プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェント

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェント

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に森本千賀子さん(転職エージェント)が登場



会社も人ももっと輝ける
転職エージェント:森本千賀子さん42歳

<日本のビジネス界を支えるワーキングマザーの現場>


朝5時
子供が起きる前に重要なメールを打つ

起きたのは4時くらい
風邪を引いていたので起きるのはつらかった
でもいつも気合いで治す

朝7時
2人の子供が起きて来た
ごはんを食べさせるのも大仕事

育児は仕事前のウォーミングアップ

ここから全力疾走の一日が始まる

9:30
新橋の職場に到着

森本千賀子さんには依頼がひっきりなし

ソフトバンク
20年前から関わって来た

キーになるところで登場してくれる

売上が4倍になったというところも

企業参謀的な立ち位置

<凄腕転職エージェント:人を見抜く眼力の秘密>

あるベンチャー企業の副社長から転職の相談を受けた

「なにができるかより、本当にやりかたいことはなにか」

一番それが潜在能力が出てくる

<今注目:転職エージェント:豊富な人脈の秘密>

人と人を結びつけるプロ

豊富な人脈

保険などのセールス(営業電話)が来ても基本的には断らない
そこでどういう出会いがあるか分からないので

とにかく笑顔
机に置いた小さな鏡で怖い顔になっていないかチェック
におい付きの名詞
使えるものはなんでも使う

1日100通
心のこもったメールを書く

早朝メール:
半分はプライベートだから
自然体で送ることができる

<水面下のミッション:すご腕転職エージェントに密着>

ウェブ制作などで急成長の会社

社長:柳澤大輔さん

会社が探しているのは経営幹部
ただし、普通の人材は欲しくない

島津清彦さん:
独立しているので柳澤大輔さんの会社に入るのはむずかしいが
それでも島津清彦さんを選んだ

「大切にしているものが同じとき、人と人は化学反応を起こす」

そして2人の面談が行われた

二人の会話が盛り上がりはじめた

いい出会いになりそう

<仕事も家事も100%やる働く母親と秘められた過去>

大半は7時で仕事を切り上げ
息子さんを迎えにいったあと
食事は午後8時近く

・森本千賀子さんのプロフィール

滋賀高島で生まれた

弟さんは腎臓に重い病があり両親は看護に追われていた

就職し入社式
営業成績で一番を目指します
と宣言

見事成績トップを勝ち抜き
2年目3年目もトップを独走

11年目転機が

子供が生まれ、ゼロ歳のときから保育園に入れて
睡眠時間を削りながらも仕事にのめりこんだ

3歳の誕生日
プレゼントなにが欲しい?
と聞いたら
「弟が欲しい」

迷った末、二人目の子供を産む決意
不妊治療後、身ごもったが流産を繰り返した

仕事をしていた自分を責めてしまった

<50代、再起はかる女性:試される転職エージェントの腕>


4月
1人の50代の女性小川さんからの相談

IT関係の重役
30年近く勤めていた会社をやめ
気持ちを整理し、再就職したいと言って来た

介護ビジネス
介護老人ホームの責任者としての仕事
小川さんの手腕を活かせると思った

1時間半におよぶ面接
小川さんは前の仕事の実績を十分にアピールできたという

しかしある懸念を感じていた

分からない不安
自分に本当にできるのか不安に思って来たという

一次面接は合格
最終面接を前に一通のメールを小川さんに書いた

「お気持ちとして腹くくりをいただきたい」

最終面接の前
腹をくくって面接を受けたいと小川さんから

結果は見事内定

小川さんをランチに誘った
覚悟を決めてくれという言葉をかけてくれたのが本当にうれしかった

<プロフェッショナルとは>

無限の可能性を信じて進化し続けること
チャレンジし続けること
それが出来ること

揺るぎない信念を持って
志を形に変えていくことができる人
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 森本千賀子転職エージェント

NHKプロフェッショナル仕事の流儀に森本千賀子さん(転職エージェント)が登場



会社も人ももっと輝ける
転職エージェント:森本千賀子さん42歳

<日本のビジネス界を支えるワーキングマザーの現場>


朝5時
子供が起きる前に重要なメールを打つ

起きたのは4時くらい
風邪を引いていたので起きるのはつらかった
でもいつも気合いで治す

朝7時
2人の子供が起きて来た
ごはんを食べさせるのも大仕事

育児は仕事前のウォーミングアップ

ここから全力疾走の一日が始まる

9:30
新橋の職場に到着

森本千賀子さんには依頼がひっきりなし

ソフトバンク
20年前から関わって来た

キーになるところで登場してくれる

売上が4倍になったというところも

企業参謀的な立ち位置

<凄腕転職エージェント:人を見抜く眼力の秘密>

あるベンチャー企業の副社長から転職の相談を受けた

「なにができるかより、本当にやりかたいことはなにか」

一番それが潜在能力が出てくる

<今注目:転職エージェント:豊富な人脈の秘密>

人と人を結びつけるプロ

豊富な人脈

保険などのセールス(営業電話)が来ても基本的には断らない
そこでどういう出会いがあるか分からないので

とにかく笑顔
机に置いた小さな鏡で怖い顔になっていないかチェック
におい付きの名詞
使えるものはなんでも使う

1日100通
心のこもったメールを書く

早朝メール:
半分はプライベートだから
自然体で送ることができる

<水面下のミッション:すご腕転職エージェントに密着>

ウェブ制作などで急成長の会社

社長:柳澤大輔さん

会社が探しているのは経営幹部
ただし、普通の人材は欲しくない

島津清彦さん:
独立しているので柳澤大輔さんの会社に入るのはむずかしいが
それでも島津清彦さんを選んだ

「大切にしているものが同じとき、人と人は化学反応を起こす」

そして2人の面談が行われた

二人の会話が盛り上がりはじめた

いい出会いになりそう

<仕事も家事も100%やる働く母親と秘められた過去>

大半は7時で仕事を切り上げ
息子さんを迎えにいったあと
食事は午後8時近く

・森本千賀子さんのプロフィール

滋賀高島で生まれた

弟さんは腎臓に重い病があり両親は看護に追われていた

就職し入社式
営業成績で一番を目指します
と宣言

見事成績トップを勝ち抜き
2年目3年目もトップを独走

11年目転機が

子供が生まれ、ゼロ歳のときから保育園に入れて
睡眠時間を削りながらも仕事にのめりこんだ

3歳の誕生日
プレゼントなにが欲しい?
と聞いたら
「弟が欲しい」

迷った末、二人目の子供を産む決意
不妊治療後、身ごもったが流産を繰り返した

仕事をしていた自分を責めてしまった

<50代、再起はかる女性:試される転職エージェントの腕>


4月
1人の50代の女性小川さんからの相談

IT関係の重役
30年近く勤めていた会社をやめ
気持ちを整理し、再就職したいと言って来た

介護ビジネス
介護老人ホームの責任者としての仕事
小川さんの手腕を活かせると思った

1時間半におよぶ面接
小川さんは前の仕事の実績を十分にアピールできたという

しかしある懸念を感じていた

分からない不安
自分に本当にできるのか不安に思って来たという

一次面接は合格
最終面接を前に一通のメールを小川さんに書いた

「お気持ちとして腹くくりをいただきたい」

最終面接の前
腹をくくって面接を受けたいと小川さんから

結果は見事内定

小川さんをランチに誘った
覚悟を決めてくれという言葉をかけてくれたのが本当にうれしかった

<プロフェッショナルとは>

無限の可能性を信じて進化し続けること
チャレンジし続けること
それが出来ること

揺るぎない信念を持って
志を形に変えていくことができる人

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。