プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長

プロフェッショナル仕事の流儀で駅弁販売カリスマ大宮営業所所長の三浦由紀江さんを紹介

44歳まで専業主婦
いま注目の駅弁販売のカリスマ

家に帰れば孫のいるおばあちゃん

駅弁販売営業所長
三浦由紀江さん58歳

就任1年目で黒字に転換

パートからの大抜擢
しかし、誰もついてこない

気がかりな部下

楽しむ心が道を拓く

<主婦からの華麗なる転身:年商10億円駅弁販売カリスマ営業所長>

・日本レストランエンタープライズ
大宮営業所所長:三浦由紀江さん58

長年主婦としてものを買う立場にあった三浦由紀江さん

「私だったらこうして欲しい」

発注の方法を変えた

パート販売員の声に誰よりも耳を傾ける

80種類もの弁当の発注を売り場のパートに任せる

「現場が一番分かっている」

<プロフェッショナルのこだわり>

弁当に書いてある
私の好きな
いやんばい(方言)
で、お客さんとの会話のきっかけに

<駅弁販売のカリスマ営業所長部下の心に寄り添う>

出勤した日は
すべての店に顔を出す

気になっているパート販売員
11年目のベテラン柴田さん51歳

最近少し元気がない

「現場だから話せることがある」

トラブルを起こしたことを噂されてへこんでいた


<Question>

三浦由紀江さんにとって働くことは?

楽しい

<異色の経歴で注目を集める駅弁販売カリスマ営業所長>

平日は仕事に集中するため、次女由美さんの元から通っている
国際結婚でちょうど部屋があいていた
お孫さんを連れて久しぶりに帰って来た

<知られざる闘いの道のり>

三浦由紀江さんが結婚したのは
まだ学生だった21歳のとき

子育てに追われる日々

お母さん毎日ぶらぶらしてないで外で働いてみたら?
と子供に言われた

はじめて7万円というお金をいただいた

次々とアイデアが浮かんで来た

すると売上が上がった

赤字続きの大宮営業所の所長として現場を改革してくれないか?

周りからパート上がりに何が出来ると思われている気がした
やる気のない部下を怒った
ひとり追いつめられた

そんなある日
パート時代の上司菊池武さんが声をかけてくれた

得意なことからはじめてみたら?

苦手なことは手伝ってくれと言えるように
そして怒ることをやめた

自分の子供と思えば何も難しくない

<部下を見守る信念の日々>

熊谷さん(支配人)

「自信の芽を出す」

鉄道博物館
勝負の駅弁
部下の苦闘を見守る

おしょうしな
すべて売り切った

<プロフェッショナルとは>

自分の仕事を楽しむこと
楽しんでいる人には誰にもかなわない
小さなことでも自分らしく続けること
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 三浦由紀江駅弁販売カリスマ大宮営業所所長

プロフェッショナル仕事の流儀で駅弁販売カリスマ大宮営業所所長の三浦由紀江さんを紹介

44歳まで専業主婦
いま注目の駅弁販売のカリスマ

家に帰れば孫のいるおばあちゃん

駅弁販売営業所長
三浦由紀江さん58歳

就任1年目で黒字に転換

パートからの大抜擢
しかし、誰もついてこない

気がかりな部下

楽しむ心が道を拓く

<主婦からの華麗なる転身:年商10億円駅弁販売カリスマ営業所長>

・日本レストランエンタープライズ
大宮営業所所長:三浦由紀江さん58

長年主婦としてものを買う立場にあった三浦由紀江さん

「私だったらこうして欲しい」

発注の方法を変えた

パート販売員の声に誰よりも耳を傾ける

80種類もの弁当の発注を売り場のパートに任せる

「現場が一番分かっている」

<プロフェッショナルのこだわり>

弁当に書いてある
私の好きな
いやんばい(方言)
で、お客さんとの会話のきっかけに

<駅弁販売のカリスマ営業所長部下の心に寄り添う>

出勤した日は
すべての店に顔を出す

気になっているパート販売員
11年目のベテラン柴田さん51歳

最近少し元気がない

「現場だから話せることがある」

トラブルを起こしたことを噂されてへこんでいた


<Question>

三浦由紀江さんにとって働くことは?

楽しい

<異色の経歴で注目を集める駅弁販売カリスマ営業所長>

平日は仕事に集中するため、次女由美さんの元から通っている
国際結婚でちょうど部屋があいていた
お孫さんを連れて久しぶりに帰って来た

<知られざる闘いの道のり>

三浦由紀江さんが結婚したのは
まだ学生だった21歳のとき

子育てに追われる日々

お母さん毎日ぶらぶらしてないで外で働いてみたら?
と子供に言われた

はじめて7万円というお金をいただいた

次々とアイデアが浮かんで来た

すると売上が上がった

赤字続きの大宮営業所の所長として現場を改革してくれないか?

周りからパート上がりに何が出来ると思われている気がした
やる気のない部下を怒った
ひとり追いつめられた

そんなある日
パート時代の上司菊池武さんが声をかけてくれた

得意なことからはじめてみたら?

苦手なことは手伝ってくれと言えるように
そして怒ることをやめた

自分の子供と思えば何も難しくない

<部下を見守る信念の日々>

熊谷さん(支配人)

「自信の芽を出す」

鉄道博物館
勝負の駅弁
部下の苦闘を見守る

おしょうしな
すべて売り切った

<プロフェッショナルとは>

自分の仕事を楽しむこと
楽しんでいる人には誰にもかなわない
小さなことでも自分らしく続けること

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。