スパモク運命の選択 - インフルエンザにビタミンD

覚え書き
Sponsored Link

スパモク運命の選択 - インフルエンザにビタミンD

スパモク運命の選択でインフルエンザにビタミンDが効果的だということを紹介。どうしてビタミンDがインフルエンザ対策に効くのか?インフルエンザに効くビタミンD豊富な食材は?


インフルエンザと日光の意外な関係とは?

インフルエンザを予防するには?
A:陽に当たる
B:湯船につかる

答えはAの陽に当たる

<インフルエンザにビタミンD

「若返りマイスターが解説」

順天堂大学教授白澤卓二先生

インフルエンザは
ビタミンD不足になるとなりやすいということが分かって来た

ビタミンDは自分の体内で作れるが
陽の光に当たる必要がある

つまり、体内のビタミンDの濃度が低くなるから
インフルエンザは冬に流行るということ

1日10〜15分を目安に
腕や顔、首筋などに陽(ビタミンD吸収)を当てる

陽の光に当たれない人は
ビタミンDをたくさん含んでる食事を
積極的に食べることが大事

ビタミンDの豊富な食材」
・魚介類
アンコウ肝、カジキ、ニシン、紅サケ、うなぎ

・きのこ類
白きくらげ、きくらげ、しいたけ

ビタミンDの不足を予防すると、
がん脂肪率が29パーセントも増える
特に消化器がんの脂肪率は45パセーンとも減るということです。

ビタミンDが死亡率を下げる

手洗いは石鹸を使うよりも、むしろ流水だけの方が菌が取れる
石鹸だと「洗っちゃった」という感じで終わってしまう

うがいも水だけの方がうがい薬と併用するよりも効果的だということが分かった

うがい薬は確かに殺菌能力があるが、うがいも手洗いも
「しっかりする」ということが大事
Sponsored Link

スパモク運命の選択 - インフルエンザにビタミンD

スパモク運命の選択でインフルエンザにビタミンDが効果的だということを紹介。どうしてビタミンDがインフルエンザ対策に効くのか?インフルエンザに効くビタミンD豊富な食材は?


インフルエンザと日光の意外な関係とは?

インフルエンザを予防するには?
A:陽に当たる
B:湯船につかる

答えはAの陽に当たる

<インフルエンザにビタミンD

「若返りマイスターが解説」

順天堂大学教授白澤卓二先生

インフルエンザは
ビタミンD不足になるとなりやすいということが分かって来た

ビタミンDは自分の体内で作れるが
陽の光に当たる必要がある

つまり、体内のビタミンDの濃度が低くなるから
インフルエンザは冬に流行るということ

1日10〜15分を目安に
腕や顔、首筋などに陽(ビタミンD吸収)を当てる

陽の光に当たれない人は
ビタミンDをたくさん含んでる食事を
積極的に食べることが大事

ビタミンDの豊富な食材」
・魚介類
アンコウ肝、カジキ、ニシン、紅サケ、うなぎ

・きのこ類
白きくらげ、きくらげ、しいたけ

ビタミンDの不足を予防すると、
がん脂肪率が29パーセントも増える
特に消化器がんの脂肪率は45パセーンとも減るということです。

ビタミンDが死亡率を下げる

手洗いは石鹸を使うよりも、むしろ流水だけの方が菌が取れる
石鹸だと「洗っちゃった」という感じで終わってしまう

うがいも水だけの方がうがい薬と併用するよりも効果的だということが分かった

うがい薬は確かに殺菌能力があるが、うがいも手洗いも
「しっかりする」ということが大事

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。