもしれませんよ
と言ってくれた

仕事のかたわら専門書を読む毎日

ひとつの専門書
本朝食鑑
江戸時代の書物

運命の言葉を発見
塩こうじ

色々な料理に使えるかもしれない

調味料として塩こうじを売り出すことに

大手デパートで実演販売し
口コミで広がった

テレビに出ると一気に広まった

苦しんでいる方がいれば
必ず苦しんだあとにはすばらしい花が咲くというか
そういうことを伝えてあげたい

<新たなる挑戦に密着:老舗の家族一歩を踏み出せるか>

法野智さん54歳
100年以上の歴史を持つ老舗の麹屋


二人の息子にあとを継がせるかどうか迷っていた

「一歩踏み出せば世界は変わる」

現状分析で今の問題を見つけ出す

勝負の七夕祭り

塩こうじで作った
ハーブ入りソーセージ

浅利さんのアドバイス通り看板を見やすいように貼り替えた


・プロフェッショナルとは?

足元で自分が出来ることを一生けんめいやり
命をかけるようになりたいと思い続けること

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。