プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医

覚え書き
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医

プロフェッショナル仕事の流儀に谷口修一さんが登場


白血病と闘う医師
密着いのちの現場


白血病との果てしなき闘い

血液内科医:谷口修一


港区虎ノ門
地下鉄を降りてくる

余命数ヶ月と言われている患者も少なくない

・なんとかして助ける

夏目雅子さん
本田美奈子さん
数多くの方を蝕んできた血液のガン

あらゆる方法で谷口修一さんは立ち向かう

抗がん剤治療
どのタイミングでどれくらい

造血幹細胞移植

臍帯血ミニ移植

歌舞伎俳優
市川團十郎さんの移植にも成功

虎の門病院

一人の男性が谷口修一さんのもとを訪ねてきた

長谷川満吉さん64歳
60歳以上では移植はむずかしくなる

最大の敵は感染症

・どこまでも\読み抜く根性

治すというストーリーを考えるのが医者の仕事

退院を間近に控えた男性
ふたたび働ける喜びをかみしめていた

医者は患者さんから元気をもらう

・ここに立ち続ける覚悟

患者さんの死と向き合い
それでも病棟に戻っていく

・幻聴から逃げた日々

谷口修一さんは35年九州鹿児島に生まれた

九州大学医学部に進学


恩師:原田実根さん
日本初の骨髄移植成功に携わった血液内科のパイオニア

助かる可能性がなくても
そんなことは関係ない助けろ
と檄を飛ばす原田さんに憧れた

苦しみ抜いた若き日々

急変を知らせるポケットベルは何度も鳴る

精神的に疲れてきた
逃げたい

病院をやめる決断

アメリカの大学で研究を進める

留学して3年目の夏
浜の町病院から現場に戻ってこいという電話

思わず答えた
「かえります」

助けられるかどうかは関係ない

助ける、それだけを考える


37歳でふたたび現場へ戻った

吉川さん50歳
余命数ヶ月と診断され
谷口修一さんに望みをかけて来た

夫と中学生になる子供がいる
母の闘い

移植から13日目38度の熱

肺炎を起こし、恐れていた感染症が

マルトフィリアなどが候補に

血液中のたんぱく質が減ってきている

命に関わる判断も
なにが最善なのか?

腸球菌

・命を引き受ける覚悟

薬の一部をかえる決意

息を引き取ったが
最後まで希望を持って闘えたことを感謝していた

・プロフェッショナルとは
患者さんのニーズに応えられる人

まだ道は遠い
Sponsored Link

プロフェッショナル仕事の流儀 - 谷口修一白血病血液内科医

プロフェッショナル仕事の流儀に谷口修一さんが登場


白血病と闘う医師
密着いのちの現場


白血病との果てしなき闘い

血液内科医:谷口修一


港区虎ノ門
地下鉄を降りてくる

余命数ヶ月と言われている患者も少なくない

・なんとかして助ける

夏目雅子さん
本田美奈子さん
数多くの方を蝕んできた血液のガン

あらゆる方法で谷口修一さんは立ち向かう

抗がん剤治療
どのタイミングでどれくらい

造血幹細胞移植

臍帯血ミニ移植

歌舞伎俳優
市川團十郎さんの移植にも成功

虎の門病院

一人の男性が谷口修一さんのもとを訪ねてきた

長谷川満吉さん64歳
60歳以上では移植はむずかしくなる

最大の敵は感染症

・どこまでも\読み抜く根性

治すというストーリーを考えるのが医者の仕事

退院を間近に控えた男性
ふたたび働ける喜びをかみしめていた

医者は患者さんから元気をもらう

・ここに立ち続ける覚悟

患者さんの死と向き合い
それでも病棟に戻っていく

・幻聴から逃げた日々

谷口修一さんは35年九州鹿児島に生まれた

九州大学医学部に進学


恩師:原田実根さん
日本初の骨髄移植成功に携わった血液内科のパイオニア

助かる可能性がなくても
そんなことは関係ない助けろ
と檄を飛ばす原田さんに憧れた

苦しみ抜いた若き日々

急変を知らせるポケットベルは何度も鳴る

精神的に疲れてきた
逃げたい

病院をやめる決断

アメリカの大学で研究を進める

留学して3年目の夏
浜の町病院から現場に戻ってこいという電話

思わず答えた
「かえります」

助けられるかどうかは関係ない

助ける、それだけを考える


37歳でふたたび現場へ戻った

吉川さん50歳
余命数ヶ月と診断され
谷口修一さんに望みをかけて来た

夫と中学生になる子供がいる
母の闘い

移植から13日目38度の熱

肺炎を起こし、恐れていた感染症が

マルトフィリアなどが候補に

血液中のたんぱく質が減ってきている

命に関わる判断も
なにが最善なのか?

腸球菌

・命を引き受ける覚悟

薬の一部をかえる決意

息を引き取ったが
最後まで希望を持って闘えたことを感謝していた

・プロフェッショナルとは
患者さんのニーズに応えられる人

まだ道は遠い

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。