ソロモン流 - 柴田陽子ブランドプロデューサー東京スカイツリー渋谷ヒカリエパレスホテル東京

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 柴田陽子ブランドプロデューサー東京スカイツリー渋谷ヒカリエパレスホテル東京

ソロモン流に柴田陽子さん(ブランドプロデューサー)が登場

渋谷ヒカリエ

妻であり2児の母

プレミアムロールケーキなど
コンビニスイーツのブームを作ったといっても過言ではない

ブランドプロデューサー:柴田陽子さん40歳

<ヒットを生む女子力:名門ホテルの最新レストラン>

千代田区丸の内
パレスホテル東京

5月17日グランドオープン

グランドキッチンのコンセプト作りを任せられた

パレスホテルの太陽というコンセプト

コンセプトブックを作る

キッチンとホールが一体化

ホールスタッフの制服も女性目線で柴田陽子さんが考えた

・東京都渋谷区代官山
柴田陽子事務所

ブランドプロデューサー

お客さんの目線でものを考えている

LAWSON
女性向けデザートの新ブランド開発
そして生まれたのがプレミアムロールケーキ
ネーミングなどを考案

北区浮間
日本交通株式会社
ビジネスクラスのタクシーというコンセプト
飛行機の世界をタクシーの世界でも実現
スタンダードマニュアルの作成を提案

中央区銀座
空也
空也もなか、ほし
老舗和菓子店

女性は髪留め1つに3時間も迷う人種
この部分はこうじゃなければいけないというディテールが
男性の何倍にも及ぶと思う

・渋谷ヒカリエ

4月16日

6、7Fのレストランなどのフロアを総合プロデュース

フロアごとにコンセプト

7階に出店するオーナーとのミーティング
ゼットン:稲本健一さん
SAMURAI:大矢貴博さん
カフェカンパニー:楠本修二郎さん

<柴田陽子さんのプロフィール>

保育園へ行く長男と去年産まれた赤ちゃんの二児の母

1971年神奈川県葉山町生まれ
短大卒業後アメリカへ留学マーケティングを専攻

あのとき出来なかったよなと思い出すのが人生で怖いこと
あれも途中でやめちゃったよなとか逃げたよな
ということを想像する

後悔しないために今を頑張る

帰国後22歳で外食産業へ就職
2000年初めて手がけたレストラン「レインボーロールスシ」オープン

32歳
柴田陽子事務所を設立

ヒットを生む女子力などの著書も話題

<東京スカイツリー>

江戸川区西小岩
ハヤシフルーツ
1934年の老舗


依頼内容
東京ソラマチ出店にあたり、新たな顧客を獲得したい
コンセプト
上質なフルーツがあふれる楽しい市場

・しゃぶしゃぶすき焼き鍋ぞう
アラサー女性を獲得したいというコンセプト

実際に食べながらロゴなどアイデアをメモ
ロゴを事務所で作成

お野菜を最初に持ってくる

<女性の為の和食レストラン>

ルミネ新宿店

和の膳TETOSIO(テトシオ)
船越英一郎さんが訪れた

土鍋ごはんがおすすめ

ポジティブな人を思い浮かべ
物事を前向きに考える

仕事は頑張れば楽しい
頑張らなければ楽しくない
Sponsored Link

ソロモン流 - 柴田陽子ブランドプロデューサー東京スカイツリー渋谷ヒカリエパレスホテル東京

ソロモン流に柴田陽子さん(ブランドプロデューサー)が登場

渋谷ヒカリエ

妻であり2児の母

プレミアムロールケーキなど
コンビニスイーツのブームを作ったといっても過言ではない

ブランドプロデューサー:柴田陽子さん40歳

<ヒットを生む女子力:名門ホテルの最新レストラン>

千代田区丸の内
パレスホテル東京

5月17日グランドオープン

グランドキッチンのコンセプト作りを任せられた

パレスホテルの太陽というコンセプト

コンセプトブックを作る

キッチンとホールが一体化

ホールスタッフの制服も女性目線で柴田陽子さんが考えた

・東京都渋谷区代官山
柴田陽子事務所

ブランドプロデューサー

お客さんの目線でものを考えている

LAWSON
女性向けデザートの新ブランド開発
そして生まれたのがプレミアムロールケーキ
ネーミングなどを考案

北区浮間
日本交通株式会社
ビジネスクラスのタクシーというコンセプト
飛行機の世界をタクシーの世界でも実現
スタンダードマニュアルの作成を提案

中央区銀座
空也
空也もなか、ほし
老舗和菓子店

女性は髪留め1つに3時間も迷う人種
この部分はこうじゃなければいけないというディテールが
男性の何倍にも及ぶと思う

・渋谷ヒカリエ

4月16日

6、7Fのレストランなどのフロアを総合プロデュース

フロアごとにコンセプト

7階に出店するオーナーとのミーティング
ゼットン:稲本健一さん
SAMURAI:大矢貴博さん
カフェカンパニー:楠本修二郎さん

<柴田陽子さんのプロフィール>

保育園へ行く長男と去年産まれた赤ちゃんの二児の母

1971年神奈川県葉山町生まれ
短大卒業後アメリカへ留学マーケティングを専攻

あのとき出来なかったよなと思い出すのが人生で怖いこと
あれも途中でやめちゃったよなとか逃げたよな
ということを想像する

後悔しないために今を頑張る

帰国後22歳で外食産業へ就職
2000年初めて手がけたレストラン「レインボーロールスシ」オープン

32歳
柴田陽子事務所を設立

ヒットを生む女子力などの著書も話題

<東京スカイツリー>

江戸川区西小岩
ハヤシフルーツ
1934年の老舗


依頼内容
東京ソラマチ出店にあたり、新たな顧客を獲得したい
コンセプト
上質なフルーツがあふれる楽しい市場

・しゃぶしゃぶすき焼き鍋ぞう
アラサー女性を獲得したいというコンセプト

実際に食べながらロゴなどアイデアをメモ
ロゴを事務所で作成

お野菜を最初に持ってくる

<女性の為の和食レストラン>

ルミネ新宿店

和の膳TETOSIO(テトシオ)
船越英一郎さんが訪れた

土鍋ごはんがおすすめ

ポジティブな人を思い浮かべ
物事を前向きに考える

仕事は頑張れば楽しい
頑張らなければ楽しくない

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。