ベストハウス123 - 乳がんセルフチェック術PEM温存手術マンモトーム生検MAIKOゆうあいクリニック

覚え書き
Sponsored Link

ベストハウス123 - 乳がんセルフチェック術PEM温存手術マンモトーム生検MAIKOゆうあいクリニック

ベストハウス123で乳がんセルフチェック術やPEMという乳がん検査マシン、そして温存手術やマンモトーム生検やMAIKOさんの闘病生活などについて紹介

39歳で乳がん発病
乳がんと闘う美人モデルMAIKOさん

お母さんが乳がんだった

ある日しこりを発見
検査の結果
悪性の乳がんだった

約2cm
転移を防ぐためには全摘するしかないと告げられる

浸潤がん:
健康な組織に転移する悪性のがん

肺や骨に転移し命の危険が

別の病院に行っても乳がん
全摘した方がいいと言われた

シングルマザーのMAIKOさんが
乳がんということを息子さんに告げると
オレがいるから大丈夫と行ってくれた


・聖路加国際病院

乳がん治療で数多くの実績を持つ病院

温存手術も可能かもしれない
と奇跡の言葉が

聖路加国際病院乳腺外科:矢形寛先生

山田邦子さんの乳がん温存手術にも関わった

がんの広がりを性格に確かめるある特別な検査を行っていた

・マンモトーム生検

がんの疑いのある場所にハリを打ち込み細胞を取り出す方法

がんの広がりが小さいことが判明した

そして手術

形が残っていたことがうれしかった


しかし
抗がん剤治療が待っていた

しかし強烈な吐き気
味覚障害
爪が赤黒く変色

なんとか仕事を続けたが
2週間後
今度は脱毛

ウィッグで隠すことに

息子さんが買い物に誘ってくれた
向かった先は帽子屋

自分のありのままの姿を一枚の写真に収めた

髪を剃り丸め
坊主になった自分を鏡の前で見た時に
似合ってるじゃんと思った

「モデル、40歳。乳がん1年生」
自らの闘病生活を綴った本

現在はモデルをしながら乳がんの啓蒙活動を行っている


この先5年間のホルモン治療を行わなければならない

<MAIKOさんがスタジオに登場>

検診に行った時はなかった

・湘南記念病院医学博士:土井卓子先生

男性も乳がんになる場合も

乳がんの危険要因
1、家族歴
2、生活様式

脂肪食や晩婚による授乳の少なさ
アルコールはビール(ジョッキ2杯以上)、日本酒2合以上
乳がん発症の危険が高まると言われている

定期的に週3回運動する方は乳がんにかかりにくい

<痛くない乳がん検査マシン>

最近すごい乳がん検査マシンが開発されている

早期発見で命が助かる確立90%

現在行われている検査:
エコー検査
マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査では白黒
20代30代の検査で欠かせないのがエコー検査

これら2つの検査マシンよりもさらに
初期段階の乳がんを見つける凄いマシンが登場

・神奈川県横浜市ゆうあいクリニック:片山敦医師

PEM
陽電子放射乳房撮影システム

マンモグラフィ検査やエコー検査で見分けられなかった
非常にちいさながんでも見つけられる可能性がある

検査前にFDG(造影剤)を注射
ブドウ糖に似せた物質が含まれている

がん細胞は3〜8倍のブドウ糖を取り込む性質がある
ブドウ糖を与えがん細胞が集まったところを撮影

痛みもまったくない

PEMの場合は動かないように固定するだけ
乳房1つにつき8分間撮影

アメリカでは40カ所で導入
日本でも導入が検討されている

厚生労働省に認可申請中のため
保険適用外

乳がん自分でできる自己検診>

・自宅で出来る乳がんセルフチェック術

チェック1、しこりの感触
こぶしを握った軟骨くらいの固さがないか?

チェック2、しこりの探し方
お風呂入る時に鏡の前に立って自分の乳頭を見る
ちょっと右向きになって左向きになって
今度は正面を向き、手を頭の後ろに上げて同じように見る
乳頭がしこりに引っ張られて不自然な方向を向いていないかチェック

1、触りたい胸側の手を上げ、頭の後ろに
2、外から内へ肋骨に沿ってしっかりと押す
3、次に下から上に向かって縦に触る

全摘で再建した方がきれいな場合もある
Sponsored Link

ベストハウス123 - 乳がんセルフチェック術PEM温存手術マンモトーム生検MAIKOゆうあいクリニック

ベストハウス123で乳がんセルフチェック術やPEMという乳がん検査マシン、そして温存手術やマンモトーム生検やMAIKOさんの闘病生活などについて紹介

39歳で乳がん発病
乳がんと闘う美人モデルMAIKOさん

お母さんが乳がんだった

ある日しこりを発見
検査の結果
悪性の乳がんだった

約2cm
転移を防ぐためには全摘するしかないと告げられる

浸潤がん:
健康な組織に転移する悪性のがん

肺や骨に転移し命の危険が

別の病院に行っても乳がん
全摘した方がいいと言われた

シングルマザーのMAIKOさんが
乳がんということを息子さんに告げると
オレがいるから大丈夫と行ってくれた


・聖路加国際病院

乳がん治療で数多くの実績を持つ病院

温存手術も可能かもしれない
と奇跡の言葉が

聖路加国際病院乳腺外科:矢形寛先生

山田邦子さんの乳がん温存手術にも関わった

がんの広がりを性格に確かめるある特別な検査を行っていた

・マンモトーム生検

がんの疑いのある場所にハリを打ち込み細胞を取り出す方法

がんの広がりが小さいことが判明した

そして手術

形が残っていたことがうれしかった


しかし
抗がん剤治療が待っていた

しかし強烈な吐き気
味覚障害
爪が赤黒く変色

なんとか仕事を続けたが
2週間後
今度は脱毛

ウィッグで隠すことに

息子さんが買い物に誘ってくれた
向かった先は帽子屋

自分のありのままの姿を一枚の写真に収めた

髪を剃り丸め
坊主になった自分を鏡の前で見た時に
似合ってるじゃんと思った

「モデル、40歳。乳がん1年生」
自らの闘病生活を綴った本

現在はモデルをしながら乳がんの啓蒙活動を行っている


この先5年間のホルモン治療を行わなければならない

<MAIKOさんがスタジオに登場>

検診に行った時はなかった

・湘南記念病院医学博士:土井卓子先生

男性も乳がんになる場合も

乳がんの危険要因
1、家族歴
2、生活様式

脂肪食や晩婚による授乳の少なさ
アルコールはビール(ジョッキ2杯以上)、日本酒2合以上
乳がん発症の危険が高まると言われている

定期的に週3回運動する方は乳がんにかかりにくい

<痛くない乳がん検査マシン>

最近すごい乳がん検査マシンが開発されている

早期発見で命が助かる確立90%

現在行われている検査:
エコー検査
マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査では白黒
20代30代の検査で欠かせないのがエコー検査

これら2つの検査マシンよりもさらに
初期段階の乳がんを見つける凄いマシンが登場

・神奈川県横浜市ゆうあいクリニック:片山敦医師

PEM
陽電子放射乳房撮影システム

マンモグラフィ検査やエコー検査で見分けられなかった
非常にちいさながんでも見つけられる可能性がある

検査前にFDG(造影剤)を注射
ブドウ糖に似せた物質が含まれている

がん細胞は3〜8倍のブドウ糖を取り込む性質がある
ブドウ糖を与えがん細胞が集まったところを撮影

痛みもまったくない

PEMの場合は動かないように固定するだけ
乳房1つにつき8分間撮影

アメリカでは40カ所で導入
日本でも導入が検討されている

厚生労働省に認可申請中のため
保険適用外

乳がん自分でできる自己検診>

・自宅で出来る乳がんセルフチェック術

チェック1、しこりの感触
こぶしを握った軟骨くらいの固さがないか?

チェック2、しこりの探し方
お風呂入る時に鏡の前に立って自分の乳頭を見る
ちょっと右向きになって左向きになって
今度は正面を向き、手を頭の後ろに上げて同じように見る
乳頭がしこりに引っ張られて不自然な方向を向いていないかチェック

1、触りたい胸側の手を上げ、頭の後ろに
2、外から内へ肋骨に沿ってしっかりと押す
3、次に下から上に向かって縦に触る

全摘で再建した方がきれいな場合もある

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。