夢の扉 - AIMと生活習慣病とメタボ

覚え書き
Sponsored Link

夢の扉 - AIMと生活習慣病とメタボ

TBS夢の扉でAIM濃度について紹介。

AIMと生活習慣病の関係はは?AIMがメタボを撲滅する?AIM濃度が低ければ太っていても生活習慣病の可能性は低い?

逆にAIM濃度が高ければやせていても生活習慣病に注意?

AIM濃度の平均値とは?

宮崎徹先生、AIMは病原菌を退治するためのものという仮説の元、研究を続けた結果、AIMは生活習慣病に関係しているんじゃないか?と
雑談中同僚に言われ、

ハッとし、さらにAIMについて研究をすすめた結果、AIMが生活習慣病の原因である、動脈硬化を引き起こす原因になってることを発見。

これまでの治療は生活習慣病などの病気が起こってからの治療だった。

しかし、AIMの発見は生活習慣病等の病気が起こる前の予防につながってくるということです。

AIMを検査出来れば早期に生活習慣病を発見することも可能だといういうことです。

血液中のAIM濃度が高いと生活習慣病のリスクが大きい。

そこで宮崎徹先生は、AIM検査キットの開発を進めました。

血清を取り出し、黄色が薄ければAIMが低い、こければAIMが高い。

AIMの正常値はまだはっきりしていなかったのですが、
宮崎徹先生は血清のサンプル集めをはじめ、必要な量の血清サンプルが集まりました。

そしてAIM濃度の平均値を割り出した結果、

1.5から2.5が平均値。

やはり、AIMの平均を上まるのは、太ってる人に多く見られるが、
意外なタイプが確認されました。

168cm120kgでもAIM濃度は平均値。
太っていてもAIMが低ければ生活習慣病の確率は低いかもしれない。

逆にやせ形の人にも生活習慣病のリスクが見つかることも少なくないと言います。

やせてるのにAIM濃度が高い人は、サイトカインも出やすい。
生活習慣病になりやすいかも、ということです。

宮崎徹先生によると、AIM濃度を計ることによって、今後生活習慣病に対するリスクを予防出来るようになるかもしれない、ということでした。

そして宮崎徹先生は、AIMの機能を抑制する新薬も開発していて
開発出来れば薬によってで生活習慣病を予防出来るかもしれない
ということでした。

夢の扉 - AIMと生活習慣病とメタボ
Sponsored Link

夢の扉 - AIMと生活習慣病とメタボ

TBS夢の扉でAIM濃度について紹介。

AIMと生活習慣病の関係はは?AIMがメタボを撲滅する?AIM濃度が低ければ太っていても生活習慣病の可能性は低い?

逆にAIM濃度が高ければやせていても生活習慣病に注意?

AIM濃度の平均値とは?

宮崎徹先生、AIMは病原菌を退治するためのものという仮説の元、研究を続けた結果、AIMは生活習慣病に関係しているんじゃないか?と
雑談中同僚に言われ、

ハッとし、さらにAIMについて研究をすすめた結果、AIMが生活習慣病の原因である、動脈硬化を引き起こす原因になってることを発見。

これまでの治療は生活習慣病などの病気が起こってからの治療だった。

しかし、AIMの発見は生活習慣病等の病気が起こる前の予防につながってくるということです。

AIMを検査出来れば早期に生活習慣病を発見することも可能だといういうことです。

血液中のAIM濃度が高いと生活習慣病のリスクが大きい。

そこで宮崎徹先生は、AIM検査キットの開発を進めました。

血清を取り出し、黄色が薄ければAIMが低い、こければAIMが高い。

AIMの正常値はまだはっきりしていなかったのですが、
宮崎徹先生は血清のサンプル集めをはじめ、必要な量の血清サンプルが集まりました。

そしてAIM濃度の平均値を割り出した結果、

1.5から2.5が平均値。

やはり、AIMの平均を上まるのは、太ってる人に多く見られるが、
意外なタイプが確認されました。

168cm120kgでもAIM濃度は平均値。
太っていてもAIMが低ければ生活習慣病の確率は低いかもしれない。

逆にやせ形の人にも生活習慣病のリスクが見つかることも少なくないと言います。

やせてるのにAIM濃度が高い人は、サイトカインも出やすい。
生活習慣病になりやすいかも、ということです。

宮崎徹先生によると、AIM濃度を計ることによって、今後生活習慣病に対するリスクを予防出来るようになるかもしれない、ということでした。

そして宮崎徹先生は、AIMの機能を抑制する新薬も開発していて
開発出来れば薬によってで生活習慣病を予防出来るかもしれない
ということでした。

夢の扉 - AIMと生活習慣病とメタボ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。