夢の扉 - 細胞シートで心臓?食道がん角膜疾患者も視力回復大和雅之

覚え書き
Sponsored Link

夢の扉 - 細胞シートで心臓?食道がん角膜疾患者も視力回復大和雅之

夢の扉で細胞シートで心臓を作る?角膜疾患者も細胞シートで治療、視力回復、東京女子医科大学病院の大和雅之先生を紹介。

世界最先端の開発

細胞シートで臓器を作り出すことも可能

魔法の絆創膏細胞シート

東京女子医科大学病院

68歳男性の患者
食道がん内視鏡手術

手術前
プラスチックの容器に入っていた細胞シート

開発者は
大和雅之先生

細胞シートとは
絆創膏細胞みたいなシート

細胞シートとは簡単に言えば
自分の細胞で作る絆創膏

細胞シートで食道が塞がってしまうリスクを軽減

細胞シートの治療は傷口に貼るだけ

一週間で退院し、その日から普通に食事が

一週間だけの入院で自宅に帰れるようなものを目指す



大和雅之先生は医者ではなく細胞生物学者

細胞シートには実際に人間の細胞が必要

歯科口腔外科で
患者の口から細胞を取る
口の中の一部を切り取り上の部分だけとる
その皮は日焼けでむける部分にあたる

「細胞を培養」

細胞は分裂を繰り返し増えて行く

2週間後、細胞シートが出来る

様々な臓器に利用可能

耳やおなかにも利用可能

従来の薬では治せなかったものが治る

生きているものが持っている力を利用する

「細胞シートで心臓を作る?」

ネズミの心臓から作った細胞シートが
本当にピクピク動いている

様々な細胞シートをかさねることで
血液が流れる立体的な組織ができる

臓器まで作る壮大なプロジェクト

2、3日で山のように届く問い合わせ
帰宅は毎日深夜

「細胞シートが出来るまで」

大和雅之先生は幼い頃は生き物の観察ばかりしてた

東京大学に進学し細胞の研究

13年前に細胞シートの研究スタート

昔は人の体への実用化にはほど遠かった

1000通り以上の様々なパターンの実験を行う

偶然思いついた二重底の培養皿

試してみると3倍の厚さに成長
実用レベルに

研究者と医者がタッグを組むことが
結果をいち早く患者さんに届けるために必要


「角膜疾患も細胞シートで」

機能を失うと戻らなかった角膜疾患

濁った角膜を取り除き、角膜細胞シートを張り合わせる

霧とかもやがなくなったと喜ぶ角膜疾患の患者さん

視力も0.06から0.9へ改善

「細胞シートをもっと色々な人に」

誰でもどこでも治療を受けられるようにしたい

現在
細胞シートによる治療は認可が下りていない

ヨーロッパ全土で細胞シートによる角膜移植の計画
これが成功すれば承認への大きな一歩になる

細胞シートの事前申請をおこなうために
ロンドンに向かった

2年後ヨーロッパで

2020年までに細胞での治療を当たり前にしたい
というのが、大和雅之先生の夢
Sponsored Link

夢の扉 - 細胞シートで心臓?食道がん角膜疾患者も視力回復大和雅之

夢の扉で細胞シートで心臓を作る?角膜疾患者も細胞シートで治療、視力回復、東京女子医科大学病院の大和雅之先生を紹介。

世界最先端の開発

細胞シートで臓器を作り出すことも可能

魔法の絆創膏細胞シート

東京女子医科大学病院

68歳男性の患者
食道がん内視鏡手術

手術前
プラスチックの容器に入っていた細胞シート

開発者は
大和雅之先生

細胞シートとは
絆創膏細胞みたいなシート

細胞シートとは簡単に言えば
自分の細胞で作る絆創膏

細胞シートで食道が塞がってしまうリスクを軽減

細胞シートの治療は傷口に貼るだけ

一週間で退院し、その日から普通に食事が

一週間だけの入院で自宅に帰れるようなものを目指す



大和雅之先生は医者ではなく細胞生物学者

細胞シートには実際に人間の細胞が必要

歯科口腔外科で
患者の口から細胞を取る
口の中の一部を切り取り上の部分だけとる
その皮は日焼けでむける部分にあたる

「細胞を培養」

細胞は分裂を繰り返し増えて行く

2週間後、細胞シートが出来る

様々な臓器に利用可能

耳やおなかにも利用可能

従来の薬では治せなかったものが治る

生きているものが持っている力を利用する

「細胞シートで心臓を作る?」

ネズミの心臓から作った細胞シートが
本当にピクピク動いている

様々な細胞シートをかさねることで
血液が流れる立体的な組織ができる

臓器まで作る壮大なプロジェクト

2、3日で山のように届く問い合わせ
帰宅は毎日深夜

「細胞シートが出来るまで」

大和雅之先生は幼い頃は生き物の観察ばかりしてた

東京大学に進学し細胞の研究

13年前に細胞シートの研究スタート

昔は人の体への実用化にはほど遠かった

1000通り以上の様々なパターンの実験を行う

偶然思いついた二重底の培養皿

試してみると3倍の厚さに成長
実用レベルに

研究者と医者がタッグを組むことが
結果をいち早く患者さんに届けるために必要


「角膜疾患も細胞シートで」

機能を失うと戻らなかった角膜疾患

濁った角膜を取り除き、角膜細胞シートを張り合わせる

霧とかもやがなくなったと喜ぶ角膜疾患の患者さん

視力も0.06から0.9へ改善

「細胞シートをもっと色々な人に」

誰でもどこでも治療を受けられるようにしたい

現在
細胞シートによる治療は認可が下りていない

ヨーロッパ全土で細胞シートによる角膜移植の計画
これが成功すれば承認への大きな一歩になる

細胞シートの事前申請をおこなうために
ロンドンに向かった

2年後ヨーロッパで

2020年までに細胞での治療を当たり前にしたい
というのが、大和雅之先生の夢

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。