伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療

覚え書き
Sponsored Link

伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療


伊達洋至先生がプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されました。

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病の治療のエキスパートとして世界中にその名を知られている名医だということですが、

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病などの治療技術だけに長けているのではなく、多忙な中、ご自分の時間を犠牲にしてまで、患者さんの元を訪れ、

気さくに話しかけ、笑顔で会話し、患者さんの気持ちを落ち着かせてくれるなど、患者さんのメンタルケアにも人一倍気を使われている外科医のひとりです。

名医の技量を計るために必要なこととして、どのくらい手術に携わっているか、もっと言ってしまえば、どれだけの量の執刀経験があるかということが問われますが、

伊達洋至先生は肺がんや肺移植手術などの手術を約3000回も経験し、世界的にもずば抜けた成績を持っているということです。

しかし、やはり伊達洋至先生も人間ですから手術に対して何も感じずにはいられないようで、

手術が恐いからこそ、手術への恐れに対して向き合い、手術前(毎日?)には手術が成功出来るよう、お寺への参拝を欠かさないようです。

肺動脈の手術を普通の半分の時間で行うことが出来たり、縫合の針も他の医師が使うものより細い針を使うなど、技術や手術に対するこだわりもさることながら、

患者さんに対しては、医師と患者の関係ではなく、人間と人間の関係を築き上げているところが、まさにプロフェッショナルの仕事なのではないかと思います。
Sponsored Link

伊達洋至 - プロフェッショナル仕事の流儀肺がん呼吸器難病治療


伊達洋至先生がプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されました。

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病の治療のエキスパートとして世界中にその名を知られている名医だということですが、

伊達洋至先生は、肺がんや呼吸器難病などの治療技術だけに長けているのではなく、多忙な中、ご自分の時間を犠牲にしてまで、患者さんの元を訪れ、

気さくに話しかけ、笑顔で会話し、患者さんの気持ちを落ち着かせてくれるなど、患者さんのメンタルケアにも人一倍気を使われている外科医のひとりです。

名医の技量を計るために必要なこととして、どのくらい手術に携わっているか、もっと言ってしまえば、どれだけの量の執刀経験があるかということが問われますが、

伊達洋至先生は肺がんや肺移植手術などの手術を約3000回も経験し、世界的にもずば抜けた成績を持っているということです。

しかし、やはり伊達洋至先生も人間ですから手術に対して何も感じずにはいられないようで、

手術が恐いからこそ、手術への恐れに対して向き合い、手術前(毎日?)には手術が成功出来るよう、お寺への参拝を欠かさないようです。

肺動脈の手術を普通の半分の時間で行うことが出来たり、縫合の針も他の医師が使うものより細い針を使うなど、技術や手術に対するこだわりもさることながら、

患者さんに対しては、医師と患者の関係ではなく、人間と人間の関係を築き上げているところが、まさにプロフェッショナルの仕事なのではないかと思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。