ソロモン流 - 藤森二郎ビゴの店鷺沼オーナーシェフ

覚え書き
Sponsored Link

ソロモン流 - 藤森二郎ビゴの店鷺沼オーナーシェフ

ソロモン流に藤森二郎さんが登場。

藤森二郎さんは昭和31年東京都目黒区生まれで、平成元年に株式会社ビゴ東京を立てられ「ビゴの店鷺沼」を開かれたということです。

わたしが知らないだけかも知れませんがパン屋さんの株式会社って珍しい気がするのですが。

しかもこういった本格的な専門のところってあまり聞かないような気がします。

それにしてもすごいのは、このビゴの店鷺沼では、1日に1000個以上ものパンが売れているといいます。

その人気の秘密は中はふわふわなのに、外はフランスパン特有のかりかり感がうれしいフランスパン

師匠のフィリップビゴ氏との「お客様は神様です」を合い言葉に、喜ばれるパン作りというものに人生をかけてきたからこそ出来るパンはふつうのフランスパン(失礼ながら)しか食べていないわたしたちにとってある意味衝撃的なようです。

特に焼きたてフランスパンを割ったときのフワフワ感と、そこから出てくる湯気を見せられた日には、もうたまりませんよね。

実はフランスパンって、結構苦手だという方が少なくないようなのですが、その理由のひとつとして「固すぎるから」ということがあげられるようです。

でも、ビゴのフランスパンを食べたらそういった印象は180度近くひっくりかえさせるのでしょうね。

藤森二郎さんは、ビゴ東京のオーナーシェフでもあり、オーナーとなった今でも自分でパンを焼かれているということですが、目標は生涯現役であり続けることだということで、

自分でも厨房に立つ傍ら、専門学校などでもフランスの食文化を伝え続けているということです。
Sponsored Link

ソロモン流 - 藤森二郎ビゴの店鷺沼オーナーシェフ

ソロモン流に藤森二郎さんが登場。

藤森二郎さんは昭和31年東京都目黒区生まれで、平成元年に株式会社ビゴ東京を立てられ「ビゴの店鷺沼」を開かれたということです。

わたしが知らないだけかも知れませんがパン屋さんの株式会社って珍しい気がするのですが。

しかもこういった本格的な専門のところってあまり聞かないような気がします。

それにしてもすごいのは、このビゴの店鷺沼では、1日に1000個以上ものパンが売れているといいます。

その人気の秘密は中はふわふわなのに、外はフランスパン特有のかりかり感がうれしいフランスパン

師匠のフィリップビゴ氏との「お客様は神様です」を合い言葉に、喜ばれるパン作りというものに人生をかけてきたからこそ出来るパンはふつうのフランスパン(失礼ながら)しか食べていないわたしたちにとってある意味衝撃的なようです。

特に焼きたてフランスパンを割ったときのフワフワ感と、そこから出てくる湯気を見せられた日には、もうたまりませんよね。

実はフランスパンって、結構苦手だという方が少なくないようなのですが、その理由のひとつとして「固すぎるから」ということがあげられるようです。

でも、ビゴのフランスパンを食べたらそういった印象は180度近くひっくりかえさせるのでしょうね。

藤森二郎さんは、ビゴ東京のオーナーシェフでもあり、オーナーとなった今でも自分でパンを焼かれているということですが、目標は生涯現役であり続けることだということで、

自分でも厨房に立つ傍ら、専門学校などでもフランスの食文化を伝え続けているということです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。