名医にQ - かぜと肺炎

覚え書き
Sponsored Link

名医にQ - かぜと肺炎

名医にQで紹介。かぜ肺炎の違いとは?
かぜ肺炎を区別するチェック法って?
糖尿病など肺炎が重症化しやすい持病って?
誤嚥性肺炎とは?
かぜ肺炎の予防法は?
インフルエンザと肺炎球菌ワクチン2つ必要?

名医にQで、かぜ肺炎について非常に興味深い放送がありました。

まず、かぜ肺炎の違いですが、
かぜは鼻、のど、口、といった体の入り口
肺炎は、肺の中まで入ってくる
ということでした。

ということで、かぜ肺炎の見分け方としては
レントゲンを撮ってもらえれば
肺炎の場合、レントゲンに白い部分が多く映るので
すぐ分かるということでした。

3人の名医
・寺本信嗣 呼吸器科
・大石和徳 感染症科
・戸原玄

肺炎の原因は肺炎球菌が大きく関わっているようで
健康なら病気にならないが
かぜを引いたりするとこの肺炎球菌が
肺に入り込むということです。

肺炎と口の中のケアとの関係は
脳梗塞などで気管のふたが弱くなることで
食べ物が気管に入ってしまうことがある。

かぜ肺炎かを区別するチェック法ですが、

肺炎チェック
38度以上の熱と強いせきが3、4日続く
黄色や緑色のたんが出る
息苦しさや胸の痛み

特に、この息苦しさや胸の痛みを感じてしまったら
重度の肺炎の可能性があるのですぐに診せに行って欲しい
とのことでした。

かぜチェック
38度未満の熱
普通のせき
鼻水、のどの痛み
3、4日以内で治る
無色透明なたん

ハアハアしたり、ぐったりする、そして
食欲がないという症状は
肺炎とは気付きにくい症状なので気をつけた方がいい。

また、肺炎になりやすい方、そして肺炎が重症化しやすいタイプとして、糖尿病の方があげられていました。糖尿病では、細菌が増えやすく、白血球の反応が悪いので、肺炎になりやすい。

また、口腔内が汚れていたり、舌の汚れや細菌が体の中へ入ってしまう肺炎を誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)といい、体の弱っている方は、特にこの誤えん性肺炎に気をつけた方がいいとのことです。

肺炎は、症状に気付いたらすぐレントゲンを撮り、
ただしい診断の元で治療すれば治る病気なので
とにかく早期発見と早期治療が必要とのこと。

気になる肺炎の予防法ですが、
肺炎を予防するにはやはり、かぜの予防をしっかりとすることが大事。
人ごみを避け、マスクをし、保湿保温を心がけ、換気をし、睡眠と栄養をたっぷり取る。過労や不規則な生活を避けることも重要。

どうしても食欲がない場合はヨーグルトや白身魚などで。

肺炎のためのワクチンは
インフルエンザと肺炎球菌2つのワクチンが効果的。

インフルエンザだけの場合と比べて
インフルエンザと肺炎球菌2つのワクチンを打った場合
肺炎にかかる可能性が5割も減るとのことでした。

肺炎球菌ワクチンを受ける時期は、ちょうど今。
医療機関で予約すれば受けられる。

誤えん性肺炎を予防する方法として
舌を磨くことが重要で
歯磨きの仕方は、一本ずつ細かく動かすといった磨き方がいい。

そして姿勢を正しくし
ゆっくり、自分にあったものを食べるということも
心がけたい食事の仕方として紹介されていました。

肺炎が重症化しないためには
肺自体の病気をしっかり治してしまうことが大事で
心臓などの病気も同様だそうです。


名医にQ - かぜと肺炎
Sponsored Link

名医にQ - かぜと肺炎

名医にQで紹介。かぜ肺炎の違いとは?
かぜ肺炎を区別するチェック法って?
糖尿病など肺炎が重症化しやすい持病って?
誤嚥性肺炎とは?
かぜ肺炎の予防法は?
インフルエンザと肺炎球菌ワクチン2つ必要?

名医にQで、かぜ肺炎について非常に興味深い放送がありました。

まず、かぜ肺炎の違いですが、
かぜは鼻、のど、口、といった体の入り口
肺炎は、肺の中まで入ってくる
ということでした。

ということで、かぜ肺炎の見分け方としては
レントゲンを撮ってもらえれば
肺炎の場合、レントゲンに白い部分が多く映るので
すぐ分かるということでした。

3人の名医
・寺本信嗣 呼吸器科
・大石和徳 感染症科
・戸原玄

肺炎の原因は肺炎球菌が大きく関わっているようで
健康なら病気にならないが
かぜを引いたりするとこの肺炎球菌が
肺に入り込むということです。

肺炎と口の中のケアとの関係は
脳梗塞などで気管のふたが弱くなることで
食べ物が気管に入ってしまうことがある。

かぜ肺炎かを区別するチェック法ですが、

肺炎チェック
38度以上の熱と強いせきが3、4日続く
黄色や緑色のたんが出る
息苦しさや胸の痛み

特に、この息苦しさや胸の痛みを感じてしまったら
重度の肺炎の可能性があるのですぐに診せに行って欲しい
とのことでした。

かぜチェック
38度未満の熱
普通のせき
鼻水、のどの痛み
3、4日以内で治る
無色透明なたん

ハアハアしたり、ぐったりする、そして
食欲がないという症状は
肺炎とは気付きにくい症状なので気をつけた方がいい。

また、肺炎になりやすい方、そして肺炎が重症化しやすいタイプとして、糖尿病の方があげられていました。糖尿病では、細菌が増えやすく、白血球の反応が悪いので、肺炎になりやすい。

また、口腔内が汚れていたり、舌の汚れや細菌が体の中へ入ってしまう肺炎を誤えん性肺炎(誤嚥性肺炎)といい、体の弱っている方は、特にこの誤えん性肺炎に気をつけた方がいいとのことです。

肺炎は、症状に気付いたらすぐレントゲンを撮り、
ただしい診断の元で治療すれば治る病気なので
とにかく早期発見と早期治療が必要とのこと。

気になる肺炎の予防法ですが、
肺炎を予防するにはやはり、かぜの予防をしっかりとすることが大事。
人ごみを避け、マスクをし、保湿保温を心がけ、換気をし、睡眠と栄養をたっぷり取る。過労や不規則な生活を避けることも重要。

どうしても食欲がない場合はヨーグルトや白身魚などで。

肺炎のためのワクチンは
インフルエンザと肺炎球菌2つのワクチンが効果的。

インフルエンザだけの場合と比べて
インフルエンザと肺炎球菌2つのワクチンを打った場合
肺炎にかかる可能性が5割も減るとのことでした。

肺炎球菌ワクチンを受ける時期は、ちょうど今。
医療機関で予約すれば受けられる。

誤えん性肺炎を予防する方法として
舌を磨くことが重要で
歯磨きの仕方は、一本ずつ細かく動かすといった磨き方がいい。

そして姿勢を正しくし
ゆっくり、自分にあったものを食べるということも
心がけたい食事の仕方として紹介されていました。

肺炎が重症化しないためには
肺自体の病気をしっかり治してしまうことが大事で
心臓などの病気も同様だそうです。


名医にQ - かぜと肺炎

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。