ゆうどきネットワーク - アルツハイマー型認知症新薬メマリーレミニールリバスタッチイクセロンパッチレスベラトロール遠藤英俊

覚え書き
Sponsored Link

ゆうどきネットワーク - アルツハイマー型認知症新薬メマリーレミニールリバスタッチイクセロンパッチレスベラトロール遠藤英俊

NHKゆうどきネットワークでアルツハイマー型認知症の新薬としてメマリーやレミニール、リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ、そしてレスベラトロールなどについて遠藤英俊さんを交えて紹介

認知症

アルツハイマー型認知症の新薬

アルツハイマー型認知症
治療の最新情報

認知症で最も多いのは
アルツハイマー型認知症
ほかにはレビー小体型認知症など

去年一種類しかなかった
アルツハイマー型認知症の新薬が登場し
4つに増えた

・遠藤英俊さん:国立長寿医療研究センター

海馬の萎縮が進むことで記憶に影響が出る

認知症での物忘れは大事なことまで忘れてしまう

認知症のリスク
加齢
高血圧(健常者の3倍)
糖尿病(健常者の2倍)

・アルツハイマー型認知症の薬

今までは
アリセプトのみだった
それが3つ増えた
メマリー、レミニール、
貼り薬2種(リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ)

新しい薬が出たことで
合う薬に代えることができるというメリットがある

<アルツハイマー型認知症:新薬の効果は>

滝口英邦さん65歳
8年前アルツハイマー型認知症を発症

植木職人として働いていたが
ある日お得意さんの場所が分からなくなった

アリセプトを処方された

しかし、温厚だった英邦さんが杖でたたくようになってしまった
アリセプトによって興奮しやすくなる可能性が

そこで貼り薬に変えた
さらにメマリーも処方された
組み合わせると認知症の症状をより遅らせられる可能性がある

・国立病院機構:広島西医療センター(広島県大竹市)

認知機能疾患科:片山禎夫医師

症状を和らげ
介護負担も減る

<薬の副作用>

・薬の主な副作用

メマリー:めまい、ねむけ、便秘
レミニール:吐き気、嘔吐、腹痛
貼り薬(イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ):皮膚症状、食欲不振、腹痛
アリセプト:下痢、吐き気、興奮

5%〜10%の頻度

飲み始めに特に注意が必要

・薬をいかすケアのポイント

認知症の人をほめる
ニコニコ笑顔に
一緒に散歩
でかけて会話

Q:早期発見のためのセルフチェック法は?

物忘れが増えた、ど忘れなどの頻度が増える
というときに疑うのがポイント
物忘れ外来など相談出来る場所があるといい

Q:毎日の生活習慣で予防するポイントは?

動脈硬化などを防ぐ生活パターンとして食べ物、運動は大事
赤ワイン(ポリフェノール、レスベラトール=レスベラトロール)がいいという話も最近はある

Q:認知症は遺伝する?

あるかないかといえばあるが頻度は低い
1〜2%ではないか

Q:脳梗塞から認知症になることはあるか?

あるかないかといえばあるが頻度は低い
再発予防の薬を飲んでいると防げる可能性が


Q:本人が病院に行きたがらないがどうしたらいい?

検診でかかりましょう
どなたかと一緒に来てみてもらうなど
在宅という方法も

Q:新薬の適用はアルツハイマー型認知症だけ?

適用はアルツハイマー型認知症だけだが
実際にはレビー小体型認知症にもいくつかは効果があるかもしれない
現在治験中

Q:高血圧の薬を飲んでいて物忘れがあるが認知症のはじまりか?

日記を書くとか歩くといった日常生活的なことをやって
心配なら診せる
Sponsored Link

ゆうどきネットワーク - アルツハイマー型認知症新薬メマリーレミニールリバスタッチイクセロンパッチレスベラトロール遠藤英俊

NHKゆうどきネットワークでアルツハイマー型認知症の新薬としてメマリーやレミニール、リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ、そしてレスベラトロールなどについて遠藤英俊さんを交えて紹介

認知症

アルツハイマー型認知症の新薬

アルツハイマー型認知症
治療の最新情報

認知症で最も多いのは
アルツハイマー型認知症
ほかにはレビー小体型認知症など

去年一種類しかなかった
アルツハイマー型認知症の新薬が登場し
4つに増えた

・遠藤英俊さん:国立長寿医療研究センター

海馬の萎縮が進むことで記憶に影響が出る

認知症での物忘れは大事なことまで忘れてしまう

認知症のリスク
加齢
高血圧(健常者の3倍)
糖尿病(健常者の2倍)

・アルツハイマー型認知症の薬

今までは
アリセプトのみだった
それが3つ増えた
メマリー、レミニール、
貼り薬2種(リバスタッチパッチ、イクセロンパッチ)

新しい薬が出たことで
合う薬に代えることができるというメリットがある

<アルツハイマー型認知症:新薬の効果は>

滝口英邦さん65歳
8年前アルツハイマー型認知症を発症

植木職人として働いていたが
ある日お得意さんの場所が分からなくなった

アリセプトを処方された

しかし、温厚だった英邦さんが杖でたたくようになってしまった
アリセプトによって興奮しやすくなる可能性が

そこで貼り薬に変えた
さらにメマリーも処方された
組み合わせると認知症の症状をより遅らせられる可能性がある

・国立病院機構:広島西医療センター(広島県大竹市)

認知機能疾患科:片山禎夫医師

症状を和らげ
介護負担も減る

<薬の副作用>

・薬の主な副作用

メマリー:めまい、ねむけ、便秘
レミニール:吐き気、嘔吐、腹痛
貼り薬(イクセロンパッチ、リバスタッチパッチ):皮膚症状、食欲不振、腹痛
アリセプト:下痢、吐き気、興奮

5%〜10%の頻度

飲み始めに特に注意が必要

・薬をいかすケアのポイント

認知症の人をほめる
ニコニコ笑顔に
一緒に散歩
でかけて会話

Q:早期発見のためのセルフチェック法は?

物忘れが増えた、ど忘れなどの頻度が増える
というときに疑うのがポイント
物忘れ外来など相談出来る場所があるといい

Q:毎日の生活習慣で予防するポイントは?

動脈硬化などを防ぐ生活パターンとして食べ物、運動は大事
赤ワイン(ポリフェノール、レスベラトール=レスベラトロール)がいいという話も最近はある

Q:認知症は遺伝する?

あるかないかといえばあるが頻度は低い
1〜2%ではないか

Q:脳梗塞から認知症になることはあるか?

あるかないかといえばあるが頻度は低い
再発予防の薬を飲んでいると防げる可能性が


Q:本人が病院に行きたがらないがどうしたらいい?

検診でかかりましょう
どなたかと一緒に来てみてもらうなど
在宅という方法も

Q:新薬の適用はアルツハイマー型認知症だけ?

適用はアルツハイマー型認知症だけだが
実際にはレビー小体型認知症にもいくつかは効果があるかもしれない
現在治験中

Q:高血圧の薬を飲んでいて物忘れがあるが認知症のはじまりか?

日記を書くとか歩くといった日常生活的なことをやって
心配なら診せる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。