ためしてガッテン - レム睡眠行動障害治療薬抗てんかん薬パーキンソン病治療薬

覚え書き
Sponsored Link

ためしてガッテン - レム睡眠行動障害治療薬抗てんかん薬パーキンソン病治療薬

ためしてガッテンでレム睡眠行動障害や治療薬として抗てんかん薬パーキンソン病治療薬などについて紹介

激しい寝相の原因発見!

奇妙な寝言、寝相
驚きの実態

結婚式の音頭をとったり
何かを叫んで投げつけたり

普通に起きている時のように誰かとけんかしたり
どなったり、叱りつけたり、蹴ったり殴ったりするので怖い
という41歳の女性

普段は優しい41歳のお父さん

すると睡眠中に暴言を吐いたり暴れたり

息子と息子の友達を怒っている夢を見てた

激しい寝言や寝相は
夢と深い関係があった

<夢、睡眠、寝相の不思議な関係>

レム睡眠=目が動く
ノンレム睡眠=目が動かない

1時間半周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す

夢を見る時はレム睡眠?ノンレム睡眠?

・漫画家3人で実験

ギャグ漫画家:狩俣翔一さん

愛と友情の漫画家:菅原利秋さん

現役アニメーター:陸田聡志さん

レム睡眠の時:
はっきりした夢を見ている

ノンレム睡眠の時:
見ていないか
はっきりしていない

・歯ぎしり

ノンレム睡眠で歯ぎしりする

<激しい寝言、寝相の正体は?>

フランスを代表する脳神経生理学者Michel Jouvet ミシェルジュべ博士

フランスリヨン

猫はノンレム睡眠の時は体を立てて丸くした姿勢で眠り
レム睡眠の時は体を脱力した状態で眠る

寝ている猫に何が起きた?

寝ているのに獲物に飛びかかったり、獲物に忍び寄る行動に

ネコは狩りをする夢の通りに体が動いていた

夢にあわせて体が動く人たちと同じことが起きていた

ノンレム睡眠:
脳は最低限の機能を残し休息する
脳からの指令がないため歯ぎしり程度しか体は動かない

脳幹=脳の深い部分にある
ノンレム睡眠からレム睡眠に入る時に
脳と体の回路を切る仕組み

脳と体の回路をうまく切れないと暴れてしまう

レム睡眠行動障害

激しい寝言、寝相はレム睡眠中に働く
脳と体を遮断するスイッチに異常

・元フランス国立科学研究所:北浜邦夫先生

夢の働き:
昼間体験したことを復習
記憶の整理をしている
必要のない情報は捨てる
大事な情報を長期保管


<激しすぎる寝言、寝相、どう治療する?>


愛知県の70代の男性

・睡眠総合ケアクリニック代々木
東京代々木

レム睡眠行動障害と診断

8割から9割の人が処方された薬で良くなる

静かにぐっすり眠れるようになった

・日本睡眠学会会長:井上雄一先生

遮断スイッチの異常は脳の老化と関係している

遮断スイッチの異常
αシヌクレインというタンパク質の蓄積

アルファシヌクレインは
パーキンソン病やレビー小体型認知症と関連した物質
レム睡眠行動障害の患者の一部が脳神経系の病気に進行
放っておくと認知症につながることも

レム睡眠行動障害

自覚症状:
起こされるとはっきり夢を記憶している
不快な夢が増える

家族が気づける症状:
鮮明な寝言が続く
手足を激しく動かす
寝言、手足の動きと夢の内容が一致

特に多いのは:50歳以上の男性


10回夢を見たら
8回程度不快な夢
1、2回不快ではない夢

レム睡眠行動障害
アルコールの影響で症状が悪化する

激しい寝言や寝相が気になったら
睡眠専門医や精神科、神経内科を

子供の激しい寝言や寝相の多くは
思春期頃に自然解消する

高齢者の場合はめったに自然治癒しないので
症状が目立つようなら早めの受診を

抗てんかん薬、パーキンソン病治療薬
などが治療に用いられる

治療薬で8〜9割の症状が軽減する
Sponsored Link

ためしてガッテン - レム睡眠行動障害治療薬抗てんかん薬パーキンソン病治療薬

ためしてガッテンでレム睡眠行動障害や治療薬として抗てんかん薬パーキンソン病治療薬などについて紹介

激しい寝相の原因発見!

奇妙な寝言、寝相
驚きの実態

結婚式の音頭をとったり
何かを叫んで投げつけたり

普通に起きている時のように誰かとけんかしたり
どなったり、叱りつけたり、蹴ったり殴ったりするので怖い
という41歳の女性

普段は優しい41歳のお父さん

すると睡眠中に暴言を吐いたり暴れたり

息子と息子の友達を怒っている夢を見てた

激しい寝言や寝相は
夢と深い関係があった

<夢、睡眠、寝相の不思議な関係>

レム睡眠=目が動く
ノンレム睡眠=目が動かない

1時間半周期でレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す

夢を見る時はレム睡眠?ノンレム睡眠?

・漫画家3人で実験

ギャグ漫画家:狩俣翔一さん

愛と友情の漫画家:菅原利秋さん

現役アニメーター:陸田聡志さん

レム睡眠の時:
はっきりした夢を見ている

ノンレム睡眠の時:
見ていないか
はっきりしていない

・歯ぎしり

ノンレム睡眠で歯ぎしりする

<激しい寝言、寝相の正体は?>

フランスを代表する脳神経生理学者Michel Jouvet ミシェルジュべ博士

フランスリヨン

猫はノンレム睡眠の時は体を立てて丸くした姿勢で眠り
レム睡眠の時は体を脱力した状態で眠る

寝ている猫に何が起きた?

寝ているのに獲物に飛びかかったり、獲物に忍び寄る行動に

ネコは狩りをする夢の通りに体が動いていた

夢にあわせて体が動く人たちと同じことが起きていた

ノンレム睡眠:
脳は最低限の機能を残し休息する
脳からの指令がないため歯ぎしり程度しか体は動かない

脳幹=脳の深い部分にある
ノンレム睡眠からレム睡眠に入る時に
脳と体の回路を切る仕組み

脳と体の回路をうまく切れないと暴れてしまう

レム睡眠行動障害

激しい寝言、寝相はレム睡眠中に働く
脳と体を遮断するスイッチに異常

・元フランス国立科学研究所:北浜邦夫先生

夢の働き:
昼間体験したことを復習
記憶の整理をしている
必要のない情報は捨てる
大事な情報を長期保管


<激しすぎる寝言、寝相、どう治療する?>


愛知県の70代の男性

・睡眠総合ケアクリニック代々木
東京代々木

レム睡眠行動障害と診断

8割から9割の人が処方された薬で良くなる

静かにぐっすり眠れるようになった

・日本睡眠学会会長:井上雄一先生

遮断スイッチの異常は脳の老化と関係している

遮断スイッチの異常
αシヌクレインというタンパク質の蓄積

アルファシヌクレインは
パーキンソン病やレビー小体型認知症と関連した物質
レム睡眠行動障害の患者の一部が脳神経系の病気に進行
放っておくと認知症につながることも

レム睡眠行動障害

自覚症状:
起こされるとはっきり夢を記憶している
不快な夢が増える

家族が気づける症状:
鮮明な寝言が続く
手足を激しく動かす
寝言、手足の動きと夢の内容が一致

特に多いのは:50歳以上の男性


10回夢を見たら
8回程度不快な夢
1、2回不快ではない夢

レム睡眠行動障害
アルコールの影響で症状が悪化する

激しい寝言や寝相が気になったら
睡眠専門医や精神科、神経内科を

子供の激しい寝言や寝相の多くは
思春期頃に自然解消する

高齢者の場合はめったに自然治癒しないので
症状が目立つようなら早めの受診を

抗てんかん薬、パーキンソン病治療薬
などが治療に用いられる

治療薬で8〜9割の症状が軽減する

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。