ゆうどきネットワーク - 酒かす小泉流かす床作り方レシピ小泉武夫

覚え書き
Sponsored Link

ゆうどきネットワーク - 酒かす小泉流かす床作り方レシピ小泉武夫

ゆうどきネットワークで酒かす、小泉流かす床の作り方を小泉武夫さんが紹介

今が旬
酒かす 驚きの発酵パワー


酒かす

2月14日に放送された「もうカスとは呼べない発酵酒かすパワー」で注目の酒かす

・小泉流かす床

大公開!小泉流かす床の秘密

小泉武夫さん:東京農業大学名誉教授:発酵学が専門
世界各国の発酵食品に詳しい

東京農業大学醸造科准教授:前橋健二さん

生の鮭と小泉流かす床に3日間漬け込んだ鮭
鮭のうまみ成分グルタミン酸が8倍近くに

グルタミン酸が鮭に浸透

酵素も含まれている


かす床につけることで豆腐のうまみは11倍に

豆腐のかす漬けはチーズみたいな味

<小泉流かす床の作り方>

材料:
酒かす1kg、砂糖150g、塩30g、みりん30ml、焼酎50ml
みそ70g

小泉流かす床の作り方:
刻んだ酒かすにみりんと焼酎を加える
ジップロックなどに入れて封をする
少し口を開けて足で踏む
砂糖、塩、みそを加え、根気よく混ぜる

漬け方:
野菜は一度塩をふって、水を出して
表面から水分を取る
1つのかす床にいろいろな食材を漬ける
上には野菜、下には肉や魚

焼き方:
肉に付いたかすを丁寧に拭き取る
水洗いは厳禁
弱火が鉄則
四方を固めるように焼く
中まで火が通ったら完成

すじこも10日間小泉流かす床に漬けた

粕汁もかす床を使っている
風味がまろやかになる

あたたかくなってきたら暗いところで保管を

漬ける期間:
肉の場合は10日間くらい
野菜は5日間くらいでパリパリで食べることが出来る

早くおいしいのを食べたかったら
やわらかい酒かすを選ぶのがいい

アルコールが入っているので
お子様や運転される方は注意が必要
Sponsored Link

ゆうどきネットワーク - 酒かす小泉流かす床作り方レシピ小泉武夫

ゆうどきネットワークで酒かす、小泉流かす床の作り方を小泉武夫さんが紹介

今が旬
酒かす 驚きの発酵パワー


酒かす

2月14日に放送された「もうカスとは呼べない発酵酒かすパワー」で注目の酒かす

・小泉流かす床

大公開!小泉流かす床の秘密

小泉武夫さん:東京農業大学名誉教授:発酵学が専門
世界各国の発酵食品に詳しい

東京農業大学醸造科准教授:前橋健二さん

生の鮭と小泉流かす床に3日間漬け込んだ鮭
鮭のうまみ成分グルタミン酸が8倍近くに

グルタミン酸が鮭に浸透

酵素も含まれている


かす床につけることで豆腐のうまみは11倍に

豆腐のかす漬けはチーズみたいな味

<小泉流かす床の作り方>

材料:
酒かす1kg、砂糖150g、塩30g、みりん30ml、焼酎50ml
みそ70g

小泉流かす床の作り方:
刻んだ酒かすにみりんと焼酎を加える
ジップロックなどに入れて封をする
少し口を開けて足で踏む
砂糖、塩、みそを加え、根気よく混ぜる

漬け方:
野菜は一度塩をふって、水を出して
表面から水分を取る
1つのかす床にいろいろな食材を漬ける
上には野菜、下には肉や魚

焼き方:
肉に付いたかすを丁寧に拭き取る
水洗いは厳禁
弱火が鉄則
四方を固めるように焼く
中まで火が通ったら完成

すじこも10日間小泉流かす床に漬けた

粕汁もかす床を使っている
風味がまろやかになる

あたたかくなってきたら暗いところで保管を

漬ける期間:
肉の場合は10日間くらい
野菜は5日間くらいでパリパリで食べることが出来る

早くおいしいのを食べたかったら
やわらかい酒かすを選ぶのがいい

アルコールが入っているので
お子様や運転される方は注意が必要

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。