ソロモン流 - 原田裕子京都女性木版画職人竹笹堂ハイアットリージェンシー

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 原田裕子京都女性木版画職人竹笹堂ハイアットリージェンシー

ソロモン流に原田裕子さん(京都女性木版画職人)が登場


女性木版画職人
原田裕子さん30歳

モダンなデザイン
次世代の木版画

京都高級ホテル

竹中木版竹笹堂6代目
原田裕子さん

<日本の伝統を守る京都女性木版画職人>

・京都

京都市下京区

グリーティングカード
ハンカチーフ

ふたつ桃

iris

いまうきよえ

版木:
文字や絵などをほりつけた木版
日本では主にヤマザクラ、ツゲを用いる

色がイメージ通りに出るまで1日以上かかることも

ばれんの力加減が重要

あてなしぼかし

1枚の紙に何色も重ねて味が出る

京都市左京区鞍馬駅

北野天満宮

とりあえず足を運んで
デザインのヒントを得ている

Traveler luxe
訪ねて来たのは旅行雑誌の記者

台湾からも取材に

<京都女性木版画職人大手百貨店でヒット商品を開発>

冷えピタをしながら深夜まで作業

中央区日本橋

高島屋を訪ねた

7月15日
祇園祭宵山

夏の木版画ライブ

竹笹堂は1891年創業
原田裕子さんで6代目

4代目
竹中清八さん

5代目
竹中健司さん(清八さんの次男)

お昼になると本人が台所に立って昼食作り

「そろそろご飯です」

の声で作業をやめて昼食をいただく

<京都女性木版画職人6代目誕生秘話>

原田裕子さんのプロフィール

1981年鹿児島県鹿児島市生まれ

本を読んだり絵をかくのがすきなおとなしい女の子だった

木版画を初めてかいたのは小学校の授業

高校を卒業後
京都教育大学で教育学部美術科を専攻

在学中に竹中木版竹笹堂に弟子入り

失敗の連続だった

1000枚くらいすって500枚くらいしかものにならなかった

25歳のとき
6代目を継承

<京都女性木版画職人伝統工芸の技>

京うちわ「阿衣波」

木版うちわ3,360円

・江戸時代の木版画をよみがえらせる

奈良県吉野町
金峰山寺


オフの日に大阪府大阪市に向かった原田裕子さん

旦那さん:手塚賢太郎さん
夫はgrafという家具ブランドの職人

結婚して3ヶ月
愛妻弁当でお昼

<高級ホテルの照明作りに挑戦>

ハイアットリージェンシー京都

坪庭をイメージ

<夏を楽しむ極上和食>

丸の内ビルディング

招福楼
東京店

おそばとうなぎの山椒漬け

100失敗が続いても
101で答えが見つかるかもしれないから
やり始めたらやり通す

<アイディアを求めて屋久島へ>

鹿児島県屋久島町

山を歩いて二時間
目的の場所にたどりついた

苔むす森

・種子島

浜田海岸

千座の岩屋

思い悩んだときは答えの見えない状況に身を置く

今出来ることを大切に走り続ける
Sponsored Link

ソロモン流 - 原田裕子京都女性木版画職人竹笹堂ハイアットリージェンシー

ソロモン流に原田裕子さん(京都女性木版画職人)が登場


女性木版画職人
原田裕子さん30歳

モダンなデザイン
次世代の木版画

京都高級ホテル

竹中木版竹笹堂6代目
原田裕子さん

<日本の伝統を守る京都女性木版画職人>

・京都

京都市下京区

グリーティングカード
ハンカチーフ

ふたつ桃

iris

いまうきよえ

版木:
文字や絵などをほりつけた木版
日本では主にヤマザクラ、ツゲを用いる

色がイメージ通りに出るまで1日以上かかることも

ばれんの力加減が重要

あてなしぼかし

1枚の紙に何色も重ねて味が出る

京都市左京区鞍馬駅

北野天満宮

とりあえず足を運んで
デザインのヒントを得ている

Traveler luxe
訪ねて来たのは旅行雑誌の記者

台湾からも取材に

<京都女性木版画職人大手百貨店でヒット商品を開発>

冷えピタをしながら深夜まで作業

中央区日本橋

高島屋を訪ねた

7月15日
祇園祭宵山

夏の木版画ライブ

竹笹堂は1891年創業
原田裕子さんで6代目

4代目
竹中清八さん

5代目
竹中健司さん(清八さんの次男)

お昼になると本人が台所に立って昼食作り

「そろそろご飯です」

の声で作業をやめて昼食をいただく

<京都女性木版画職人6代目誕生秘話>

原田裕子さんのプロフィール

1981年鹿児島県鹿児島市生まれ

本を読んだり絵をかくのがすきなおとなしい女の子だった

木版画を初めてかいたのは小学校の授業

高校を卒業後
京都教育大学で教育学部美術科を専攻

在学中に竹中木版竹笹堂に弟子入り

失敗の連続だった

1000枚くらいすって500枚くらいしかものにならなかった

25歳のとき
6代目を継承

<京都女性木版画職人伝統工芸の技>

京うちわ「阿衣波」

木版うちわ3,360円

・江戸時代の木版画をよみがえらせる

奈良県吉野町
金峰山寺


オフの日に大阪府大阪市に向かった原田裕子さん

旦那さん:手塚賢太郎さん
夫はgrafという家具ブランドの職人

結婚して3ヶ月
愛妻弁当でお昼

<高級ホテルの照明作りに挑戦>

ハイアットリージェンシー京都

坪庭をイメージ

<夏を楽しむ極上和食>

丸の内ビルディング

招福楼
東京店

おそばとうなぎの山椒漬け

100失敗が続いても
101で答えが見つかるかもしれないから
やり始めたらやり通す

<アイディアを求めて屋久島へ>

鹿児島県屋久島町

山を歩いて二時間
目的の場所にたどりついた

苔むす森

・種子島

浜田海岸

千座の岩屋

思い悩んだときは答えの見えない状況に身を置く

今出来ることを大切に走り続ける

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。