野田聖子出産 - 金曜プレステージ真輝(まさき)不妊治療卵子提供

覚え書き
Sponsored Link

野田聖子出産 - 金曜プレステージ真輝(まさき)不妊治療卵子提供

金曜プレステージで野田聖子さんの出産や不妊治療、卵子提供などについて紹介

<私は母になりたかった>
野田聖子
愛するわが子との411日

小児集中治療室
口に人工呼吸器を与えられている
野田真輝(まさき)君

50歳を目前にし
卵子提供
体外受精

卵子提供者はアメリカ人

肝臓が飛び出てしまっていた

そのまま肝臓の手術へ

10年もの不妊治療を受けてきた

野田真輝君は心臓にも病気を抱えていた

食道閉鎖なども分かり、5回にわたる手術を

秋のある朝
突然呼吸停止
そして緊急手術

2010年10月
出産予定日の4ヶ月前にすでに入院していた

50歳
今まですでに10回不妊治療を受けてきた
50歳を目前としての卵子提供

苦しい不妊治療のことを知って欲しい
批判されることも覚悟している

おなかにいるときから
心臓疾患というのが分かっていた
生まれたらすぐに手術が待っている

夫:木村文信さん(43歳)

二人は事実婚

子供が欲しかったが
つらい不妊治療にもう一度踏み込むことは出来なかった

養子をもらいたかったが
事実婚と共働きというハードルが

しかし、卵子提供という道を求め
アメリカネバダ州リタへ向かった

ネバダ不妊治療センター
病院には卵子提供などで生まれてきた世界中の赤ちゃんの写真が

45歳以上の健康の体の方が
25歳の不健康な体よりもいい結果が出る可能性がある

法律の整備されているネバダ州を選んだ

2010年6月1日
妊娠が分かった

卵子提供者がアメリカ人ならあまりにも違うから
そのときが来たら話すことが出来る

野田聖子さんのDNAを継がない子を生むが
パパの血はつながっている
私たちの子

2011年1月6日
まさき君が生まれた

貧血状態が続く野田聖子さん

新生児集中治療室ではじめての対面
臍帯ヘルニア
食道閉鎖症

野田聖子さんと文信さんは
婚姻届を提出

しかし、その翌日
緊急入院し、子宮摘出手術

不妊治療とたたかい続けた子宮はかなりのダメージを受けていた

2001年
40歳のときに鶴保議員と事実婚
不妊症だということが分かった

不妊治療とのたたかいの日々が始まった

不妊治療の日記には
受精確認
受精せず

43歳の時に妊娠したが
仕事を抑えられず流産

だから今回は仕事を失ってでもまさき君を守らなきゃ

1月27日
食道閉鎖症手術

器官軟化症

10月17日
突然呼吸停止

脳梗塞になってる可能性も

1歳の誕生日を迎える

麻痺は少しずつ良くなっている
Sponsored Link

野田聖子出産 - 金曜プレステージ真輝(まさき)不妊治療卵子提供

金曜プレステージで野田聖子さんの出産や不妊治療、卵子提供などについて紹介

<私は母になりたかった>
野田聖子
愛するわが子との411日

小児集中治療室
口に人工呼吸器を与えられている
野田真輝(まさき)君

50歳を目前にし
卵子提供
体外受精

卵子提供者はアメリカ人

肝臓が飛び出てしまっていた

そのまま肝臓の手術へ

10年もの不妊治療を受けてきた

野田真輝君は心臓にも病気を抱えていた

食道閉鎖なども分かり、5回にわたる手術を

秋のある朝
突然呼吸停止
そして緊急手術

2010年10月
出産予定日の4ヶ月前にすでに入院していた

50歳
今まですでに10回不妊治療を受けてきた
50歳を目前としての卵子提供

苦しい不妊治療のことを知って欲しい
批判されることも覚悟している

おなかにいるときから
心臓疾患というのが分かっていた
生まれたらすぐに手術が待っている

夫:木村文信さん(43歳)

二人は事実婚

子供が欲しかったが
つらい不妊治療にもう一度踏み込むことは出来なかった

養子をもらいたかったが
事実婚と共働きというハードルが

しかし、卵子提供という道を求め
アメリカネバダ州リタへ向かった

ネバダ不妊治療センター
病院には卵子提供などで生まれてきた世界中の赤ちゃんの写真が

45歳以上の健康の体の方が
25歳の不健康な体よりもいい結果が出る可能性がある

法律の整備されているネバダ州を選んだ

2010年6月1日
妊娠が分かった

卵子提供者がアメリカ人ならあまりにも違うから
そのときが来たら話すことが出来る

野田聖子さんのDNAを継がない子を生むが
パパの血はつながっている
私たちの子

2011年1月6日
まさき君が生まれた

貧血状態が続く野田聖子さん

新生児集中治療室ではじめての対面
臍帯ヘルニア
食道閉鎖症

野田聖子さんと文信さんは
婚姻届を提出

しかし、その翌日
緊急入院し、子宮摘出手術

不妊治療とたたかい続けた子宮はかなりのダメージを受けていた

2001年
40歳のときに鶴保議員と事実婚
不妊症だということが分かった

不妊治療とのたたかいの日々が始まった

不妊治療の日記には
受精確認
受精せず

43歳の時に妊娠したが
仕事を抑えられず流産

だから今回は仕事を失ってでもまさき君を守らなきゃ

1月27日
食道閉鎖症手術

器官軟化症

10月17日
突然呼吸停止

脳梗塞になってる可能性も

1歳の誕生日を迎える

麻痺は少しずつ良くなっている

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。