ためしてガッテン - COPD肺口すぼめ呼吸筋ストレッチ筋力トレーニング有酸素運動慢性閉塞性肺疾患高橋仁美

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - COPD肺口すぼめ呼吸筋ストレッチ筋力トレーニング有酸素運動慢性閉塞性肺疾患高橋仁美

NHKためしてガッテンでCOPD(慢性閉塞性疾患)や口すぼめ呼吸のやり方として呼吸筋ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動などについて高橋仁美さん等を交えて紹介

悪魔の物質撃退SP

骨粗しょう症

激やせやむくみ
これらすべてに悪魔の物質が関わっている

患者数推定600万人

<95%が気づかない!全身ボロボロ病>

・中嶋さん(男性)75歳

毎日色々な薬を服用している

4年前
突然心筋梗塞

緊急手術で一命を取り留めたが

退院後歩いている最中に
また異変が

精密検査を行った結果
〇〇という診断が

・掛下さん(女性)63歳

骨粗しょう症

糖尿病にも関わっていた

薬で食い止めているが

悪魔の物質
血液をつまらせ
様々なものを破壊する

体のある一カ所を中心に作り出して
血液に乗って全身に行くから
様々な病気に関わってくる

の中に悪魔がいた

にカメラが潜入!悪魔の正体とは>

・慶應義塾大学病院:呼吸器内科別役智子さん

気管支内視鏡
カメラがついていての中が見れる

ごく一部だけに水を入れて回収する

の中で見つかったものは?

闘わなければいけない敵がいる?

マクロファージ:
体の中のいらないものを食べる
お掃除屋さん(白血球の一種)

マクロファージがたくさんある=炎症あり

これ以上食べられないとマクロファージが助けを呼ぶ時に
吐き出したものについているのが悪魔の物質

阻害(ソガイ)くん:TNF-α(アルファ)
血糖をコントロールするインスリンの働きを悪くし
糖尿病を悪化させる

破骨細胞がどんどん骨を壊し骨粗しょう症へ

筋肉細胞に入ると激やせ

血管の中に入ると脳梗塞や心筋梗塞

・日本医科大学呼吸ケアクリニック:木田厚端さん

COPD:
慢性閉塞性疾患
昔は気腫、慢性気管支炎と呼ばれていた

COPDで壊れたは二度ともとには戻らない

治りにくい炎症が長期間続くと
様々な他の病気を呼び寄せてしまう

COPDによる糖尿病などが存在する

タバコ(喫煙)をやめても症状が出てしまうひとも

しかし、
新しい薬が出ているので早めに発見治療することで
症状を抑えられる

COPDの二割はタバコを吸っていない人
受動喫煙や粉じん、大気汚染などでも発症

スパイロメーター:機能検査機
年齢や機能を調べる機械

風邪が長引く、息切れなどがあるが
年齢のせいだと放置する人が多い

<超呼吸術>

簡単!すぐに呼吸が楽チンに

田澤さん72歳の男性

若い頃から1日3箱のタバコを吸い続け
COPDと診断された

一生治らないと言われたが

外出もままならなかったのに山登りも出来るようになった

・市立秋田総合病院:高橋仁美さん

<口すぼめ呼吸のやり方>

運動1、口をすぼめて呼吸筋ストレッチ
口をすぼめて息を吐きながらひじを天井方向(真上)に持ち上げる
30cm手を離したところにかかるくらいの圧で
※まず空気を吐くことで新しい空気を吸い込みやすくなる

運動2、口をすぼめて筋力トレーニング
足を足首のところで左右にクロスし、下の足で両足を持ち上げる
上の足は持ち上がらないように下の足を押さえつける
この際も口をすぼめて息を吐きながら

運動3、口をすぼめて座ったまま有酸素運動
イスに座った状態で息を吐きながら歩く動作をする
4歩で吐いて2歩で吸うリズムで

3種類合わせて15から20分
1日おきくらいのペースから

三重県鳥羽市の海女さんも行っていた
磯笛が口すぼめ呼吸と同じ効果
Sponsored Link

ためしてガッテン - COPD肺口すぼめ呼吸筋ストレッチ筋力トレーニング有酸素運動慢性閉塞性肺疾患高橋仁美

NHKためしてガッテンでCOPD(慢性閉塞性疾患)や口すぼめ呼吸のやり方として呼吸筋ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動などについて高橋仁美さん等を交えて紹介

悪魔の物質撃退SP

骨粗しょう症

激やせやむくみ
これらすべてに悪魔の物質が関わっている

患者数推定600万人

<95%が気づかない!全身ボロボロ病>

・中嶋さん(男性)75歳

毎日色々な薬を服用している

4年前
突然心筋梗塞

緊急手術で一命を取り留めたが

退院後歩いている最中に
また異変が

精密検査を行った結果
〇〇という診断が

・掛下さん(女性)63歳

骨粗しょう症

糖尿病にも関わっていた

薬で食い止めているが

悪魔の物質
血液をつまらせ
様々なものを破壊する

体のある一カ所を中心に作り出して
血液に乗って全身に行くから
様々な病気に関わってくる

の中に悪魔がいた

にカメラが潜入!悪魔の正体とは>

・慶應義塾大学病院:呼吸器内科別役智子さん

気管支内視鏡
カメラがついていての中が見れる

ごく一部だけに水を入れて回収する

の中で見つかったものは?

闘わなければいけない敵がいる?

マクロファージ:
体の中のいらないものを食べる
お掃除屋さん(白血球の一種)

マクロファージがたくさんある=炎症あり

これ以上食べられないとマクロファージが助けを呼ぶ時に
吐き出したものについているのが悪魔の物質

阻害(ソガイ)くん:TNF-α(アルファ)
血糖をコントロールするインスリンの働きを悪くし
糖尿病を悪化させる

破骨細胞がどんどん骨を壊し骨粗しょう症へ

筋肉細胞に入ると激やせ

血管の中に入ると脳梗塞や心筋梗塞

・日本医科大学呼吸ケアクリニック:木田厚端さん

COPD:
慢性閉塞性疾患
昔は気腫、慢性気管支炎と呼ばれていた

COPDで壊れたは二度ともとには戻らない

治りにくい炎症が長期間続くと
様々な他の病気を呼び寄せてしまう

COPDによる糖尿病などが存在する

タバコ(喫煙)をやめても症状が出てしまうひとも

しかし、
新しい薬が出ているので早めに発見治療することで
症状を抑えられる

COPDの二割はタバコを吸っていない人
受動喫煙や粉じん、大気汚染などでも発症

スパイロメーター:機能検査機
年齢や機能を調べる機械

風邪が長引く、息切れなどがあるが
年齢のせいだと放置する人が多い

<超呼吸術>

簡単!すぐに呼吸が楽チンに

田澤さん72歳の男性

若い頃から1日3箱のタバコを吸い続け
COPDと診断された

一生治らないと言われたが

外出もままならなかったのに山登りも出来るようになった

・市立秋田総合病院:高橋仁美さん

<口すぼめ呼吸のやり方>

運動1、口をすぼめて呼吸筋ストレッチ
口をすぼめて息を吐きながらひじを天井方向(真上)に持ち上げる
30cm手を離したところにかかるくらいの圧で
※まず空気を吐くことで新しい空気を吸い込みやすくなる

運動2、口をすぼめて筋力トレーニング
足を足首のところで左右にクロスし、下の足で両足を持ち上げる
上の足は持ち上がらないように下の足を押さえつける
この際も口をすぼめて息を吐きながら

運動3、口をすぼめて座ったまま有酸素運動
イスに座った状態で息を吐きながら歩く動作をする
4歩で吐いて2歩で吸うリズムで

3種類合わせて15から20分
1日おきくらいのペースから

三重県鳥羽市の海女さんも行っていた
磯笛が口すぼめ呼吸と同じ効果

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。