岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀

覚え書き
Sponsored Link

岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀

岡野光夫先生の細胞シートでの再生医療をプロフェッショナル仕事の流儀で紹介

細胞シートと言えば、細胞で臓器を作ってしまうことが可能だったり、角膜疾患患者の治療に役立たせ、視力回復までさせてしまう、さらに、従来の治療と比べてリスクが少なく、治療(手術)の時間が短くて済むことから多くの関係者に期待されている医療技術のひとつでもあるようです。

岡野光夫先生も、臓器や体の組織が病気やトラブルによってつかえない状態になっても、細胞シートなどによって再生出来る「再生医療」という画期的、革命的な現場で活躍される先生。

岡野光夫先生の仕事の流儀は、

・新しい成果は新しい人から生まれる
・リーダーは最前線に立つ
・道に迷ったら、足下を見つめ直せ
・苦しい道こそ未来への道

となっているように、遠くから、高い位置から成り行きを見守っている長ではなく、自らが先立って再生医療という現場の最前線に立って活躍され、苦しくてもその苦しい道こそが未来への道であると信じている数少ない先生のひとりのようです。

細胞シートを利用した再生医療は、発明、発見したというだけではまだまだで、患者の方に安心して利用されるようになってこその医療技術。

昨日では不可能だった手術法、治療法が明日可能になる。
去年では助からなかった体が来年なら助かる可能性が出てくる。

高い位置を目指し、そこへ登り詰めるだけでなく、それを「つかえるもの」として、わたしたちの不安を安心に変えてくれる。

岡野光夫先生のような方がいるからこそのことですね。
Sponsored Link

岡野光夫 - 細胞シート再生医療プロフェッショナル仕事の流儀

岡野光夫先生の細胞シートでの再生医療をプロフェッショナル仕事の流儀で紹介

細胞シートと言えば、細胞で臓器を作ってしまうことが可能だったり、角膜疾患患者の治療に役立たせ、視力回復までさせてしまう、さらに、従来の治療と比べてリスクが少なく、治療(手術)の時間が短くて済むことから多くの関係者に期待されている医療技術のひとつでもあるようです。

岡野光夫先生も、臓器や体の組織が病気やトラブルによってつかえない状態になっても、細胞シートなどによって再生出来る「再生医療」という画期的、革命的な現場で活躍される先生。

岡野光夫先生の仕事の流儀は、

・新しい成果は新しい人から生まれる
・リーダーは最前線に立つ
・道に迷ったら、足下を見つめ直せ
・苦しい道こそ未来への道

となっているように、遠くから、高い位置から成り行きを見守っている長ではなく、自らが先立って再生医療という現場の最前線に立って活躍され、苦しくてもその苦しい道こそが未来への道であると信じている数少ない先生のひとりのようです。

細胞シートを利用した再生医療は、発明、発見したというだけではまだまだで、患者の方に安心して利用されるようになってこその医療技術。

昨日では不可能だった手術法、治療法が明日可能になる。
去年では助からなかった体が来年なら助かる可能性が出てくる。

高い位置を目指し、そこへ登り詰めるだけでなく、それを「つかえるもの」として、わたしたちの不安を安心に変えてくれる。

岡野光夫先生のような方がいるからこそのことですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。