プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタン

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタン

プロフェッショナル仕事の流儀に栗原はるみさんが登場
料理家としてのレシピ作りやタルトタタン完成までの苦労などを紹介

料理家:栗原はるみ

料理本発行数2200万部

日本人初の世界料理本大賞

4000種類の極上レシピ

栗原はるみの現場に密着>

毎朝起きるのは5:30
すぐに仕事場に向かう

16歳の猫サダちゃんのもとに向かう

窓ふきを始める

夫と二人暮らし
子供は外へ

結婚38年目
仲のいい夫婦

やがてアシスタントが続々とやってくる

なすのドライカレー
サバそぼろ
家庭でできる料理が多い

料理を本格的に学んだことはなく
頼りになるのは主婦としての経験

<365日闘う、主婦のために>

20分で出来てしまうグラタン

30分以内で作れ、奇をてらわない料理レシピ

レシピを練り上げていく

<100人が作ったら100人がおいしくなるレシピ>

レシピ作りは何回も何回も

中華鍋を持たない人もいるのでフライパンにこだわる

フリップという技術を使わないですむ方法はないか

チャーハンはパラパラ感が命

<毎日の家事を楽しむ工夫>

洗濯機のタイマー
すすぎのタイマーを15分に合わせ
全速力でじゃがいもをむき、レンジへ
タイマーが終わる前に戻ってこられれば栗原はるみさんの勝ち

この闘いを1日3回繰り返し
書類の整理までをしてしまう

瓶に好きなシールを貼って仕分ける
そして、ちょっとしたメッセージを添えてみる

<ふつうの暮らしこそ幸せ>

ふつうの暮らしという言葉の意味を震災で痛感した


楽しいことなんてそんなないから
こそ、
小さいことを幸せに思わないと

普通に食事が出来て
家族が仲がいい
ということが大事

食事中はワイン(?)を飲んでいる

Q:いつもスッピンですね

<波乱万丈、迷いの先に>

昭和22年静岡県に生まれた

素直な子だった

母から料理のいろはを学んだ

テレビの人気キャスターの玲児さんと恋に落ちた
猛反対の中、結婚
親の言いつけにそむいたのは初めてだった

半年後、選挙に落選
収入が途絶えた

結婚から2年で体重が10数キロ落ちた

家族の料理に力を入れた

それが家族に笑顔を生んだ

ある日テレビ関係者が栗原はるみさんの料理に目を付け
仕事をするように

「暮らしのレシピ」

昼も夜も旅行先でもレシピを考え続けた

50代後半で覚悟を決めた

<自分の進む道は自分で決める>

人気雑誌の仕事を打ち切りたいと切り出した


<リンゴの絶品デザートに挑む>

タルトタタン

リンゴと闘う夏

紅玉という酸味が強いリンゴをチョイス

・タルトタタンレシピ
リンゴをバターと砂糖で煮る
この上にパイシートを乗せるのが作り方の特徴
このまま焼き上げ、ひっくり返すと
パイの上にリンゴが乗って完成

何度も失敗しながらチャレンジ

ようやくイメージ通りのタルトタタンが出来た

<レシピを信じてくれる誰かの幸せのために>

笑顔で49回目の試作

読者が甘いリンゴを使ったときのためにレモン汁で酸味を調整

原稿の締め切りは今夜

さらに原稿を練り直す
紅玉が一番おいしいということをきちっと伝える

曖昧なことはやめよう

<プロフェッショナルとは>

決してプロフェッショナルとは思ってないが
自分が出来ることを楽しみながら一生懸命やり続けたい
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 栗原はるみレシピタルトタタン

プロフェッショナル仕事の流儀に栗原はるみさんが登場
料理家としてのレシピ作りやタルトタタン完成までの苦労などを紹介

料理家:栗原はるみ

料理本発行数2200万部

日本人初の世界料理本大賞

4000種類の極上レシピ

栗原はるみの現場に密着>

毎朝起きるのは5:30
すぐに仕事場に向かう

16歳の猫サダちゃんのもとに向かう

窓ふきを始める

夫と二人暮らし
子供は外へ

結婚38年目
仲のいい夫婦

やがてアシスタントが続々とやってくる

なすのドライカレー
サバそぼろ
家庭でできる料理が多い

料理を本格的に学んだことはなく
頼りになるのは主婦としての経験

<365日闘う、主婦のために>

20分で出来てしまうグラタン

30分以内で作れ、奇をてらわない料理レシピ

レシピを練り上げていく

<100人が作ったら100人がおいしくなるレシピ>

レシピ作りは何回も何回も

中華鍋を持たない人もいるのでフライパンにこだわる

フリップという技術を使わないですむ方法はないか

チャーハンはパラパラ感が命

<毎日の家事を楽しむ工夫>

洗濯機のタイマー
すすぎのタイマーを15分に合わせ
全速力でじゃがいもをむき、レンジへ
タイマーが終わる前に戻ってこられれば栗原はるみさんの勝ち

この闘いを1日3回繰り返し
書類の整理までをしてしまう

瓶に好きなシールを貼って仕分ける
そして、ちょっとしたメッセージを添えてみる

<ふつうの暮らしこそ幸せ>

ふつうの暮らしという言葉の意味を震災で痛感した


楽しいことなんてそんなないから
こそ、
小さいことを幸せに思わないと

普通に食事が出来て
家族が仲がいい
ということが大事

食事中はワイン(?)を飲んでいる

Q:いつもスッピンですね

<波乱万丈、迷いの先に>

昭和22年静岡県に生まれた

素直な子だった

母から料理のいろはを学んだ

テレビの人気キャスターの玲児さんと恋に落ちた
猛反対の中、結婚
親の言いつけにそむいたのは初めてだった

半年後、選挙に落選
収入が途絶えた

結婚から2年で体重が10数キロ落ちた

家族の料理に力を入れた

それが家族に笑顔を生んだ

ある日テレビ関係者が栗原はるみさんの料理に目を付け
仕事をするように

「暮らしのレシピ」

昼も夜も旅行先でもレシピを考え続けた

50代後半で覚悟を決めた

<自分の進む道は自分で決める>

人気雑誌の仕事を打ち切りたいと切り出した


<リンゴの絶品デザートに挑む>

タルトタタン

リンゴと闘う夏

紅玉という酸味が強いリンゴをチョイス

・タルトタタンレシピ
リンゴをバターと砂糖で煮る
この上にパイシートを乗せるのが作り方の特徴
このまま焼き上げ、ひっくり返すと
パイの上にリンゴが乗って完成

何度も失敗しながらチャレンジ

ようやくイメージ通りのタルトタタンが出来た

<レシピを信じてくれる誰かの幸せのために>

笑顔で49回目の試作

読者が甘いリンゴを使ったときのためにレモン汁で酸味を調整

原稿の締め切りは今夜

さらに原稿を練り直す
紅玉が一番おいしいということをきちっと伝える

曖昧なことはやめよう

<プロフェッショナルとは>

決してプロフェッショナルとは思ってないが
自分が出来ることを楽しみながら一生懸命やり続けたい

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。