情熱大陸 - 石井光太ノンフィクション作家

覚え書き
Sponsored Link

情熱大陸 - 石井光太ノンフィクション作家

情熱大陸で石井光太さん(ノンフィクション作家)が登場

ノンフィクション作家:石井光太さん

オレ流物書き稼業
石井光太さん35歳

誰も行かなかった道を行って来たという自負がある

津田塾大学公開講座懇親会
そんな描写が若者たちに指示されている

リアルな生活が見えてくれる

一方先輩作家からはかなりの批判が

本は商品である以上売らなければいけない

少年漫画の原作も手がける

次々と仕事をこなしていく姿は出来るビジネスマン

・マレーシア

一般の観光客は近づかないところにいく

常に冗談をまじえ、笑顔を絶やさない

マリコ(真理子)さん:
ノートにインタビューの内容をずらっと書く
ノートを2冊持ち、取られたときでも1つは無事なようにする

<石井光太さんのプロフィール>

東京成城生まれ

舞台芸術家のお父さん

おかしいと思ったことを絶対に解明したがる

・ノンフィクション連続講座

ノンフィクションの魅力を伝える為に開かれている
ビジネスセンスには長けている

来てくれた参加者までに噛み付く
子供の頃からの性分

ノンフィクション業界はぬるい
逆に言うとめちゃくちゃチャンス
マレーシアの件だって
いきなり明日から10日で原稿出せって言われて
10人いたら9人はノーと言うが
そこでイエスと言えば何十万もおかね出してもらって
すきな放題取材が出来る
そんな環境で必死になってやらないほどバカなことはない

・岩手県釜石市

石井さんは誰もが行かないところに手伝いをしながら取材を続けた


書き始めたら食事もとらない
パソコンに向かって一心不乱

次のテーマ:
終戦直後の浮浪児

児童養護施設
愛児の家

作文があった

地下道での過酷な暮らしぶりが書かれていた


「この仕事につく前にやりたくてやりたくてしょうがなかった」
「書けば人を感動させられるし」
「感動しました人生変わりましたと言ってくれるほどうれしいことはない」
「そのためだったら寝なくてもいいし24時間部屋にこもっていても全然問題ない」
「1作でも多くしたいと思うし」
Sponsored Link

情熱大陸 - 石井光太ノンフィクション作家

情熱大陸で石井光太さん(ノンフィクション作家)が登場

ノンフィクション作家:石井光太さん

オレ流物書き稼業
石井光太さん35歳

誰も行かなかった道を行って来たという自負がある

津田塾大学公開講座懇親会
そんな描写が若者たちに指示されている

リアルな生活が見えてくれる

一方先輩作家からはかなりの批判が

本は商品である以上売らなければいけない

少年漫画の原作も手がける

次々と仕事をこなしていく姿は出来るビジネスマン

・マレーシア

一般の観光客は近づかないところにいく

常に冗談をまじえ、笑顔を絶やさない

マリコ(真理子)さん:
ノートにインタビューの内容をずらっと書く
ノートを2冊持ち、取られたときでも1つは無事なようにする

<石井光太さんのプロフィール>

東京成城生まれ

舞台芸術家のお父さん

おかしいと思ったことを絶対に解明したがる

・ノンフィクション連続講座

ノンフィクションの魅力を伝える為に開かれている
ビジネスセンスには長けている

来てくれた参加者までに噛み付く
子供の頃からの性分

ノンフィクション業界はぬるい
逆に言うとめちゃくちゃチャンス
マレーシアの件だって
いきなり明日から10日で原稿出せって言われて
10人いたら9人はノーと言うが
そこでイエスと言えば何十万もおかね出してもらって
すきな放題取材が出来る
そんな環境で必死になってやらないほどバカなことはない

・岩手県釜石市

石井さんは誰もが行かないところに手伝いをしながら取材を続けた


書き始めたら食事もとらない
パソコンに向かって一心不乱

次のテーマ:
終戦直後の浮浪児

児童養護施設
愛児の家

作文があった

地下道での過酷な暮らしぶりが書かれていた


「この仕事につく前にやりたくてやりたくてしょうがなかった」
「書けば人を感動させられるし」
「感動しました人生変わりましたと言ってくれるほどうれしいことはない」
「そのためだったら寝なくてもいいし24時間部屋にこもっていても全然問題ない」
「1作でも多くしたいと思うし」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。