ためしてガッテン - リズム眠れる能力大脳小脳オノマトペゴルフ飛距離邪念くん藤野良孝跳び箱卵焼きビンのフタ

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - リズム眠れる能力大脳小脳オノマトペゴルフ飛距離邪念くん藤野良孝跳び箱卵焼きビンのフタ

NHKためしてガッテンでリズムと眠れる能力の関係、大脳や小脳、オノマトペ、ゴルフの飛距離、邪念くんなどについて藤野良孝先生、小坂裕紀先生、藤波努先生を交えて紹介


リズムで脳を刺激せよ

脳のある部分に不思議な働き

ゴルフの飛距離が格段に伸びる
跳び箱を簡単に飛べるように
卵焼きも
<卵焼き、チャーハン、スポーツ、上達のかぎは声>

ビンのフタも
習字も陶芸も

声を出すと眠れる能力が目覚める

<スポーツから料理まで即効上達!魔法のコトバ>

平田満さん54歳

200ヤード前後
色々な努力をしているが思うように伸びない

上達に頭打ちを感じているみなさんに実験に参加してもらった
1、普段通り5球打つ

2、スーッガアアアー
・朝日大学音声言語学:藤野良孝教授
スー
ガアアア
というだけで飛距離が伸びた

チャーシューメン、タンタンメンでは伸びないのに
スーッガアアアーは伸びる

スーッガアアアーの方が早く当たり、腰の回転もいい

余計な力が抜けることでムダなく力が伝わるから
スイングのスピードがアップする

声のリズムで動きが変わる?

跳び箱を飛べない4人の小学生

ある秘策で6段が軽々と飛べるようになった

墨田区教育委員会事務局指導室:小坂裕紀さん

1、とび箱の一連の動きを音にする
2、本当にとんでいるように声を出す
その音をイメージしながら平均台にチャレンジ
3、パンヒュウドン→ヒュッへ修正
リズミカルな動きに大変身
4、小さい「ッ」を意識させる

ヒュッという1つの音に集中させる→動きがスムーズに

先生の指導:
タッタッタッタットッヒュッと声に出す
その声に合わせて飛べるようになった

リズムが眠れる能力を引き出す

<音のリズムで脳を刺激!眠れる能力を引き出す>

マクマスター大学(アメリカ)
スティーブンブラウン博士

タンゴのダンサーで実験

音楽があるときにタップを踏む時だけ
脳の奥深くにある部分が
それこそが眠れる能力

大脳の働き:
体のどこをどう動かすか決めて
体に指示を出す

大脳:
意識を司る働き

邪念くん
遠くに飛ばしたい
あの人に勝ちたい
失敗したらはずかしい
こういったことを大脳くんと一緒に送ってしまう

スーッガアアアーが邪念くんを吹き飛ばす

前頭前野の活動低下→無心、余計な力が抜けた

小脳:
小脳の仕事は自動化
考えなくても出来るように動きを自動化する

目からの情報は必ず大脳を通る

耳からの情報は小脳に直接届くルートがある
リズムが耳から入ると小脳が活性化する
より自動的に体が動くようになる

ゴルフのスーッガアアアー
大脳:邪念を捨てる
小脳:声のリズムにのせて体を動かす

無心で能力を発揮
その秘訣は音のリズム

・北陸科学技術大学院大学:藤波努先生

音に合わせて体の動きを変えられるのは
オウムやゾウがもともと持つ能力

違うリズムに触れることで
新しい体の動かし方を身につける

<料理の達人技まで!リズムのすごい効果>

・卵焼き

女子プロレスラーのみなさん

近藤満尋さん:
卵焼き一筋45年卵焼き職人

ひざでリズムをとって体全体を使う

卵焼きのオノマトペ(擬音、擬態語)
タンタンポーン

ホッというかけ声で出来なかったのに
タンタンポーンで即効上達

タンタンポーン:
腕とひざを連動させけん玉をする要領で

下半身を使うことで力が分散
かるくスムーズに卵を返すことができる

素早い動き:
Sの音が最も適している

ガという濁音、アという母音
力を一気に出して解放するのに効果的

<日常生活にすぐに役立つオノマトペ>

・チャーハンを作るとき、中華鍋をふるコツ
サッサッサッとサッを3回
小さい「ッ」を意識する

・とても固いビンのフタを開けるコツ
グウウウウと声に出す
母音のウを強く発生すると力が出やすい

グウウウウと声にだすと
約3kg握力が高まるというデータも

・アイロンで上手にシワを伸ばすコツ
スーーーーと声に出す
力を抜くためスウではなくスー
Sponsored Link

ためしてガッテン - リズム眠れる能力大脳小脳オノマトペゴルフ飛距離邪念くん藤野良孝跳び箱卵焼きビンのフタ

NHKためしてガッテンでリズムと眠れる能力の関係、大脳や小脳、オノマトペ、ゴルフの飛距離、邪念くんなどについて藤野良孝先生、小坂裕紀先生、藤波努先生を交えて紹介


リズムで脳を刺激せよ

脳のある部分に不思議な働き

ゴルフの飛距離が格段に伸びる
跳び箱を簡単に飛べるように
卵焼きも
<卵焼き、チャーハン、スポーツ、上達のかぎは声>

ビンのフタも
習字も陶芸も

声を出すと眠れる能力が目覚める

<スポーツから料理まで即効上達!魔法のコトバ>

平田満さん54歳

200ヤード前後
色々な努力をしているが思うように伸びない

上達に頭打ちを感じているみなさんに実験に参加してもらった
1、普段通り5球打つ

2、スーッガアアアー
・朝日大学音声言語学:藤野良孝教授
スー
ガアアア
というだけで飛距離が伸びた

チャーシューメン、タンタンメンでは伸びないのに
スーッガアアアーは伸びる

スーッガアアアーの方が早く当たり、腰の回転もいい

余計な力が抜けることでムダなく力が伝わるから
スイングのスピードがアップする

声のリズムで動きが変わる?

跳び箱を飛べない4人の小学生

ある秘策で6段が軽々と飛べるようになった

墨田区教育委員会事務局指導室:小坂裕紀さん

1、とび箱の一連の動きを音にする
2、本当にとんでいるように声を出す
その音をイメージしながら平均台にチャレンジ
3、パンヒュウドン→ヒュッへ修正
リズミカルな動きに大変身
4、小さい「ッ」を意識させる

ヒュッという1つの音に集中させる→動きがスムーズに

先生の指導:
タッタッタッタットッヒュッと声に出す
その声に合わせて飛べるようになった

リズムが眠れる能力を引き出す

<音のリズムで脳を刺激!眠れる能力を引き出す>

マクマスター大学(アメリカ)
スティーブンブラウン博士

タンゴのダンサーで実験

音楽があるときにタップを踏む時だけ
脳の奥深くにある部分が
それこそが眠れる能力

大脳の働き:
体のどこをどう動かすか決めて
体に指示を出す

大脳:
意識を司る働き

邪念くん
遠くに飛ばしたい
あの人に勝ちたい
失敗したらはずかしい
こういったことを大脳くんと一緒に送ってしまう

スーッガアアアーが邪念くんを吹き飛ばす

前頭前野の活動低下→無心、余計な力が抜けた

小脳:
小脳の仕事は自動化
考えなくても出来るように動きを自動化する

目からの情報は必ず大脳を通る

耳からの情報は小脳に直接届くルートがある
リズムが耳から入ると小脳が活性化する
より自動的に体が動くようになる

ゴルフのスーッガアアアー
大脳:邪念を捨てる
小脳:声のリズムにのせて体を動かす

無心で能力を発揮
その秘訣は音のリズム

・北陸科学技術大学院大学:藤波努先生

音に合わせて体の動きを変えられるのは
オウムやゾウがもともと持つ能力

違うリズムに触れることで
新しい体の動かし方を身につける

<料理の達人技まで!リズムのすごい効果>

・卵焼き

女子プロレスラーのみなさん

近藤満尋さん:
卵焼き一筋45年卵焼き職人

ひざでリズムをとって体全体を使う

卵焼きのオノマトペ(擬音、擬態語)
タンタンポーン

ホッというかけ声で出来なかったのに
タンタンポーンで即効上達

タンタンポーン:
腕とひざを連動させけん玉をする要領で

下半身を使うことで力が分散
かるくスムーズに卵を返すことができる

素早い動き:
Sの音が最も適している

ガという濁音、アという母音
力を一気に出して解放するのに効果的

<日常生活にすぐに役立つオノマトペ>

・チャーハンを作るとき、中華鍋をふるコツ
サッサッサッとサッを3回
小さい「ッ」を意識する

・とても固いビンのフタを開けるコツ
グウウウウと声に出す
母音のウを強く発生すると力が出やすい

グウウウウと声にだすと
約3kg握力が高まるというデータも

・アイロンで上手にシワを伸ばすコツ
スーーーーと声に出す
力を抜くためスウではなくスー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。