名医にQ【腰痛ひざ肩の慢性痛】簡単ストレッチ自律訓練法

覚え書き
Sponsored Link

名医にQ【腰痛ひざ肩の慢性痛】簡単ストレッチ自律訓練法


名医にQでは、腰痛やひざ肩の慢性痛に効く簡単ストレッチや自律訓練法というのが紹介されていました。

そして腰痛ひざ肩の慢性痛の原因や症状についての相談や慢性痛になりやすい人、なりやすいタイプというのが紹介されていました。

腰痛ひざ肩の慢性痛に聞く自宅でもタオル一本で出来る「簡単ストレッチ」とは?自分に催眠をかけていく「自律訓練法」とは?

腰痛などの慢性痛とは痛みがないのに痛く感じるようで筋肉、神経、脳と様々なところに要因があるようです。

慢性痛に関しては、痛みを感じているので再手術を受けた方がいいか?という質問に対して、薬で様子を見るという意見と再手術の可能性も出てくるという意見に分かれていました。

さらに慢性痛には心療内科の治療が効く場合も多いということですが、慢性痛になりやすいタイプというのがあるようで、それは、嫌と言えない、断れないタイプや完璧主義の肩に多いようです。

慢性痛に効く簡単ストレッチとして紹介されていた3つの方法ですが、

1)タオルを首に巻いてななめにタオルを伸ばし10秒程度ゆっくり頭と首を伸ばして行きます。
2)タオルをぞうきんやふきんに見立て、テーブルを円を描くように10回程度左右に拭いて行きます。
3)タオルを足の裏にかけ、前に伸ばして行きます。さらにその状態で上に上げていき、これも左右10秒程度ずつ行います。


そして慢性痛に効く心のストレッチとして紹介されていたのが、「自律訓練法」です。

1)足と腕が重たいと、自分に言い聞かせ、次に右手、左手両足と同じことを繰り返します。
2)右腕に意識を持って行き、「右手が暖かい」と自分に言い聞かせます。これも左手、両足と同じことを繰り返します。
3)目を開けて手でグーパーグーパーを繰り返します。
4)背伸びをして終了です。

これは2分くらいで行うようにし、寝る前にやるとグッスリ寝ることが出来るということでした。

そして「簡単ストレッチ」は、激しい痛みを感じてしまう方は無理せず、リウマチ等の方に付いても医師の指示を仰いで下さいということでした。
Sponsored Link

名医にQ【腰痛ひざ肩の慢性痛】簡単ストレッチ自律訓練法


名医にQでは、腰痛やひざ肩の慢性痛に効く簡単ストレッチや自律訓練法というのが紹介されていました。

そして腰痛ひざ肩の慢性痛の原因や症状についての相談や慢性痛になりやすい人、なりやすいタイプというのが紹介されていました。

腰痛ひざ肩の慢性痛に聞く自宅でもタオル一本で出来る「簡単ストレッチ」とは?自分に催眠をかけていく「自律訓練法」とは?

腰痛などの慢性痛とは痛みがないのに痛く感じるようで筋肉、神経、脳と様々なところに要因があるようです。

慢性痛に関しては、痛みを感じているので再手術を受けた方がいいか?という質問に対して、薬で様子を見るという意見と再手術の可能性も出てくるという意見に分かれていました。

さらに慢性痛には心療内科の治療が効く場合も多いということですが、慢性痛になりやすいタイプというのがあるようで、それは、嫌と言えない、断れないタイプや完璧主義の肩に多いようです。

慢性痛に効く簡単ストレッチとして紹介されていた3つの方法ですが、

1)タオルを首に巻いてななめにタオルを伸ばし10秒程度ゆっくり頭と首を伸ばして行きます。
2)タオルをぞうきんやふきんに見立て、テーブルを円を描くように10回程度左右に拭いて行きます。
3)タオルを足の裏にかけ、前に伸ばして行きます。さらにその状態で上に上げていき、これも左右10秒程度ずつ行います。


そして慢性痛に効く心のストレッチとして紹介されていたのが、「自律訓練法」です。

1)足と腕が重たいと、自分に言い聞かせ、次に右手、左手両足と同じことを繰り返します。
2)右腕に意識を持って行き、「右手が暖かい」と自分に言い聞かせます。これも左手、両足と同じことを繰り返します。
3)目を開けて手でグーパーグーパーを繰り返します。
4)背伸びをして終了です。

これは2分くらいで行うようにし、寝る前にやるとグッスリ寝ることが出来るということでした。

そして「簡単ストレッチ」は、激しい痛みを感じてしまう方は無理せず、リウマチ等の方に付いても医師の指示を仰いで下さいということでした。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。