福祉ネットワーク - 不育症治療「赤ちゃんが欲しい」

覚え書き
Sponsored Link

福祉ネットワーク - 不育症治療「赤ちゃんが欲しい」

福祉ネットワークでは不育症という、たとえ妊娠したとしても流産を何度も重ねてしまうという病気を「出産をあきらめないで」というメッセージとともに紹介。

不育症に関しては福祉ネットワークだけではなく、色々な媒体で紹介されることがあるようですが、

まだまだ知名度が低く、きちんとその症状に合った治療を受けることで出産が可能になるということが知られていないようです。

しかも、不育症という症状はお医者さんにも、そこまで知られていないということで、尚更原因不明の症状と考えられて、出産をあきらめてしまう方が少なくないようです。

子供はあきらめた方がいいと言うような言い方をされ、それでも自分の責任の元、元気な赤ちゃんを産んでみたら、

なんでもない元気な赤ちゃんが産まれ、すくすく育っているという例も少ないながらあるようですし、

また、お医者さんに不育症を告げられ、なくなく赤ちゃんを出産することをあきらめ、そして年齢的にも、物理的に出産をあきらめざるを得なくなってしまうという方も。

不育症の治療にはお金がかかるらしいのですが、助成金制度をはじめられた自治体もあるということ。少子化と言われて久しいですが、

妊娠や出産に関して何よりも大事なことは、正しい知識を持つことと、安心して赤ちゃんを産むことが出来る体制と育てることが出来る社会なんだということを、つくづく考えさせられます。
Sponsored Link

福祉ネットワーク - 不育症治療「赤ちゃんが欲しい」

福祉ネットワークでは不育症という、たとえ妊娠したとしても流産を何度も重ねてしまうという病気を「出産をあきらめないで」というメッセージとともに紹介。

不育症に関しては福祉ネットワークだけではなく、色々な媒体で紹介されることがあるようですが、

まだまだ知名度が低く、きちんとその症状に合った治療を受けることで出産が可能になるということが知られていないようです。

しかも、不育症という症状はお医者さんにも、そこまで知られていないということで、尚更原因不明の症状と考えられて、出産をあきらめてしまう方が少なくないようです。

子供はあきらめた方がいいと言うような言い方をされ、それでも自分の責任の元、元気な赤ちゃんを産んでみたら、

なんでもない元気な赤ちゃんが産まれ、すくすく育っているという例も少ないながらあるようですし、

また、お医者さんに不育症を告げられ、なくなく赤ちゃんを出産することをあきらめ、そして年齢的にも、物理的に出産をあきらめざるを得なくなってしまうという方も。

不育症の治療にはお金がかかるらしいのですが、助成金制度をはじめられた自治体もあるということ。少子化と言われて久しいですが、

妊娠や出産に関して何よりも大事なことは、正しい知識を持つことと、安心して赤ちゃんを産むことが出来る体制と育てることが出来る社会なんだということを、つくづく考えさせられます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。